コストモデル

TiDB はコスト モデルを使用して、 物理的最適化の間にインデックスと演算子を選択します。このプロセスを次の図に示します。

CostModel

TiDB は、プラン (HashJoin や IndexJoin など) 内の各インデックスのアクセス コストと各物理演算子の実行コストを計算し、最小コストのプランを選択します。

以下は、コスト モデルがどのように機能するかを説明する簡単な例です。テーブルtがあるとします。

mysql> SHOW CREATE TABLE t; +-------+-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ | Table | Create Table | +-------+-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ | t | CREATE TABLE `t` ( `a` int(11) DEFAULT NULL, `b` int(11) DEFAULT NULL, `c` int(11) DEFAULT NULL, KEY `b` (`b`), KEY `c` (`c`) ) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8mb4 COLLATE=utf8mb4_bin | +-------+-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ 1 row in set (0.00 sec)

SELECT * FROM t WHERE b < 100 and c < 100ステートメントを実行するとき、TiDB が 20 行がb < 100条件を満たし、500 行がc < 100を満たすと推定し、 INT型インデックスの長さが 8 であると仮定します。次に、TiDB は 2 つのインデックスのコストを計算します。

  • インデックスbのコスト = b < 100の行数 インデックスbの長さ = 20 8 = 160
  • インデックスcのコスト = c < 100の行数 インデックスcの長さ = 500 8 = 4000

インデックスbのコストが低いため、TiDB はインデックスとしてbを選択します。

前の例は簡略化されており、基本原則を説明するためにのみ使用されています。実際の SQL 実行では、TiDB のコスト モデルはより複雑です。

コスト モデル バージョン 2

TiDB v6.2.0 では、新しいコスト モデルであるコスト モデル バージョン 2 が導入されています。

コスト モデル バージョン 2 では、コスト式のより正確な回帰キャリブレーションが提供され、一部のコスト式が調整され、コスト式の以前のバージョンよりも正確になりました。

コスト モデルのバージョンを切り替えるには、 tidb_cost_model_version変数を設定できます。

ノート:

コスト モデルのバージョンを切り替えると、クエリ プランが変更される場合があります。

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.