プライマリ クラスタとセカンダリ クラスタの間でデータをレプリケートする

このドキュメントでは、TiDB プライマリ (アップストリーム) クラスターと TiDB または MySQL セカンダリ (ダウンストリーム) クラスターを構成し、プライマリ クラスターからセカンダリ クラスターに増分データをレプリケートする方法について説明します。このプロセスには、次の手順が含まれます。

  1. TiDB プライマリ クラスタと TiDB または MySQL セカンダリ クラスタを構成します。
  2. プライマリ クラスタからセカンダリ クラスタに増分データをレプリケートします。
  3. プライマリ クラスタがダウンしている場合は、REDO ログを使用してデータを一貫して回復します。

実行中の TiDB クラスターからその二次クラスターに増分データを複製するには、バックアップと復元ブラジルおよびTiCDCを使用できます。

ステップ 1. 環境をセットアップする

  1. TiDB クラスターをデプロイします。

    デプロイ Playground を使用して、2 つの TiDB クラスター (1 つはアップストリーム、もう 1 つはダウンストリーム) をデプロイします。本番環境の場合は、 TiUP を使用してオンライン TiDBクラスタをデプロイおよび管理するを参照してクラスターをデプロイします。

    このドキュメントでは、2 つのクラスターを 2 台のマシンにデプロイします。

    • ノード A: 172.16.6.123、上流の TiDB クラスターをデプロイするため

    • ノード B: 172.16.6.124、ダウンストリーム TiDB クラスターのデプロイ用

    # Create an upstream cluster on Node A
    tiup --tag upstream playground --host 0.0.0.0 --db 1 --pd 1 --kv 1 --tiflash 0 --ticdc 1
    # Create a downstream cluster on Node B
    tiup --tag downstream playground --host 0.0.0.0 --db 1 --pd 1 --kv 1 --tiflash 0 --ticdc 0
    # View cluster status
    tiup status
    
  2. データを初期化します。

    デフォルトでは、新しくデプロイされたクラスターにテスト データベースが作成されます。したがって、 シスベンチを使用してテスト データを生成し、実際のシナリオでデータをシミュレートできます。

    sysbench oltp_write_only --config-file=./tidb-config --tables=10 --table-size=10000 prepare
    

    このドキュメントでは、sysbench を使用してoltp_write_onlyスクリプトを実行します。このスクリプトは、アップストリーム データベースに、それぞれ 10,000 行の 10 個のテーブルを生成します。 tidb-config は次のとおりです。

    mysql-host=172.16.6.122 # Replace it with the IP address of your upstream cluster
    mysql-port=4000
    mysql-user=root
    mysql-password=
    db-driver=mysql         # Set database driver to MySQL
    mysql-db=test           # Set the database as a test database
    report-interval=10      # Set data collection period to 10s
    threads=10              # Set the number of worker threads to 10
    time=0                  # Set the time required for executing the script. O indicates time unlimited
    rate=100                # Set average TPS to 100
    
  3. サービスのワークロードをシミュレートします。

    実際のシナリオでは、サービス データはアップストリーム クラスターに継続的に書き込まれます。このドキュメントでは、sysbench を使用してこのワークロードをシミュレートします。具体的には、次のコマンドを実行して、合計 TPS が 100 を超えないように、10 人のワーカーが sbtest1、sbtest2、および sbtest3 の 3 つのテーブルに連続してデータを書き込むことができるようにします。

    sysbench oltp_write_only --config-file=./tidb-config --tables=3 run
    
  4. 外部ストレージを準備します。

    フル データ バックアップでは、アップストリーム クラスタとダウンストリーム クラスタの両方がバックアップ ファイルにアクセスする必要があります。 外部記憶装置を使用してバックアップ ファイルを保存することをお勧めします。この例では、Minio を使用して S3 互換のストレージ サービスをシミュレートします。

    wget https://dl.min.io/server/minio/release/linux-amd64/minio
    chmod +x minio
    # Configure access-key access-screct-id to access minio
    export HOST_IP='172.16.6.123' # Replace it with the IP address of your upstream cluster
    export MINIO_ROOT_USER='minio'
    export MINIO_ROOT_PASSWORD='miniostorage'
    # Create the redo and backup directories. `backup` and `redo` are bucket names.
    mkdir -p data/redo
    mkdir -p data/backup
    # Start minio at port 6060
    nohup ./minio server ./data --address :6060 &
    

    上記のコマンドは、S3 サービスをシミュレートするために、1 つのノードで minioサーバーを開始します。コマンドのパラメーターは次のように構成されます。

    • エンドポイント: http://${HOST_IP}:6060/
    • アクセスキー: minio
    • シークレット アクセス キー: miniostorage
    • バケツ: redo

    リンクは次のとおりです。

    s3://backup?access-key=minio&secret-access-key=miniostorage&endpoint=http://${HOST_IP}:6060&force-path-style=true
    

ステップ 2. 完全なデータを移行する

環境をセットアップした後、 ブラジル ) のバックアップおよび復元関数を使用して、完全なデータを移行できます。 BRは3つの方法で起動できます。このドキュメントでは、SQL ステートメントBACKUPRESTOREを使用します。

ノート:

  • 実稼働クラスターでは、GC を無効にしてバックアップを実行すると、クラスターのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。オフピーク時にデータをバックアップし、パフォーマンスの低下を避けるために RATE_LIMIT を適切な値に設定することをお勧めします。

  • 上流と下流のクラスターのバージョンが異なる場合は、 BR互換性を確認する必要があります。このドキュメントでは、アップストリーム クラスタとダウンストリーム クラスタは同じバージョンであると想定しています。

  1. GC を無効にします。

    増分移行中に新しく書き込まれたデータが削除されないようにするには、バックアップの前にアップストリーム クラスターの GC を無効にする必要があります。このように、履歴データは削除されません。

    次のコマンドを実行して、GC を無効にします。

    MySQL [test]> SET GLOBAL tidb_gc_enable=FALSE;
    
    Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)
    

    変更が有効であることを確認するには、 tidb_gc_enableの値をクエリします。

    MySQL [test]> SELECT @@global.tidb_gc_enable;
    
    +-------------------------+
    | @@global.tidb_gc_enable |
    +-------------------------+
    |                       0 |
    +-------------------------+
    1 row in set (0.00 sec)
    
  2. バックアップデータ。

    アップストリーム クラスターでBACKUPステートメントを実行して、データをバックアップします。

    MySQL [(none)]> BACKUP DATABASE * TO 's3://backup?access-key=minio&secret-access-key=miniostorage&endpoint=http://${HOST_IP}:6060&force-path-style=true' RATE_LIMIT = 120 MB/SECOND;
    
    +----------------------+----------+--------------------+---------------------+---------------------+
    | Destination          | Size     | BackupTS           | Queue Time          | Execution Time      |
    +----------------------+----------+--------------------+---------------------+---------------------+
    | local:///tmp/backup/ | 10315858 | 431434047157698561 | 2022-02-25 19:57:59 | 2022-02-25 19:57:59 |
    +----------------------+----------+--------------------+---------------------+---------------------+
    1 row in set (2.11 sec)
    

    BACKUPコマンドの実行後、TiDB はバックアップ データに関するメタデータを返します。バックアップされる前に生成されたデータであるため、 BackupTSに注意してください。このドキュメントでは、データ チェックの終了とTiCDC による増分移行スキャンの開始としてBackupTSを使用します。

  3. データを復元します。

    ダウンストリーム クラスターでRESTOREコマンドを実行して、データを復元します。

    mysql> RESTORE DATABASE * FROM 's3://backup?access-key=minio&secret-access-key=miniostorage&endpoint=http://${HOST_IP}:6060&force-path-style=true';
    
    +----------------------+----------+--------------------+---------------------+---------------------+
    | Destination          | Size     | BackupTS           | Queue Time          | Execution Time      |
    +----------------------+----------+--------------------+---------------------+---------------------+
    | local:///tmp/backup/ | 10315858 | 431434141450371074 | 2022-02-25 20:03:59 | 2022-02-25 20:03:59 |
    +----------------------+----------+--------------------+---------------------+---------------------+
    1 row in set (41.85 sec)
    
  4. (オプション) データを検証します。

    特定の時点で上流と下流の間のデータの整合性をチェックするには、 同期差分インスペクターを使用します。前のBACKUPの出力は、上流のクラスターがRESTOREでバックアップを終了したことを示しています。

    sync_diff_inspector -C ./config.yaml
    

    sync-diff-inspector の構成方法の詳細については、 Configuration / コンフィグレーションファイルの説明を参照してください。このドキュメントでは、構成は次のとおりです。

    # Diff Configuration.
    ######################### Global config #########################
    check-thread-count = 4
    export-fix-sql = true
    check-struct-only = false
    
    ######################### Datasource config #########################
    [data-sources]
    [data-sources.upstream]
            host = "172.16.6.123" # Replace it with the IP address of your upstream cluster
            port = 4000
            user = "root"
            password = ""
            snapshot = "431434047157698561" # Set snapshot to the actual backup time
    [data-sources.downstream]
            host = "172.16.6.124" # Replace the value with the IP address of your downstream cluster
            port = 4000
            user = "root"
            password = ""
            snapshot = "431434141450371074" # Set snapshot to the actual restore time
    
    ######################### Task config #########################
    [task]
            output-dir = "./output"
            source-instances = ["upstream"]
            target-instance = "downstream"
            target-check-tables = ["*.*"]
    

ステップ 3. 増分データを移行する

  1. TiCDC をデプロイします。

    完全なデータ移行が完了したら、TiCDC を展開して構成し、増分データをレプリケートします。本番環境では、 TiCDC をデプロイの指示に従って TiCDC をデプロイします。このドキュメントでは、テスト クラスターの作成時に TiCDC ノードが開始されています。したがって、TiCDC をデプロイするステップをスキップして、changefeed 構成に進みます。

  2. チェンジフィードを作成します。

    changefeed 構成ファイルを作成しますchangefeed.toml

    [consistent]
    # Consistency level, eventual means enabling consistent replication
    level = "eventual"
    # Use S3 to store redo logs. Other options are local and nfs.
    storage = "s3://redo?access-key=minio&secret-access-key=miniostorage&endpoint=http://172.16.6.125:6060&force-path-style=true"
    

    アップストリーム クラスターで、次のコマンドを実行して、アップストリーム クラスターからダウンストリーム クラスターへの変更フィードを作成します。

    tiup cdc cli changefeed create --pd=http://172.16.6.122:2379 --sink-uri="mysql://root:@172.16.6.125:4000" --changefeed-id="primary-to-secondary" --start-ts="431434047157698561"
    

    このコマンドでは、パラメーターは次のとおりです。

    • --pd : アップストリーム クラスタの PD アドレス
    • --sink-uri : ダウンストリーム クラスターの URI
    • --start-ts : 変更フィードの開始タイムスタンプ。バックアップ時刻 (またはステップ 2. 完全なデータを移行するで説明した BackupTS) である必要があります。

    changefeed 構成の詳細については、 タスク構成ファイルを参照してください。

  3. GC を有効にします。

    TiCDC を使用した増分移行では、GC はレプリケートされた履歴データのみを削除します。したがって、変更フィードを作成した後、次のコマンドを実行して GC を有効にする必要があります。詳細については、 TiCDC ガベージ コレクション (GC) セーフポイントの完全な動作は何ですか?を参照してください。

    GC を有効にするには、次のコマンドを実行します。

    MySQL [test]> SET GLOBAL tidb_gc_enable=TRUE;
    
    Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)
    

    変更が有効であることを確認するには、 tidb_gc_enableの値をクエリします。

    MySQL [test]> SELECT @@global.tidb_gc_enable;
    
    +-------------------------+
    | @@global.tidb_gc_enable |
    +-------------------------+
    |                       1 |
    +-------------------------+
    1 row in set (0.00 sec)
    

ステップ 4.アップストリーム クラスターで災害をシミュレートする

実行中にアップストリーム クラスタで悲惨なイベントを作成します。たとえば、Ctrl+C を押すと、tiup プレイグラウンド プロセスを終了できます。

ステップ 5. REDO ログを使用してデータの整合性を確保する

通常、TiCDC はトランザクションを同時にダウンストリームに書き込み、スループットを向上させます。変更フィードが予期せず中断された場合、ダウンストリームはアップストリームのように最新のデータを持っていない可能性があります。不整合に対処するには、次のコマンドを実行して、ダウンストリーム データがアップストリーム データと一致していることを確認します。

tiup cdc redo apply --storage "s3://redo?access-key=minio&secret-access-key=miniostorage&endpoint=http://172.16.6.123:6060&force-path-style=true" --tmp-dir /tmp/redo --sink-uri "mysql://root:@172.16.6.124:4000"
  • --storage : S3 の REDO ログの場所と資格情報
  • --tmp-dir : S3 からダウンロードした REDO ログのキャッシュ ディレクトリ
  • --sink-uri : ダウンストリーム クラスターの URI

ステップ 6. 主クラスターとそのサービスをリカバリーする

前のステップの後、ダウンストリーム (セカンダリ) クラスターには、特定の時点でアップストリーム (プライマリ) クラスターと一致するデータがあります。データの信頼性を確保するために、新しいプライマリ クラスタとセカンダリ クラスタを設定する必要があります。

  1. ノード A に新しい TiDB クラスターを新しい主クラスターとしてデプロイします。

    tiup --tag upstream playground v5.4.0 --host 0.0.0.0 --db 1 --pd 1 --kv 1 --tiflash 0 --ticdc 1
    
  2. BR を使用して、二次クラスターから一次クラスターにデータを完全にバックアップおよび復元します。

    # Back up full data of the secondary cluster
    tiup br --pd http://172.16.6.124:2379 backup full --storage ./backup
    # Restore full data of the secondary cluster
    tiup br --pd http://172.16.6.123:2379 restore full --storage ./backup
    
  3. プライマリ クラスタからセカンダリ クラスタにデータをバックアップするための新しい変更フィードを作成します。

    # Create a changefeed
    tiup cdc cli changefeed create --pd=http://172.16.6.122:2379 --sink-uri="mysql://root:@172.16.6.125:4000" --changefeed-id="primary-to-secondary"
    
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.