TiDB 2.0.10 リリースノート

2018 年 12 月 18 日に、TiDB 2.0.10 がリリースされました。対応する TiDB Ansible 2.0.10 もリリースされています。 TiDB 2.0.9 と比較すると、このリリースではシステムの互換性と安定性が大幅に向上しています。

TiDB

  • DDL ジョブのキャンセルによって発生する可能性のある問題を修正します#8513
  • ORDER BY句とUNION句がテーブル名を含む列を引用できない問題を修正します#8514
  • UNCOMPRESS関数が間違った入力長#8607を判定しない問題を修正
  • TiDB #8575のアップグレード時にANSI_QUOTES SQL_MODEで発生した問題を修正
  • select場合によっては間違った結果を返す問題を修正#8570
  • 終了シグナル#8501を受信したときに TiDB が終了できない可能性がある問題を修正します。
  • IndexLookUpJoin場合によっては間違った結果を返す問題を修正#8508
  • GetVarまたはSetVar #8454を含むフィルターを押し下げることは避けてください
  • UNION句の結果の長さが正しくない場合がある問題を修正#8491
  • PREPARE FROM @var_name #8488の問題を修正
  • 場合によっては統計情報をダンプするときのpanicの問題を修正します#8464
  • 場合によってはポイント クエリの統計推定の問題を修正します#8493
  • 返されるデフォルト値enumが文字列#8476である場合のpanicの問題を修正します。
  • 幅の広いテーブルのシナリオで大量のメモリが消費される問題を修正します#8467
  • パーサーが mod オペコード#8431を正しくフォーマットしないときに発生する問題を修正します。
  • 場合によっては外部キー制約を追加することによって引き起こされるpanicの問題を修正します#8421 , #8410
  • YEAR列タイプがゼロ値#8396を誤って変換する問題を修正します
  • VALUES関数の引数が列#8404でない場合に発生するpanicの問題を修正します。
  • サブクエリを含むステートメントの Plan Cache を無効にする#8395

PD

  • RaftCluster がデッドロック#1370によって停止できない可能性がある問題を修正します。

TiKV

  • 潜在的な遅延を最適化するために、新しく作成されたピアにリーダーを転送しないでください#3929
  • 冗長なリージョンハートビートを修正する#3930
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.