TiFlashクラスタを管理する

このドキュメントでは、TiFlash のバージョンを確認するなど、 ティフラッシュクラスタを維持する際の一般的な操作を実行する方法について説明します。このドキュメントでは、重要なログと TiFlash のシステム テーブルも紹介します。

TiFlashのバージョンを確認する

TiFlash のバージョンを確認するには、次の 2 つの方法があります。

  • TiFlashのバイナリファイル名がtiflashの場合、 ./tiflash versionコマンドを実行することでバージョンを確認できます。

    ただし、上記のコマンドを実行するには、 libtiflash_proxy.soの動的ライブラリを含むディレクトリ パスをLD_LIBRARY_PATHの環境変数に追加する必要があります。これは、TiFlash の実行がlibtiflash_proxy.soダイナミック ライブラリに依存しているためです。

    たとえば、 tiflashlibtiflash_proxy.soが同じディレクトリにある場合、最初にこのディレクトリに切り替えてから、次のコマンドを使用して TiFlash のバージョンを確認できます。

    LD_LIBRARY_PATH=./ ./tiflash version
    
  • TiFlashのログからTiFlashのバージョンを確認してください。ログのパスについては、 tiflash.tomlファイル[logger]の部分を参照してください。例えば:

    <information>: TiFlash version: TiFlash 0.2.0 master-375035282451103999f3863c691e2fc2
    

TiFlash の重要なログ

ログ情報ログの説明
[INFO] [<unknown>] ["KVStore: Start to persist [region 47, applied: term 6 index 10]"] [thread_id=23]データの複製が開始されます (ログの先頭にある角括弧内の数字はスレッド ID を示します)
[DEBUG] [<unknown>] ["CoprocessorHandler: grpc::Status DB::CoprocessorHandler::execute(): Handling DAG request"] [thread_id=30]DAG リクエストの処理、つまり、TiFlash がコプロセッサ リクエストの処理を開始します。
[DEBUG] [<unknown>] ["CoprocessorHandler: grpc::Status DB::CoprocessorHandler::execute(): Handle DAG request done"] [thread_id=30]DAG リクエストの処理が完了しました。つまり、TiFlash がコプロセッサ リクエストの処理を終了しました。

コプロセッサー要求の開始または終了を見つけ、ログの開始時に出力されたスレッド ID を使用して、コプロセッサー要求の関連ログを見つけることができます。

TiFlash システム テーブル

information_schema.tiflash_replicaシステム テーブルの列名とその説明は次のとおりです。

カラム名説明
TABLE_SCHEMAデータベース名
TABLE_NAMEテーブル名
TABLE_IDテーブル ID
REPLICA_COUNTTiFlash レプリカの数
LOCATION_LABELSリージョン内のどの複数のレプリカが分散しているかに基づく PD のヒント
利用可能利用可能かどうか (0/1)
進捗レプリケーションの進行状況 [0.0~1.0]
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.