重要

古いバージョンの TiDB データベース (TiDB {{ curdocVersion }}) のドキュメントを表示しています。

TiDBデータベースの最新の安定バージョンを使用することをお勧めします。
重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

キル[TIDB]

ステートメントKILL TIDBは、TiDBの接続を終了するために使用されます。

あらすじ

KillStmt
KillOrKillTiDBCONNECTIONQUERYNUM
KillOrKillTiDB
KILLTIDB

mysql> SHOW PROCESSLIST;
+------+------+-----------+------+---------+------+-------+------------------+
| Id   | User | Host      | db   | Command | Time | State | Info             |
+------+------+-----------+------+---------+------+-------+------------------+
|    1 | root | 127.0.0.1 | test | Query   |    0 | 2     | SHOW PROCESSLIST |
|    2 | root | 127.0.0.1 |      | Sleep   |    4 | 2     |                  |
+------+------+-----------+------+---------+------+-------+------------------+
2 rows in set (0.00 sec)

KILL TIDB 2;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MySQLの互換性

  • 設計上、 KILLはデフォルトでMySQLと互換性がありません。これにより、ロードバランサーの背後に複数のTiDBサーバーを配置するのが一般的であるため、間違ったTiDBサーバーで接続が終了するのを防ぐことができます。
  • クライアントが常に同じTiDBノードに接続されることが確実でない限り、構成ファイルにcompatible-kill-query = trueを設定しないでください。これは、デフォルトのMySQLクライアントでctrl + cを押すと、 KILLが実行される新しい接続が開くためです。間にプロキシがある場合、新しい接続が別のTiDBノードにルーティングされる可能性があり、これにより別のセッションが強制終了される可能性があります。
  • KILL TIDBステートメントはTiDB拡張です。このステートメントの機能は、 KILL [CONNECTION|QUERY]コマンドおよびMySQLコマンドラインのctrl + c機能に似ています。同じTiDBノードでKILL TIDBを使用しても安全です。

も参照してください