TiDB Lightningコマンドラインフラグ

TiDB Lightning は、構成ファイルまたはコマンド ラインを使用して構成できます。このドキュメントでは、 TiDB Lightningのコマンド ライン フラグについて説明します。

コマンドラインフラグ

tidb-lightning

tidb-lightningを使用して次のパラメータを設定できます。

パラメータ説明対応する構成項目
--config <file>ファイルからグローバル構成を読み取ります。このパラメータが指定されていない場合、 TiDB Lightning はデフォルトの構成を使用します。
-Vプログラムのバージョンを印刷します。
-d <directory>ローカル ディレクトリまたはデータ ファイルの外部storageURImydumper.data-source-dir
-L <level>ログ レベル: debug warnまたはerrorデフォルトinfo fatal infolightning.level
-f <rule>テーブルフィルタルール 。複数回指定できます。mydumper.filter
--backend <backend>インポート モードを選択します。1 local 物理インポートモードtidb 論理インポートモードを表します。tikv-importer.backend
--log-file <file>ログ ファイルのパス。デフォルトでは/tmp/lightning.log.{timestamp}です。 '-' に設定すると、ログ ファイルは stdout に出力されます。lightning.log-file
--status-addr <ip:port>TiDB Lightningサーバーのリスニング アドレスlightning.status-port
--pd-urls <host1:port1,host2:port2,...,hostn:portn>PD エンドポイント アドレス。v7.6.0 以降、TiDB は複数の PD アドレスの設定をサポートします。tidb.pd-addr
--tidb-host <host>TiDBサーバーホストtidb.host
--tidb-port <port>TiDBサーバーポート (デフォルト = 4000)tidb.port
--tidb-status <port>TiDB ステータス ポート (デフォルト = 10080)tidb.status-port
--tidb-user <user>TiDBに接続するためのユーザー名tidb.user
--tidb-password <password>TiDB に接続するためのパスワード。パスワードはプレーンテキストまたは Base64 でエンコードされた形式にすることができます。tidb.password
--enable-checkpoint <bool>チェックポイントを有効にするかどうか(デフォルト = true)checkpoint.enable
--analyze <level>インポート後にテーブルを分析します。使用可能な値は、「必須」、「オプション」(デフォルト値)、および「オフ」です。post-restore.analyze
--checksum <level>インポート後にチェックサムを比較します。使用可能な値は、「必須」(デフォルト値)、「オプション」、および「オフ」です。post-restore.checksum
--check-requirements <bool>タスクを開始する前にクラスターのバージョンの互換性を確認し、実行中に TiKV に 10% 以上の空き領域が残っているかどうかを確認します。(デフォルト = true)lightning.check-requirements
--ca <file>TLS 接続の CA 証明書パスsecurity.ca-path
--cert <file>TLS接続の証明書パスsecurity.cert-path
--key <file>TLS接続の秘密鍵パスsecurity.key-path
--server-modeTiDB Lightningをサーバーモードで起動するlightning.server-mode

コマンドラインパラメータと構成ファイル内の対応する設定の両方を指定した場合、コマンドラインパラメータが優先されます。たとえば、 tiup tidb-lightning -L debug --config cfg.toml実行すると、 cfg.tomlの内容に関係なく、ログレベルは常に「debug」に設定されます。

tidb-lightning-ctl

tidb-lightningのすべてのパラメータはtidb-lightning-ctlに適用されます。さらに、 tidb-lightning-ctlを使用して次のパラメータを設定することもできます。

パラメータ説明
--compact完全な圧縮を実行します。
--switch-mode <mode>すべての TiKV ストアを指定されたモード (通常モードまたはインポート モード) に切り替えます。
--fetch-modeすべての TiKV ストアの現在のモードを出力します。
--import-engine <uuid>閉じたエンジン ファイルを TiKV インポーターから TiKV クラスターにインポートします。
--cleanup-engine <uuid>TiKV インポーターからエンジン ファイルを削除します。
--checkpoint-dump <folder>現在のチェックポイントを CSV としてフォルダーにダンプします。
--checkpoint-error-destroy <table_name>チェックポイントを削除します。エラーが発生した場合は、テーブルを削除します。
--checkpoint-error-ignore <table_name>指定されたテーブルに関連するチェックポイントに記録されたエラーを無視します。
--checkpoint-remove <table_name>テーブルのチェックポイントを無条件に削除します。

<table_name> 、形式`db`.`tbl` (バッククォートを含む) の修飾テーブル名、またはキーワードallいずれかである必要があります。

このページは役に立ちましたか?

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.