mysqlスキーマ

mysqlスキーマには TiDB システム テーブルが含まれています。この設計は MySQL のmysqlスキーマに似ており、 mysql.userなどのテーブルを直接編集できます。また、MySQL の拡張機能である多数のテーブルも含まれています。

付与システムテーブル

これらのシステム テーブルには、ユーザー アカウントとその権限に関する付与情報が含まれています。

  • user : ユーザー アカウント、グローバル権限、およびその他の非権限列
  • db : データベースレベルの権限
  • tables_priv : テーブルレベルの権限
  • columns_priv : 列レベルの権限
  • password_history : パスワード変更履歴
  • default_roles : ユーザーのデフォルトの役割
  • global_grants : 動的権限
  • global_priv : 証明書に基づく認証情報
  • role_edges : 役割間の関係

クラスタステータスシステムテーブル

  • tidb表には、TiDB に関するいくつかのグローバル情報が含まれています。

    • bootstrapped : TiDB クラスターが初期化されているかどうか。この値は読み取り専用であり、変更できないことに注意してください。
    • tidb_server_version : TiDB 初期化時のバージョン情報。この値は読み取り専用であり、変更できないことに注意してください。
    • system_tz : TiDB のシステム タイム ゾーン。
    • new_collation_enabled : TiDB が照合順序の新しいフレームワーク有効にしているかどうか。この値は読み取り専用であり、変更できないことに注意してください。

サーバー側のヘルプ システム テーブル

現在、 help_topicは NULL です。

統計システムテーブル

  • stats_buckets : 統計のバケット
  • stats_histograms : 統計のヒストグラム
  • stats_top_n : 統計のトップN
  • stats_meta : 総行数や更新された行などのテーブルのメタ情報
  • stats_extended : 拡張統計 (列間の順序相関など)
  • stats_feedback : 統計のクエリフィードバック
  • stats_fm_sketch : 統計列のヒストグラムの FMSketch 分布
  • analyze_options : 各テーブルのデフォルトのanalyzeオプション
  • column_stats_usage : 列統計の使用法
  • schema_index_usage : インデックスの使用
  • analyze_jobs : 進行中の統計収集タスクと過去 7 日間の履歴タスク レコード
  • bind_info : 実行計画のバインディング情報
  • capture_plan_baselines_blacklist : 実行計画の自動バインドのブロックリスト

GC ワーカー システム テーブル

注記:

GC ワーカー システム テーブルは、TiDB セルフホスト型にのみ適用され、 TiDB Cloudでは使用できません。

  • gc_delete_range : 削除するKV範囲
  • gc_delete_range_done : 削除された KV 範囲
  • table_cache_metaキャッシュされたテーブルのメタデータを保存します。

注記:

TTL 関連のシステム テーブルはTiDB サーバーレスクラスターでは使用できません。

  • tidb_ttl_table_status : すべての TTL テーブルに対して以前に実行された TTL ジョブと進行中の TTL ジョブ
  • tidb_ttl_task : 現在進行中の TTL サブタスク
  • tidb_ttl_job_history : 過去 90 日間の TTL タスクの実行履歴
  • tidb_runaway_queries : 過去 7 日間に特定されたすべての暴走クエリの履歴レコード
  • tidb_runaway_watch : 暴走クエリの監視リスト
  • tidb_runaway_watch_done : 削除または期限切れの暴走クエリの監視リスト
  • tidb_mdl_view : メタデータ ロックのビュー。これを使用して、現在ブロックされている DDL ステートメントに関する情報を表示できます。
  • tidb_mdl_info : ノード間でメタデータ ロックを同期するために TiDB によって内部的に使用されます。
  • tidb_ddl_history : DDL ステートメントの履歴レコード
  • tidb_ddl_jobs : TiDB によって現在実行されている DDL ステートメントのメタデータ
  • tidb_ddl_reorg : TiDB によって現在実行されている物理 DDL ステートメント (インデックスの追加など) のメタデータ
  • dist_framework_meta : Distributed eXecution Framework (DXF) タスク スケジューラのメタデータ
  • tidb_global_task : 現在の DXF タスクのメタデータ
  • tidb_global_task_history : 成功したタスクと失敗したタスクの両方を含む、履歴 DXF タスクのメタデータ
  • tidb_background_subtask : 現在の DXF サブタスクのメタデータ
  • tidb_background_subtask_history : 過去の DXF サブタスクのメタデータ

その他のシステムテーブル

注記:

tidbexpr_pushdown_blacklistopt_rule_blacklisttable_cache_metatidb_import_jobs 、およびtidb_timersシステム テーブルは TiDB セルフホストにのみ適用され、 TiDB Cloudでは使用できません。

  • GLOBAL_VARIABLES : グローバル システム変数テーブル
  • expr_pushdown_blacklist : 式プッシュダウンのブロックリスト
  • opt_rule_blacklist : 論理最適化ルールのブロックリスト
  • tidb_import_jobs : IMPORT INTOのジョブ情報
  • tidb_timers : 内部タイマーのメタデータ
  • GLOBAL_VARIABLES : グローバル システム変数テーブル

このページは役に立ちましたか?

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.