TiDBBinlogクラスタ操作

このドキュメントでは、次の TiDB Binlogクラスター操作について説明します。

  • PumpとDrainerノードの状態
  • PumpまたはDrainerプロセスの開始または終了
  • binlogctl ツールを使用するか、TiDB で直接 SQL 操作を実行して、TiDB Binlogクラスターを管理する

PumpまたはDrainerの状態

PumpまたはDrainerの状態の説明:

  • online : 正常に動作中
  • pausing : 一時停止中
  • paused : 停止されました
  • closing : オフラインプロセス中
  • offline : オフラインです

注記:

PumpまたはDrainerノードの状態情報はサービス自体によって維持され、配置Driver(PD) に定期的に更新されます。

PumpまたはDrainerプロセスの開始と終了

Pump

  • 開始: 開始されると、PumpノードはすべてのDrainerノードにonline状態で通知します。通知が成功すると、Pumpノードは状態をonlineに設定します。それ以外の場合、Pumpノードはエラーを報告し、状態をpausedに設定してプロセスを終了します。
  • 終了中: プロセスが正常に終了する前に、 Pumpノードはpausedまたはoffline状態になります。プロセスが異常終了した場合 ( kill -9コマンド、プロセスpanic、クラッシュが原因)、ノードはonline状態のままになります。
    • 一時停止: Pumpプロセスを一時停止するには、 killコマンド ( kill -9ではありません) を使用するか、 Ctrl + Cを押すか、binlogctl ツールでpause-pumpコマンドを使用します。一時停止命令を受信すると、 Pumpノードは状態をpausingに設定し、 binlog書き込み要求の受信を停止し、 Drainerノードへのbinlogデータの提供を停止します。すべてのスレッドが安全に終了すると、 Pumpノードは状態をpausedに更新し、プロセスを終了します。
    • オフライン: Pumpプロセスを閉じるには、binlogctl ツールのoffline-pumpコマンドのみを使用します。オフライン命令を受信すると、 Pumpノードは状態をclosingに設定し、 binlog書き込み要求の受信を停止します。Pump ノードは、すべてのbinlogデータがDrainerノードによって消費されるまで、 Drainerノードにbinlogを提供し続けます。その後、 Pumpノードは状態をofflineに設定し、プロセスを終了します。

Drainer

  • 開始: 開始されると、 Drainerノードは状態をonlineに設定し、状態offlineではないすべてのPumpノードから binlog を取得しようとします。binlog を取得できない場合は、試行を続けます。
  • 終了: プロセスが正常に終了する前に、 Drainerノードはpausedまたはoffline状態になります。プロセスが異常終了した場合 ( kill -9 、プロセスpanic、クラッシュが原因)、 Drainerノードはonline状態のままになります。
    • 一時停止: killコマンド ( kill -9ではありません) を使用するか、 Ctrl + Cを押すか、binlogctl ツールでpause-drainerコマンドを使用することで、 Drainerプロセスを一時停止できます。一時停止命令を受信すると、 Drainerノードは状態をpausingに設定し、 Pumpノードからの binlog のプルを停止します。すべてのスレッドが安全に終了すると、 Drainerノードは状態をpausedに設定し、プロセスを終了します。
    • オフライン: Drainerプロセスを閉じるには、binlogctl ツールのoffline-drainerコマンドを使用する必要があります。オフライン命令を受信すると、 Drainerノードは状態をclosingに設定し、 Pumpノードからの binlog の取得を停止します。すべてのスレッドが安全に終了すると、 Drainerノードは状態をofflineに更新し、プロセスを終了します。

Drainerを一時停止、終了、確認、状態の変更を行う方法については、 binlogctl ガイド参照してください。

binlogctlを使用してPump/Drainerを管理する

binlogctl 、以下の機能を備えた TiDB Binlogの操作ツールです。

  • PumpまたはDrainerの状態を確認する
  • PumpまたはDrainerを一時停止または閉じる
  • PumpやDrainerの異常時の対応

binlogctlの詳しい使い方についてはbinlogctl の概要を参照してください。

SQL文を使用してPumpまたはDrainerを管理する

binlog関連の状態を表示または変更するには、TiDB で対応する SQL ステートメントを実行します。

  • binlogが有効になっているかどうかを確認します。

    show variables like "log_bin";
    +---------------+-------+ | Variable_name | Value | +---------------+-------+ | log_bin | 0 | +---------------+-------+

    値が0場合、 binlogは有効になります。値が1場合、 binlogは無効になります。

  • すべてのPumpまたはDrainerノードのステータスを確認します。

    show pump status;
    +--------|----------------|--------|--------------------|---------------------| | NodeID | Address | State | Max_Commit_Ts | Update_Time | +--------|----------------|--------|--------------------|---------------------| | pump1 | 127.0.0.1:8250 | Online | 408553768673342237 | 2019-05-01 00:00:01 | +--------|----------------|--------|--------------------|---------------------| | pump2 | 127.0.0.2:8250 | Online | 408553768673342335 | 2019-05-01 00:00:02 | +--------|----------------|--------|--------------------|---------------------|
    show drainer status;
    +----------|----------------|--------|--------------------|---------------------| | NodeID | Address | State | Max_Commit_Ts | Update_Time | +----------|----------------|--------|--------------------|---------------------| | drainer1 | 127.0.0.3:8249 | Online | 408553768673342532 | 2019-05-01 00:00:03 | +----------|----------------|--------|--------------------|---------------------| | drainer2 | 127.0.0.4:8249 | Online | 408553768673345531 | 2019-05-01 00:00:04 | +----------|----------------|--------|--------------------|---------------------|
  • 異常な状況でPumpまたはDrainerノードの状態を変更する

    change pump to node_state ='paused' for node_id 'pump1';
    Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)
    change drainer to node_state ='paused' for node_id 'drainer1';
    Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)

    上記の SQL 文を実行すると、binlogctl のupdate-pumpまたはupdate-drainerのコマンドと同じように動作します。上記の SQL 文は、 PumpまたはDrainerノードが異常な状態にある場合にのみ使用してください。

注記:

  • TiDB v2.1.7 以降のバージョンでは、 binlogが有効になっているかどうか、およびPumpまたはDrainerの実行ステータスを確認することがサポートされています。
  • PumpまたはDrainerのステータスの変更は、TiDB v3.0.0-rc.1 以降のバージョンでサポートされています。この機能は、PD に保存されているPumpまたはDrainerノードのステータスの変更のみをサポートします。ノードを一時停止または閉じるには、 binlogctlツールを使用します。

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Dedicated
TiDB Serverless
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.