PingCAPクリニックの診断データ

このドキュメントでは、TiUP を使用してデプロイされた TiDB および DM クラスターから PingCAP PingCAPクリニック Diagnostic Service (PingCAPクリニック) によって収集できる診断データの種類について説明します。また、ドキュメントには、各データ型に対応するデータ収集用のパラメーターがリストされています。コマンドをDiag クライアント (Diag) を使用してデータを収集するに実行する場合、収集するデータの種類に応じて、コマンドに必要なパラメーターを追加できます。

PingCAPクリニックによって収集された診断データは、クラスターの問題のトラブルシューティングにのみ使用されます。

クラウドに展開された診断サービスである Clinic Server は、データ ストレージの場所に応じて 2 つの独立したサービスを提供します。

  • 米国のクリニックサーバー : 収集したデータを米国の Clinic Server にアップロードすると、データは AWS 米国リージョンの PingCAP によってデプロイされた Amazon S3 サービスに保存されます。 PingCAP は厳格なデータ アクセス ポリシーを使用しており、承認されたテクニカル サポートのみがデータにアクセスできます。
  • 中国本土のクリニックサーバー : 収集したデータを中国本土の Clinic Server にアップロードすると、データは中国 (北京) リージョンの PingCAP によってデプロイされた Amazon S3 サービスに保存されます。 PingCAP は厳格なデータ アクセス ポリシーを使用しており、承認されたテクニカル サポートのみがデータにアクセスできます。

TiDB クラスター

このセクションでは、TiUP を使用してデプロイされた TiDB クラスターから Diag によって収集できる診断データの種類を示します。

TiDB クラスター情報

データ・タイプエクスポートされたファイルPingCAPクリニックによるデータ収集のパラメータ
クラスター ID を含むクラスターの基本情報cluster.jsonデフォルトでは、データは実行ごとに収集されます。
クラスタの詳細情報meta.yamlデフォルトでは、データは実行ごとに収集されます。

TiDB 診断データ

データ・タイプエクスポートされたファイルPingCAPクリニックによるデータ収集のパラメータ
ログtidb.log--include=log
エラーログtidb_stderr.log--include=log
スローログtidb_slow_query.log--include=log
Configuration / コンフィグレーションファイルtidb.toml--include=config
リアルタイム構成config.json--include=config

TiKV診断データ

データ・タイプエクスポートされたファイルPingCAPクリニックによるデータ収集のパラメータ
ログtikv.log--include=log
エラーログtikv_stderr.log--include=log
Configuration / コンフィグレーションファイルtikv.toml--include=config
リアルタイム構成config.json--include=config

PD診断データ

データ・タイプエクスポートされたファイルPingCAPクリニックによるデータ収集のパラメータ
ログpd.log--include=log
エラーログpd_stderr.log--include=log
Configuration / コンフィグレーションファイルpd.toml--include=config
リアルタイム構成config.json--include=config
コマンドtiup ctl pd -u http://${pd IP}:${PORT} storeの出力store.json--include=config
コマンドtiup ctl pd -u http://${pd IP}:${PORT} config placement-rules showの出力placement-rule.json--include=config

TiFlash 診断データ

データ・タイプエクスポートされたファイルPingCAPクリニックによるデータ収集のパラメータ
ログtiflash.log--include=log
エラーログtiflash_stderr.log--include=log
Configuration / コンフィグレーションファイルtiflash-learner.tomltiflash-preprocessed.tomltiflash.toml--include=config
リアルタイム構成config.json--include=config

TiCDC 診断データ

データ・タイプエクスポートされたファイルPingCAPクリニックによるデータ収集のパラメータ
ログticdc.log--include=log
エラーログticdc_stderr.log--include=log
Configuration / コンフィグレーションファイルticdc.toml--include=config
デバッグデータinfo.txtstatus.txtchangefeeds.txtcaptures.txtprocessors.txt--include=debug (デフォルトでは、Diag はこのデータ型を収集しません)

プロメテウス監視データ

データ・タイプエクスポートされたファイルPingCAPクリニックによるデータ収集のパラメータ
すべての指標データ{metric_name}.json--include=monitor
すべてのアラート データalerts.json--include=monitor

TiDB システム変数

データ・タイプエクスポートされたファイルPingCAPクリニックによるデータ収集のパラメータ
TiDB システム変数mysql.tidb.csv--include=db_vars (デフォルトでは、Diag はこのデータ タイプを収集しません。このデータ タイプを収集する必要がある場合は、データベース資格情報が必要です)
global_variables.csv--include=db_vars (デフォルトでは、Diag はこのデータ型を収集しません)

クラスタノードのシステム情報

データ・タイプエクスポートされたファイルPingCAPクリニックによるデータ収集のパラメータ
カーネルログdmesg.log--include=system
システムとハードウェアの基本情報insight.json--include=system
/etc/security/limits.confの内容limits.conf--include=system
カーネルパラメータ一覧sysctl.conf--include=system
ssコマンドの出力であるソケット システム情報ss.txt--include=system

DM クラスター

このセクションでは、TiUP を使用してデプロイされた DM クラスターから Diag によって収集できる診断データの種類を示します。

DM クラスター情報

データ・タイプエクスポートされたファイルPingCAPクリニックによるデータ収集のパラメータ
クラスター ID を含むクラスターの基本情報cluster.jsonデフォルトでは、データは実行ごとに収集されます。
クラスタの詳細情報meta.yamlデフォルトでは、データは実行ごとに収集されます。

dm-master 診断データ

データ・タイプエクスポートされたファイルPingCAPクリニックによるデータ収集のパラメータ
ログm-master.log--include=log
エラーログdm-master_stderr.log--include=log
Configuration / コンフィグレーションファイルdm-master.toml--include=config

dm-worker 診断データ

データ・タイプエクスポートされたファイルPingCAPクリニックによるデータ収集のパラメータ
ログdm-worker.log--include=log
エラーログdm-worker_stderr.log--include=log
Configuration / コンフィグレーションファイルdm-work.toml--include=config

プロメテウス監視データ

データ・タイプエクスポートされたファイルPingCAPクリニックによるデータ収集のパラメータ
すべての指標データ{metric_name}.json--include=monitor
すべてのアラート データalerts.json--include=monitor

クラスタノードのシステム情報

データ・タイプエクスポートされたファイルPingCAPクリニックによるデータ収集のパラメータ
カーネルログdmesg.log--include=system
システムとハードウェアの基本情報insight.json--include=system
/etc/security/limits.conf系統の内容limits.conf--include=system
カーネルパラメータ一覧sysctl.conf--include=system
ssコマンドの出力であるソケット システム情報ss.txt--include=system
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.