binlogctl

Binlog制御 (略してbinlogctl ) は、 TiDB Binlog用のコマンドライン ツールです。 binlogctlを使用して、 TiDB Binlogクラスターを管理できます。

binlogctl次の目的で使用できます。

  • PumpまたはDrainerの状態を確認する
  • PumpまたはDrainerを一時停止または閉じる
  • PumpやDrainerの異常状態に対処する

使用シナリオは次のとおりです。

  • データ複製中にエラーが発生したか、PumpまたはDrainerの実行状態を確認する必要があります。
  • クラスターをメンテナンスするときは、PumpまたはDrainerを一時停止するか閉じる必要があります。
  • PumpまたはDrainerプロセスが異常終了し、ノードの状態が更新されないか予期しない状態になります。これは、データ レプリケーション タスクに影響します。

binlogctlをダウンロード

binlogctl TiDB Toolkitに含まれています。TiDB TiDB Toolkitをダウンロードするには、 TiDBツールをダウンロード参照してください。

説明

コマンドラインパラメータ:

Usage of binlogctl: -V prints version and exit -cmd string operator: "generate_meta", "pumps", "drainers", "update-pump", "update-drainer", "pause-pump", "pause-drainer", "offline-pump", "offline-drainer", "encrypt" (default "pumps") -data-dir string meta directory path (default "binlog_position") -node-id string id of node, used to update some nodes with operations update-pump, update-drainer, pause-pump, pause-drainer, offline-pump and offline-drainer -pd-urls string a comma separated list of PD endpoints (default "http://127.0.0.1:2379") -show-offline-nodes include offline nodes when querying pumps/drainers -ssl-ca string Path of file that contains list of trusted SSL CAs for connection with cluster components. -ssl-cert string Path of file that contains X509 certificate in PEM format for connection with cluster components. -ssl-key string Path of file that contains X509 key in PEM format for connection with cluster components. -state string set node's state, can be set to online, pausing, paused, closing or offline. -text string text to be encrypted when using encrypt command -time-zone Asia/Shanghai set time zone if you want to save time info in savepoint file; for example, Asia/Shanghai for CST time, `Local` for local time

コマンドの例:

  • すべてのPumpまたはDrainerノードの状態を確認します。

    cmdpumpsまたはdrainersに設定します。例:

    bin/binlogctl -pd-urls=http://127.0.0.1:2379 -cmd pumps
    [2019/04/28 09:29:59.016 +00:00] [INFO] [nodes.go:48] ["query node"] [type=pump] [node="{NodeID: 1.1.1.1:8250, Addr: pump:8250, State: online, MaxCommitTS: 408012403141509121, UpdateTime: 2019-04-28 09:29:57 +0000 UTC}"]
    bin/binlogctl -pd-urls=http://127.0.0.1:2379 -cmd drainers
    [2019/04/28 09:29:59.016 +00:00] [INFO] [nodes.go:48] ["query node"] [type=drainer] [node="{NodeID: 1.1.1.1:8249, Addr: 1.1.1.1:8249, State: online, MaxCommitTS: 408012403141509121, UpdateTime: 2019-04-28 09:29:57 +0000 UTC}"]
  • PumpまたはDrainerを一時停止するか閉じます。

    サービスを一時停止または閉じるには、次のコマンドを使用できます。

    指示説明
    一時停止ポンプPumpを一時停止bin/binlogctl -pd-urls=http://127.0.0.1:2379 -cmd pause-pump -node-id ip-127-0-0-1:8250
    一時停止ドレイン一時停止Drainerbin/binlogctl -pd-urls=http://127.0.0.1:2379 -cmd pause-drainer -node-id ip-127-0-0-1:8249
    オフラインポンプPumpを閉じるbin/binlogctl -pd-urls=http://127.0.0.1:2379 -cmd offline-pump -node-id ip-127-0-0-1:8250
    オフラインドレイナーDrainerを閉じるbin/binlogctl -pd-urls=http://127.0.0.1:2379 -cmd offline-drainer -node-id ip-127-0-0-1:8249

    binlogctl HTTP リクエストをPumpまたはDrainerノードに送信します。リクエストを受信すると、ノードはそれに応じて終了手順を実行します。

  • 異常状態のPumpまたはDrainerノードの状態を変更します。

    PumpまたはDrainerノードが正常に動作している場合、または通常のプロセスで一時停止または閉じられている場合は、正常状態です。異常な状態では、PumpまたはDrainerノードは状態を正しく維持できません。これは、データレプリケーションタスクに影響します。この場合は、 binlogctl使用して状態情報を修復します。

    PumpまたはDrainerノードの状態を更新するには、 cmdupdate-pumpまたはupdate-drainer設定します。状態はpausedまたはofflineになります。例:

    bin/binlogctl -pd-urls=http://127.0.0.1:2379 -cmd update-pump -node-id ip-127-0-0-1:8250 -state paused

    注記:

    PumpまたはDrainerノードが正常に動作している場合、定期的に状態が PD に更新されます。上記のコマンドは、PD に保存されているPumpまたはDrainer の状態を直接変更するため、 PumpまたはDrainerノードが正常に動作している場合はこのコマンドを使用しないでください。詳細については、 TiDBBinlogFAQを参照してください。

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Dedicated
TiDB Serverless
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.