TiFlash パフォーマンスの調整

このドキュメントでは、マシン リソースの計画や TiDB パラメータの調整など、TiFlash のパフォーマンスを調整する方法を紹介します。

リソースの計画

マシン リソースを節約し、分離の要件がない場合は、TiKV と TiFlash の両方のデプロイを組み合わせた方法を使用できます。 TiKV と TiFlash にそれぞれ十分なリソースを確保し、ディスクを共有しないことをお勧めします。

TiDB パラメータを調整する

  1. OLAP/TiFlash 専用の TiDB ノードの場合、このノードのtidb_distsql_scan_concurrency構成項目の値を80に増やすことをお勧めします。

    set @@tidb_distsql_scan_concurrency = 80;
    
  2. スーパー バッチ機能を有効にします。

    tidb_allow_batch_cop変数を使用して、TiFlash からの読み取り時にリージョンリクエストをマージするかどうかを設定できます。

    クエリに含まれるリージョンの数が比較的多い場合は、この変数を1に設定するか (TiFlash にプッシュ ダウンされるaggregationのオペレーターを含むコプロセッサー リクエストに有効)、またはこの変数を2に設定してみてください (すべてのコプロセッサー リクエストに有効です)。 TiFlashにプッシュダウン)。

    set @@tidb_allow_batch_cop = 1;
    
  3. JOINUNIONなどの TiDB 演算子の前に集計関数をプッシュ ダウンする最適化を有効にします。

    tidb_opt_agg_push_down変数を使用してオプティマイザを制御し、この最適化を実行できます。クエリで集計操作が非常に遅い場合は、この変数を1に設定してみてください。

    set @@tidb_opt_agg_push_down = 1;
    
  4. JOINUNIONなどの TiDB 演算子の前にDistinctを使用して集約関数をプッシュ ダウンする最適化を有効にします。

    tidb_opt_distinct_agg_push_down変数を使用してオプティマイザを制御し、この最適化を実行できます。クエリでDistinctを使用した集計操作が非常に遅い場合は、この変数を1に設定してみてください。

    set @@tidb_opt_distinct_agg_push_down = 1;
    
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.