重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDBからデータをエクスポートする

このページでは、 TiDB Cloudのクラスタからデータをエクスポートする方法について説明します。

TiDBはデータをロックしません。それでも、TiDBから他のデータプラットフォームにデータを移行できるようにしたい場合があります。 TiDBはMySQLとの互換性が高いため、MySQLに適した任意のエクスポートツールをTiDBにも使用できます。

ツールDumplingを使用してデータをエクスポートできます。

  1. TiUPをダウンロードしてインストールします。

    curl --proto '=https' --tlsv1.2 -sSf https://tiup-mirrors.pingcap.com/install.sh | sh
    
  2. グローバル環境変数を宣言します。

    ノート:

    インストール後、TiUPは対応するprofileファイルの絶対パスを表示します。次のコマンドで.bash_profileprofileファイルのパスに変更する必要があります。

    source .bash_profile
    
  3. Dumplingをインストールします。

    tiup install dumpling
    
  4. TiDBからのDumplingを使用してデータをエクスポートします。

    tiup dumpling -h ${tidb-endpoint} -P 3306 -u ${user} -F 67108864 -t 4 -o /path/to/export/dir
    

    指定したデータベースのみをエクスポートする場合は、 -Bを使用してデータベース名のコンマ区切りリストを指定します。

    必要な最小権限は次のとおりです。

    • SELECT
    • RELOAD
    • LOCK TABLES
    • REPLICATION CLIENT

    現在、 DumplingはMydumper形式の出力のみをサポートしており、 TiDB Lightningを使用してMySQL互換データベースに簡単に復元できます。

このページの内容