TiDB の CRUD SQL

このドキュメントでは、TiDB の CURD SQL の使用方法を簡単に紹介します。

始める前に

TiDB クラスターに接続していることを確認してください。そうでない場合は、 TiDB Cloud(開発者層) で TiDBクラスタを構築するを参照して空きクラスターを作成します。

TiDB で SQL を調べる

ノート:

このドキュメントでは、 TiDB で SQL を調べるを参照して簡略化しています。詳細については、 TiDB で SQL を調べるを参照してください。

TiDB は MySQL と互換性があり、ほとんどの場合、MySQL ステートメントを直接使用できます。サポートされていない機能については、 MySQL との互換性を参照してください。

SQL を試して、TiDB と MySQL クエリとの互換性をテストするには、次のことができTiDB をインストールせずに Web ブラウザーで直接実行する 。最初に TiDB クラスターをデプロイしてから、そこで SQL ステートメントを実行することもできます。

このページでは、DDL、DML、CRUD 操作などの基本的なTiDB SQLステートメントについて説明します。 TiDB ステートメントの完全なリストについては、 TiDB SQL構文図を参照してください。

カテゴリー

SQL は、その関数によって次の 4 つのタイプに分けられます。

  • DDL (データ定義言語) : データベース、テーブル、ビュー、インデックスなどのデータベース オブジェクトを定義するために使用されます。

  • DML (Data Manipulation Language) : アプリケーション関連のレコードを操作するために使用されます。

  • DQL (Data Query Language) : 条件付きフィルタリングの後にレコードを照会するために使用されます。

  • DCL (Data Control Language) : アクセス権限とセキュリティ レベルを定義するために使用されます。

以下では主にDMLとDQLについて紹介します。 DDL および DCL の詳細については、 TiDB で SQL を調べるまたはTiDB SQL構文の詳細な説明を参照してください。

データ操作言語

一般的な DML 機能は、テーブル レコードの追加、変更、および削除です。対応するコマンドはINSERTUPDATE 、およびDELETEです。

テーブルにデータを挿入するには、次のINSERTステートメントを使用します。

INSERT INTO person VALUES(1,'tom','20170912');

いくつかのフィールドのデータを含むレコードをテーブルに挿入するには、 INSERTステートメントを使用します。

INSERT INTO person(id,name) VALUES('2','bob');

テーブル内のレコードの一部のフィールドを更新するには、 UPDATEステートメントを使用します。

UPDATE person SET birthday='20180808' WHERE id=2;

テーブル内のデータを削除するには、次のDELETEステートメントを使用します。

DELETE FROM person WHERE id=2;

ノート:

フィルターとしてのWHERE句のないUPDATEステートメントとDELETEステートメントは、テーブル全体に作用します。

データクエリ言語

DQL は、テーブルまたは複数のテーブルから目的のデータ行を取得するために使用されます。

テーブル内のデータを表示するには、 SELECTステートメントを使用します。

SELECT * FROM person;

特定の列を照会するには、 SELECTキーワードの後に列名を追加します。

SELECT name FROM person;

結果は次のとおりです。

+------+
| name |
+------+
| tom  |
+------+
1 rows in set (0.00 sec)

WHERE句を使用して、条件に一致するすべてのレコードをフィルタリングし、結果を返します。

SELECT * FROM person WHERE id < 5;
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.