テレメトリー

テレメトリが有効になると、TiDB、 TiUP 、および TiDB ダッシュボードは使用状況情報を収集し、その情報を PingCAP と共有して、製品の改善方法を理解するのに役立ちます。たとえば、この使用状況情報は、新機能の優先順位付けに役立ちます。

注記:

  • 2023 年 2 月 20 日以降、v6.6.0 を含む TiDB および TiDB ダッシュボードの新しいバージョンではテレメトリ機能がデフォルトで無効になり、使用状況情報は収集されず、PingCAP と共有されません。これらのバージョンにアップグレードする前に、クラスターでデフォルトのテレメトリ構成が使用されている場合、アップグレード後にテレメトリ機能は無効になります。特定のバージョンについてはTiDB リリース タイムラインを参照してください。
  • v1.11.3 以降、新しく展開されたTiUPではテレメトリ機能がデフォルトで無効になっており、使用状況情報は収集されません。 TiUP のv1.11.3 より前のバージョンから v1.11.3 以降のバージョンにアップグレードすると、テレメトリ機能はアップグレード前と同じステータスを維持します。

何が共有されますか?

次のセクションでは、各コンポーネントの共有使用法情報について詳しく説明します。共有される使用状況の詳細は、時間の経過とともに変更される可能性があります。これらの変更は (ある場合) リリースノートで発表されます。

注記:

すべての場合において、TiDB クラスターに保存されているユーザー データは共有されませPingCAP プライバシー ポリシーも参照してください。

TiDB

TiDB でテレメトリ収集機能が有効になっている場合、TiDB クラスターは 6 時間単位で使用状況の詳細を収集します。これらの使用法の詳細には次のものが含まれますが、これらに限定されません。

  • ランダムに生成されたテレメトリ ID。
  • ハードウェアのサイズ (CPU、メモリ、ディスク)、TiDB コンポーネントのバージョン、OS 名などの展開特性。
  • クエリリクエストの数や期間など、システム内のクエリリクエストのステータス。
  • コンポーネントの使用状況 (非同期コミット機能が使用されているかどうかなど)。
  • TiDB テレメトリ データ送信者の仮名化された IP アドレス。

PingCAP に共有されている使用状況情報の完全な内容を表示するには、次の SQL ステートメントを実行します。

ADMIN SHOW TELEMETRY;

TiDB ダッシュボード

TiDB ダッシュボードでテレメトリ収集機能が有効になっている場合、TiDB ダッシュボード Web UI の使用状況の詳細が共有されます。これには次のものが含まれます (ただし、これらに限定されません)。

  • ランダムに生成されたテレメトリ ID。
  • ユーザーがアクセスした TiDB ダッシュボード Web ページの名前などのユーザー操作情報。
  • ブラウザ名、OS名、画面解像度などのブラウザとOSの情報。

PingCAP に共有されている使用状況情報の完全な内容を表示するには、 Chrome DevTools のネットワーク アクティビティ インスペクターまたはFirefox 開発者ツールのネットワーク モニターを使用します。

TiUP

TiUPでテレメトリ収集機能が有効になっている場合、以下を含む (ただしこれらに限定されない) TiUPの使用状況の詳細が共有されます。

  • ランダムに生成されたテレメトリ ID。
  • TiUPコマンドの実行ステータス (実行が成功したかどうか、実行時間など)。
  • ハードウェアのサイズ、TiDB コンポーネントのバージョン、変更された展開構成名などの展開特性。

PingCAP に共有される使用状況情報の完全な内容を表示するには、 TiUPコマンドの実行時にTIUP_CLUSTER_DEBUG=enable環境変数を設定します。例えば:

TIUP_CLUSTER_DEBUG=enable tiup cluster list

ティスパーク

注記:

v3.0.3 以降、TiSpark ではテレメトリ収集がデフォルトで無効になっており、使用状況情報は収集されず、PingCAP と共有されません。

TiSpark のテレメトリ収集機能が有効になっている場合、Spark モジュールは、以下を含む (ただしこれらに限定されない) TiSpark の使用状況の詳細を共有します。

  • ランダムに生成されたテレメトリ ID。
  • 読み取りエンジンやストリーミング読み取りが有効かどうかなど、TiSpark の一部の構成情報。
  • TiSpark が配置されているノードのマシンのハードウェア情報、OS 情報、コンポーネントのバージョン番号などのクラスタ展開情報。

Spark ログに収集された TiSpark の使用状況情報を表示できます。 Spark ログ レベルを INFO 以下に設定できます。次に例を示します。

cat {spark.log} | grep Telemetry report | tail -n 1

テレメトリを無効にする

導入時に TiDB テレメトリを無効にする

既存の TiDB クラスターでテレメトリが有効になっている場合、各 TiDB インスタンスでenable-telemetry = falseを構成して、そのインスタンスでの TiDB テレメトリ収集を無効にすることができます。これはクラスターを再起動するまで有効になりません。

さまざまな展開ツールでテレメトリを無効にする詳細な手順を以下に示します。

バイナリ展開

次の内容を含む構成ファイルtidb_config.tomlを作成します。

enable-telemetry = false

上記の構成ファイルを有効にするには、TiDB を起動するときに--config=tidb_config.tomlコマンドライン パラメーターを指定します。

詳細については、 TiDBコンフィグレーションオプションTiDBコンフィグレーションファイルを参照してください。

TiUP Playground を使用した展開

次の内容を含む構成ファイルtidb_config.tomlを作成します。

enable-telemetry = false

TiUP Playground を起動するときに、上記の設定ファイルを有効にするために--db.config tidb_config.tomlコマンド ライン パラメータを指定します。例えば:

tiup playground --db.config tidb_config.toml

詳細についてはローカル TiDBクラスタを迅速にデプロイを参照してください。

TiUPクラスタを使用した導入

デプロイメント トポロジ ファイルtopology.yamlを変更して、次の内容を追加します。

server_configs: tidb: enable-telemetry: false
TiDB Operatorを介した Kubernetes へのデプロイメント

spec.tidb.config.enable-telemetry: falseまたは TidbCluster カスタム リソースをtidb-cluster.yamlします。

詳細についてはTiDB Operator をKubernetes にデプロイを参照してください。

注記:

この構成項目を有効にするには、 TiDB Operator v1.1.3 以降が必要です。

デプロイされた TiDB クラスターの TiDB テレメトリを無効にする

既存の TiDB クラスターでは、システム変数tidb_enable_telemetryを変更して TiDB テレメトリ収集を動的に無効にすることもできます。

SET GLOBAL tidb_enable_telemetry = 0;

注記:

テレメトリを無効にすると、構成ファイルがシステム変数よりも優先されます。つまり、構成ファイルによってテレメトリ収集が無効になった後は、システム変数の値は無視されます。

TiDB ダッシュボード テレメトリを無効にする

dashboard.enable-telemetry = falseを構成して、すべての PD インスタンスで TiDB ダッシュボード テレメトリ収集を無効にします。構成を有効にするには、実行中のクラスターを再起動する必要があります。

さまざまな展開ツールのテレメトリを無効にする詳細な手順を以下に示します。

バイナリ展開

次の内容を含む構成ファイルpd_config.tomlを作成します。

[dashboard] enable-telemetry = false

PD を開始するときに--config=pd_config.tomlコマンドライン パラメータを指定して有効にします。

詳細については、 PDコンフィグレーションフラグPDコンフィグレーションファイルを参照してください。

TiUP Playground を使用した展開

次の内容を含む構成ファイルpd_config.tomlを作成します。

[dashboard] enable-telemetry = false

TiUP Playground を開始するときに、有効にする--pd.config pd_config.tomlコマンド ライン パラメーターを指定します。例:

tiup playground --pd.config pd_config.toml

詳細についてはローカル TiDBクラスタを迅速にデプロイを参照してください。

TiUPクラスタを使用した導入

デプロイメント トポロジ ファイルtopology.yamlを変更して、次の内容を追加します。

server_configs: pd: dashboard.enable-telemetry: false
TiDB Operatorを介した Kubernetes へのデプロイメント

spec.pd.config.dashboard.enable-telemetry: falseまたは TidbCluster カスタム リソースをtidb-cluster.yamlします。

詳細についてはTiDB Operator をKubernetes にデプロイを参照してください。

注記:

この構成項目を有効にするには、 TiDB Operator v1.1.3 以降が必要です。

TiUPテレメトリを無効にする

TiUPテレメトリ収集を無効にするには、次のコマンドを実行します。

tiup telemetry disable

テレメトリーステータスを確認する

TiDB テレメトリの場合は、次の SQL ステートメントを実行してテレメトリのステータスを確認します。

ADMIN SHOW TELEMETRY;

実行結果のDATA_PREVIEW列が空の場合、TiDB テレメトリは無効になります。そうでない場合は、TiDB テレメトリが有効になっています。また、 LAST_STATUSの列に従って、使用状況情報が以前にいつ共有されたか、共有が成功したかどうかを確認することもできます。

TiUPテレメトリの場合は、次のコマンドを実行してテレメトリのステータスを確認します。

tiup telemetry status

コンプライアンス

さまざまな国や地域のコンプライアンス要件を満たすために、使用状況情報は、送信側マシンの IP アドレスに従ってさまざまな国にあるサーバーに送信されます。

  • 中国本土の IP アドレスの場合、使用状況情報は中国本土のクラウド サーバーに送信され、そこに保存されます。
  • 中国本土以外の IP アドレスの場合、使用状況情報は米国のクラウド サーバーに送信され、そこに保存されます。

詳細についてはPingCAP プライバシー ポリシーを参照してください。

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.