JSONタイプ

TiDB は、半構造化データの保存に役立つJSON (JavaScript Object Notation) データ型をサポートしています。 JSONデータ型には、文字列列にJSON形式の文字列を格納する場合に比べて次の利点があります。

  • シリアル化にはバイナリ形式を使用します。内部形式により、 JSON文書要素への素早い読み取りアクセスが可能になります。
  • JSON列に保存された JSON ドキュメントの自動検証。有効な文書のみを保管できます。

JSON列は、他のバイナリ型の列と同様に、直接インデックス付けされませんが、生成された列の形式でJSONドキュメント内のフィールドにインデックスを付けることができます。

CREATE TABLE city ( id INT PRIMARY KEY, detail JSON, population INT AS (JSON_EXTRACT(detail, '$.population')), index index_name (population) ); INSERT INTO city (id,detail) VALUES (1, '{"name": "Beijing", "population": 100}'); SELECT id FROM city WHERE population >= 100;

詳細については、 JSON関数および生成された列を参照してください。

制限

  • 現在、TiDB は、限られたJSON関数のTiFlashへのプッシュダウンのみをサポートしています。詳細については、 プッシュダウン式を参照してください。
  • TiDB バックアップ & リストア (BR) は、v6.3.0 での JSON 列データのエンコード方法を変更します。したがって、JSON 列を含むデータを v6.3.0 より前の TiDB クラスターに復元するためにBRを使用することはお勧めできません。
  • DATEDATETIMETIMEなどの非標準のJSONデータ型を含むデータをレプリケートするためにレプリケーション ツールを使用しないでください。

MySQLの互換性

  • BINARYタイプのデータを含む JSON カラムを作成すると、現在、MySQL はデータをSTRINGタイプとして誤ってラベル付けしますが、TiDB はデータをBINARYタイプとして正しく処理します。

    CREATE TABLE test(a json); INSERT INTO test SELECT json_objectagg('a', b'01010101'); -- In TiDB, executing the following SQL statement returns `0, 0`. In MySQL, executing the following SQL statement returns `0, 1`. mysql> SELECT JSON_EXTRACT(JSON_OBJECT('a', b'01010101'), '$.a') = "base64:type15:VQ==" AS r1, JSON_EXTRACT(a, '$.a') = "base64:type15:VQ==" AS r2 FROM test; +------+------+ | r1 | r2 | +------+------+ | 0 | 0 | +------+------+ 1 row in set (0.01 sec)

    詳細については、問題#37443を参照してください。

  • データ型をENUMまたはSETからJSONに変換するときに、TiDB はデータ形式の正しさをチェックします。たとえば、TiDB で次の SQL ステートメントを実行すると、エラーが返されます。

    CREATE TABLE t(e ENUM('a')); INSERT INTO t VALUES ('a'); mysql> SELECT CAST(e AS JSON) FROM t; ERROR 3140 (22032): Invalid JSON text: The document root must not be followed by other values.

    詳細については、問題#9999を参照してください。

  • TiDB では、 ORDER BYを使用して JSON 配列または JSON オブジェクトを並べ替えることができます。

    MySQL では、 ORDER BYを使用して JSON 配列または JSON オブジェクトをソートすると、MySQL は警告を返し、ソート結果は比較演算の結果と一致しません。

    CREATE TABLE t(j JSON); INSERT INTO t VALUES ('[1,2,3,4]'); INSERT INTO t VALUES ('[5]'); mysql> SELECT j FROM t WHERE j < JSON_ARRAY(5); +--------------+ | j | +--------------+ | [1, 2, 3, 4] | +--------------+ 1 row in set (0.00 sec) -- In TiDB, executing the following SQL statement returns the correct sorting result. In MySQL, executing the following SQL statement returns the "This version of MySQL doesn't yet support 'sorting of non-scalar JSON values'." warning and the sorting result is inconsistent with the comparison result of `<`. mysql> SELECT j FROM t ORDER BY j; +--------------+ | j | +--------------+ | [1, 2, 3, 4] | | [5] | +--------------+ 2 rows in set (0.00 sec)

    詳細については、問題#37506を参照してください。

  • データを JSON 列に挿入すると、TiDB はデータの値を暗黙的にJSON型に変換します。

    CREATE TABLE t(col JSON); -- In TiDB, the following INSERT statement is executed successfully. In MySQL, executing the following INSERT statement returns the "Invalid JSON text" error. INSERT INTO t VALUES (3);

JSONデータ型の詳細については、 JSON関数および生成された列を参照してください。

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.