TiKVコンフィグレーションフラグ

TiKV は、コマンド ライン パラメーターの読み取り可能な単位変換をサポートしています。

  • ファイルサイズ (バイトベース): KB、MB、GB、TB、PB (または小文字)
  • 時間 (ms ベース): ms、s、m、h

-A, --addr

  • TiKVサーバーが監視するアドレス
  • デフォルト: "127.0.0.1:20160"
  • クラスターをデプロイするには、 --addrを使用して現在のホストの IP アドレスを指定する必要があります ( "192.168.100.113:20160"など)。クラスターが Docker 上で実行されている場合は、Docker の IP アドレスを"0.0.0.0:20160"として指定します。

--advertise-addr

  • サーバーは外部からのクライアント トラフィックのアドレスをアドバタイズします
  • デフォルト: ${addr}
  • Docker または NAT ネットワークが原因でクライアントが--addrアドレスを介して TiKV に接続できない場合は、 --advertise-addrアドレスを手動で設定する必要があります。
  • たとえば、Docker の内部 IP アドレスは 172.17.0.1 ですが、ホストの IP アドレスは 192.168.100.113 で、ポート マッピングは-p 20160:20160に設定されています。この場合、 --advertise-addr 「192.168.100.113:20160」に設定できます。クライアントは 192.168.100.113:20160 を通じてこのサービスを見つけることができます。

--status-addr

  • TiKV サービスのステータスをリッスンするポート
  • デフォルト: "20180"
  • Prometheus は、 http://host:status_port/metricsを介してこのステータス情報にアクセスできます。
  • プロファイルは、 http://host:status_port/debug/pprof/profileを介してこのステータス情報にアクセスできます。

--advertise-status-addr

  • TiKV が外部からサービス状態にアクセスするためのアドレス。
  • デフォルト: 値--status-addrが使用されます。
  • Docker または NAT ネットワークが原因でクライアントが--status-addrアドレスを介して TiKV に接続できない場合は、 --advertise-status-addrアドレスを手動で設定する必要があります。
  • たとえば、Docker の内部 IP アドレスは172.17.0.1ですが、ホストの IP アドレスは192.168.100.113で、ポート マッピングは-p 20180:20180に設定されています。この場合は--advertise-status-addr="192.168.100.113:20180"を設定します。クライアントは192.168.100.113:20180を通じてこのサービスを見つけることができます。

-C, --config

  • 設定ファイル
  • デフォルト: ""
  • コマンドラインを使用して構成を設定すると、構成ファイル内の同じ設定が上書きされます。

--capacity

  • 店舗のキャパシティ
  • デフォルト: 0 (無制限)
  • PD はこのフラグを使用して、TiKV サーバーのバランスをとる方法を決定します。 (ヒント: 1073741824 の代わりに 10GB を使用できます)

--config-info <FORMAT>

  • このフラグを使用すると、使用可能な構成値がFORMATに従ってリストされ、終了します。

  • FORMAT : jsonの値オプション。現在、JSON 形式のみがサポートされています。

  • 出力 JSON には、構成名 (Name)、デフォルト値 (DefaultValue)、および現在の値 (ValueInFile) のみがリストされます。 -Cまたは--configを指定した場合、ファイル内の設定項目の現在値とデフォルト値が併記され、 -Cまたは--configを指定しなかった項目はデフォルト値のみとなります。以下は例です。

    { "Component": "TiKV Server", "Version": "6.2.0", "Parameters": [ { "Name": "log-level", "DefaultValue": "info", "ValueInFile": "warn" }, { "Name": "log-file", "DefaultValue": "" }, ... ] }

--data-dir

  • データディレクトリへのパス
  • デフォルト: "/tmp/tikv/store"

-L

  • ログレベル
  • デフォルト: "info"
  • オプションの値: "debug""info""warn""error""fatal"

--log-file

  • ログファイル
  • デフォルト: ""
  • このフラグが設定されていない場合、ログは「stderr」に書き込まれます。このフラグが設定されている場合、ログは対応するファイルに出力されます。

--pd

  • PDサーバーのアドレス一覧
  • デフォルト: ""
  • TiKV を機能させるには、値--pdを使用して TiKVサーバーをPDサーバーに接続する必要があります。複数の PD アドレスはカンマを使用して区切ります (例: 「192.168.100.113:2379, 192.168.100.114:2379, 192.168.100.115:2379」)。

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.