ユーザー定義変数

このドキュメントでは、TiDB のユーザー定義変数の概念と、ユーザー定義変数を設定および読み取る方法について説明します。

ユーザー定義変数の形式は@var_nameです。 var_nameを構成する文字には、数字0-9 、文字a-zA-Z 、アンダースコア_ 、ドル記号$ 、UTF-8 文字など、識別子を構成できる任意の文字を使用できます。さらに、英語のピリオドも含まれます. 。ユーザー定義変数では大文字と小文字が区別されません。

ユーザー定義変数はセッション固有です。つまり、あるクライアント接続で定義されたユーザー変数は、他のクライアント接続では表示または使用できません。

ユーザー定義変数を設定する

SETステートメントを使用してユーザー定義変数を設定できます。構文はSET @var_name = expr [, @var_name = expr] ...;です。例えば:

SET @favorite_db = 'TiDB';
SET @a = 'a', @b = 'b', @c = 'c';

代入演算子には、 :=を使用することもできます。例えば:

SET @favorite_db := 'TiDB';

代入演算子の右側の内容には、任意の有効な式を指定できます。例えば:

SET @c = @a + @b;
set @c = b'1000001' + b'1000001';

ユーザー定義変数を読み取る

ユーザー定義変数を読み取るには、 SELECTステートメントを使用してクエリを実行できます。

SELECT @a1, @a2, @a3
+------+------+------+ | @a1 | @a2 | @a3 | +------+------+------+ | 1 | 2 | 4 | +------+------+------+

SELECTステートメントで値を代入することもできます。

SELECT @a1, @a2, @a3, @a4 := @a1+@a2+@a3;
+------+------+------+--------------------+ | @a1 | @a2 | @a3 | @a4 := @a1+@a2+@a3 | +------+------+------+--------------------+ | 1 | 2 | 4 | 7 | +------+------+------+--------------------+

変数@a4が変更されるか、接続が閉じられる前は、その値は常に7です。

ユーザー定義変数を設定するときに 16 進リテラルまたはバイナリ リテラルが使用される場合、TiDB はそれをバイナリ文字列として扱います。これを数値に設定する場合は、手動でCAST変換を追加するか、式で数値演算子を使用します。

SET @v1 = b'1000001'; SET @v2 = b'1000001'+0; SET @v3 = CAST(b'1000001' AS UNSIGNED);
SELECT @v1, @v2, @v3;
+------+------+------+ | @v1 | @v2 | @v3 | +------+------+------+ | A | 65 | 65 | +------+------+------+

初期化されていないユーザー定義変数を参照する場合、その変数の値は NULL で、型は文字列になります。

SELECT @not_exist;
+------------+ | @not_exist | +------------+ | NULL | +------------+

ユーザー定義変数を読み取るためにSELECTステートメントを使用することに加えて、もう 1 つの一般的な使用法はPREPAREステートメントです。例えば:

SET @s = 'SELECT SQRT(POW(?,2) + POW(?,2)) AS hypotenuse'; PREPARE stmt FROM @s; SET @a = 6; SET @b = 8; EXECUTE stmt USING @a, @b;
+------------+ | hypotenuse | +------------+ | 10 | +------------+

ユーザー定義変数の内容は、SQL ステートメント内の識別子として認識されません。例えば:

SELECT * from t;
+---+ | a | +---+ | 1 | +---+
SET @col = "`a`"; SELECT @col FROM t;
+------+ | @col | +------+ | `a` | +------+

MySQLの互換性

SELECT ... INTO <variable>を除いて、MySQL と TiDB でサポートされる構文は同じです。

詳細については、 MySQL のユーザー定義変数を参照してください。

このページは役に立ちましたか?

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.