ステートメント概要テーブル

SQL パフォーマンスの問題をより適切に処理するために、MySQL は統計を使用して SQL を監視するperformance_schema分のステートメント概要テーブルを提供しています。これらのテーブルのうち、 events_statements_summary_by_digest 、レイテンシー、実行時間、スキャンされた行数、テーブル全体のスキャンなどの豊富なフィールドを備えており、SQL の問題を特定するのに非常に役立ちます。

したがって、v4.0.0-rc.1 以降、TiDB は機能の点でevents_statements_summary_by_digestに似たシステム テーブルをinformation_schema ( performance_schemaではなく) で提供します。

注記:

前述のテーブルはTiDB サーバーレスクラスターでは使用できません。

このドキュメントでは、これらのテーブルについて詳しく説明し、それらを使用して SQL パフォーマンスの問題をトラブルシューティングする方法を紹介します。

statements_summary

statements_summaryinformation_schemaのシステムテーブルです。 statements_summary SQL ダイジェストとプラン ダイジェストごとに SQL ステートメントをグループ化し、各 SQL カテゴリの統計を提供します。

ここでの「SQL ダイジェスト」は、スロー ログで使用されるものと同じものを意味し、正規化された SQL ステートメントによって計算される一意の識別子です。正規化プロセスでは、定数の空白文字は無視され、大文字と小文字は区別されません。したがって、一貫した構文を持つステートメントは同じダイジェストを持ちます。例えば:

SELECT * FROM employee WHERE id IN (1, 2, 3) AND salary BETWEEN 1000 AND 2000; select * from EMPLOYEE where ID in (4, 5) and SALARY between 3000 and 4000;

正規化後は、両方とも次のカテゴリに分類されます。

select * from employee where id in (...) and salary between ? and ?;

ここでの「プラン ダイジェスト」とは、正規化された実行プランを通じて計算された一意の識別子を指します。正規化プロセスでは定数は無視されます。同じ SQL ステートメントは、異なる実行プランを持つ可能性があるため、異なるカテゴリにグループ化される場合があります。同じカテゴリの SQL ステートメントには同じ実行プランがあります。

statements_summaryは、SQL 監視メトリックの集計結果が格納されます。一般に、各監視メトリクスには最大値と平均値が含まれます。たとえば、実行レイテンシーメトリックは、 AVG_LATENCY (平均レイテンシー) とMAX_LATENCY (最大レイテンシー) の 2 つのフィールドに対応します。

監視メトリクスが最新であることを確認するために、テーブルstatements_summaryのデータは定期的にクリアされ、最近の集計結果のみが保持されて表示されます。定期的なデータのクリアは、システム変数tidb_stmt_summary_refresh_intervalによって制御されます。クリア直後にクエリを実行すると、表示されるデータが非常に少なくなる可能性があります。

以下は、 statements_summaryをクエリした場合の出力例です。

SUMMARY_BEGIN_TIME: 2020-01-02 11:00:00 SUMMARY_END_TIME: 2020-01-02 11:30:00 STMT_TYPE: Select SCHEMA_NAME: test DIGEST: 0611cc2fe792f8c146cc97d39b31d9562014cf15f8d41f23a4938ca341f54182 DIGEST_TEXT: select * from employee where id = ? TABLE_NAMES: test.employee INDEX_NAMES: NULL SAMPLE_USER: root EXEC_COUNT: 3 SUM_LATENCY: 1035161 MAX_LATENCY: 399594 MIN_LATENCY: 301353 AVG_LATENCY: 345053 AVG_PARSE_LATENCY: 57000 MAX_PARSE_LATENCY: 57000 AVG_COMPILE_LATENCY: 175458 MAX_COMPILE_LATENCY: 175458 ........... AVG_MEM: 103 MAX_MEM: 103 AVG_DISK: 65535 MAX_DISK: 65535 AVG_AFFECTED_ROWS: 0 FIRST_SEEN: 2020-01-02 11:12:54 LAST_SEEN: 2020-01-02 11:25:24 QUERY_SAMPLE_TEXT: select * from employee where id=3100 PREV_SAMPLE_TEXT: PLAN_DIGEST: f415b8d52640b535b9b12a9c148a8630d2c6d59e419aad29397842e32e8e5de3 PLAN: Point_Get_1 root 1 table:employee, handle:3100

注記:

TiDB では、ステートメント概要テーブルのフィールドの時間単位はナノ秒 (ns) ですが、MySQL では時間単位はピコ秒 (ps) です。

statements_summary_history

statements_summary_historyのテーブル スキーマはstatements_summaryのテーブル スキーマと同じです。 statements_summary_history時間範囲の履歴データを保存します。履歴データを確認することで、異常のトラブルシューティングを行ったり、さまざまな時間範囲の監視メトリクスを比較したりできます。

フィールドSUMMARY_BEGIN_TIMESUMMARY_END_TIMEは、履歴時間範囲の開始時刻と終了時刻を表します。

statements_summary_evicted

tidb_stmt_summary_max_stmt_count変数は、 statement_summaryテーブルがメモリに格納するステートメントの最大数を制御します。 statement_summaryテーブルでは LRU アルゴリズムが使用されます。 SQL ステートメントの数がtidb_stmt_summary_max_stmt_count値を超えると、最も長く未使用のレコードがテーブルから削除されます。各期間中に削除された SQL ステートメントの数がstatements_summary_evictedテーブルに記録されます。

statements_summary_evictedテーブルは、SQL レコードがstatement_summaryテーブルから削除された場合にのみ更新されます。 statements_summary_evictedは、エビクションが発生した期間とエビクションされた SQL ステートメントの数のみが記録されます。

ステートメントの概要のclusterテーブル

statements_summary statements_summary_historyおよびstatements_summary_evictedには、単一の TiDBサーバーのステートメントの概要のみが示されています。クラスター全体のデータをクエリするには、 cluster_statements_summarycluster_statements_summary_history 、またはcluster_statements_summary_evictedテーブルをクエリする必要があります。

cluster_statements_summary各 TiDBサーバーのstatements_summaryデータを表示します。 cluster_statements_summary_history各 TiDBサーバーのstatements_summary_historyデータを表示します。 cluster_statements_summary_evicted各 TiDBサーバーのstatements_summary_evictedのデータが表示されます。これらのテーブルでは、 INSTANCEフィールドを使用して TiDBサーバーのアドレスを表します。その他のフィールドはstatements_summarystatements_summary_historystatements_summary_evictedと同じです。

パラメータ設定

次のシステム変数は、ステートメントの概要を制御するために使用されます。

  • tidb_enable_stmt_summary : ステートメント要約機能を有効にするかどうかを決定します。 1 enableを表し、 0 disableを意味します。この機能はデフォルトで有効になっています。この機能が無効になっている場合、システム テーブルの統計はクリアされます。統計は、次回この機能が有効になったときに再計算されます。テストの結果、この機能を有効にしてもパフォーマンスにはほとんど影響がないことがわかりました。
  • tidb_stmt_summary_refresh_interval : statements_summaryテーブルが更新される間隔。時間の単位は秒(s)です。デフォルト値は1800です。
  • tidb_stmt_summary_history_size : statements_summary_historyテーブルに格納される各 SQL ステートメント カテゴリのサイズ。これはstatements_summary_evictedテーブルの最大レコード数でもあります。デフォルト値は24です。
  • tidb_stmt_summary_max_stmt_count : ステートメントサマリーテーブルに保存できる SQL ステートメントの数を制限します。デフォルト値は3000です。制限を超えると、TiDB は最近未使用のままになっている SQL ステートメントをクリアします。これらのクリアされた SQL ステートメントは、 DIGESTNULLに設定された行として表され、 statements_summary_evictedテーブルに記録されます。 TiDB ダッシュボードの SQL ステートメント ページでは、これらの行の情報はOthersとして表示されます。
  • tidb_stmt_summary_max_stmt_count : ステートメントサマリーテーブルに保存できる SQL ステートメントの数を制限します。デフォルト値は3000です。制限を超えると、TiDB は最近未使用のままになっている SQL ステートメントをクリアします。これらのクリアされた SQL ステートメントは、 DIGESTNULLに設定された行として表され、 statements_summary_evictedテーブルに記録されます。 TiDB ダッシュボードの SQL ステートメント ページでは、これらの行の情報はOthersとして表示されます。
  • tidb_stmt_summary_max_sql_length : DIGEST_TEXTQUERY_SAMPLE_TEXTの最長の表示長を指定します。デフォルト値は4096です。
  • tidb_stmt_summary_internal_query : TiDB SQLステートメントをカウントするかどうかを決定します。 1カウントすることを意味し、 0カウントしないことを意味します。デフォルト値は0です。

注記:

tidb_stmt_summary_max_stmt_count制限を超えたために SQL ステートメントのカテゴリを削除する必要がある場合、TiDB はすべての時間範囲のその SQL ステートメント カテゴリのデータをstatement_summary_historyテーブルから削除します。そのため、一定の時間範囲におけるSQL文カテゴリ数が制限値に達していなくても、テーブルstatement_summary_historyに格納されるSQL文数は実際のSQL文数よりも少なくなります。この状況が発生してパフォーマンスに影響を与える場合は、 tidb_stmt_summary_max_stmt_countの値を増やすことをお勧めします。

ステートメント要約構成の例を以下に示します。

set global tidb_stmt_summary_max_stmt_count = 3000; set global tidb_enable_stmt_summary = true; set global tidb_stmt_summary_refresh_interval = 1800; set global tidb_stmt_summary_history_size = 24;

前述の構成が有効になると、 statements_summaryテーブルは 30 分ごとにクリアされ、 statements_summary_historyテーブルには最大 3000 種類の SQL ステートメントが保存されます。タイプごとに、 statements_summary_historyテーブルに最近の 24 期間のデータが保存されます。 statements_summary_evicted表には、SQL ステートメントがステートメントの概要から削除された最近の 24 期間が記録されます。 statements_summary_evictedテーブルは 30 分ごとに更新されます。

注記:

  • SQL タイプが 1 分ごとに表示される場合、 statements_summary_historyは最新 12 時間のデータが保存されます。 SQL タイプが毎日 00:00 から 00:30 までにのみ表示される場合、 statements_summary_historyは、各期間を 1 日として、最新の 24 期間のデータが保存されます。したがって、 statements_summary_historyは、この SQL タイプの最新 24 日間のデータが保存されます。
  • tidb_stmt_summary_history_sizetidb_stmt_summary_max_stmt_count 、およびtidb_stmt_summary_max_sql_length構成項目はメモリ使用量に影響します。ニーズ、SQL サイズ、SQL 数、マシン構成に基づいてこれらの構成を調整することをお勧めします。あまり大きな値を設定することはお勧めできません。メモリ使用量はtidb_stmt_summary_history_size tidb_stmt_summary_max_stmt_count tidb_stmt_summary_max_sql_length * 3を使用して計算できます。

ステートメントの要約に適切なサイズを設定する

システムが一定期間実行された後 (システム負荷に応じて)、 statement_summaryテーブルをチェックして SQL エビクションが発生したかどうかを確認できます。例えば:

select @@global.tidb_stmt_summary_max_stmt_count; select count(*) from information_schema.statements_summary;
+-------------------------------------------+ | @@global.tidb_stmt_summary_max_stmt_count | +-------------------------------------------+ | 3000 | +-------------------------------------------+ 1 row in set (0.001 sec) +----------+ | count(*) | +----------+ | 3001 | +----------+ 1 row in set (0.001 sec)

statements_summaryテーブルがレコードでいっぱいであることがわかります。次に、 statements_summary_evictedテーブルから削除されたデータを確認します。

select * from information_schema.statements_summary_evicted;
+---------------------+---------------------+---------------+ | BEGIN_TIME | END_TIME | EVICTED_COUNT | +---------------------+---------------------+---------------+ | 2020-01-02 16:30:00 | 2020-01-02 17:00:00 | 59 | +---------------------+---------------------+---------------+ | 2020-01-02 16:00:00 | 2020-01-02 16:30:00 | 45 | +---------------------+---------------------+---------------+ 2 row in set (0.001 sec)

前述の結果から、最大 59 の SQL カテゴリが削除されることがわかります。この場合、 statement_summaryテーブルのサイズを少なくとも 59 レコード増やすことをお勧めします。これは、サイズを少なくとも 3059 レコードに増やすことを意味します。

制限

デフォルトでは、ステートメント概要テーブルはメモリに保存されます。 TiDBサーバーが再起動すると、すべてのデータが失われます。

この問題に対処するために、TiDB v6.6.0 では実験的にステートメントの概要の永続化機能が導入されていますが、この機能はデフォルトでは無効になっています。この機能を有効にすると、履歴データはメモリに保存されなくなり、ディスクに直接書き込まれます。このようにして、TiDBサーバーが再起動しても履歴データは引き続き使用できます。

永続化ステートメントの概要

このセクションは、TiDB セルフホスト型にのみ適用されます。 TiDB Cloudの場合、 tidb_stmt_summary_enable_persistentパラメーターの値はデフォルトでfalseであり、動的変更はサポートされていません。

制限セクションで説明したように、ステートメント概要テーブルはデフォルトでメモリに保存されます。 TiDBサーバーが再起動すると、すべてのステートメントの概要が失われます。 v6.6.0 以降、TiDB は実験的に構成項目tidb_stmt_summary_enable_persistentを提供し、ユーザーがステートメントの概要の永続性を有効または無効にできるようにします。

制限セクションで説明したように、ステートメント概要テーブルはデフォルトでメモリに保存されます。 TiDBサーバーが再起動すると、すべてのステートメントの概要が失われます。 v6.6.0 以降、TiDB は実験的に構成項目tidb_stmt_summary_enable_persistentを提供し、ユーザーがステートメントの概要の永続性を有効または無効にできるようにします。

ステートメントの概要の永続性を有効にするには、次の構成項目を TiDB 構成ファイルに追加できます。

[instance] tidb_stmt_summary_enable_persistent = true # The following entries use the default values, which can be modified as needed. # tidb_stmt_summary_filename = "tidb-statements.log" # tidb_stmt_summary_file_max_days = 3 # tidb_stmt_summary_file_max_size = 64 # MiB # tidb_stmt_summary_file_max_backups = 0

ステートメントの概要の永続性が有効になった後、メモリには現在のリアルタイム データのみが保持され、履歴データは保持されません。リアルタイム データが履歴データとして更新されると、履歴データはパラメータ設定セクションで説明したtidb_stmt_summary_refresh_intervalの間隔でディスクに書き込まれます。 statements_summary_historyまたはcluster_statements_summary_historyテーブルに対するクエリは、メモリ内データとディスク上のデータの両方を組み合わせた結果を返します。

注記:

  • ステートメントの概要の永続化が有効になっている場合、メモリに履歴データが保持されないため、 パラメータ設定セクションで説明されているtidb_stmt_summary_history_size設定は有効になりません。代わりに、永続化のための履歴データの保持期間とサイズを制御するために、 tidb_stmt_summary_file_max_daystidb_stmt_summary_file_max_size 、およびtidb_stmt_summary_file_max_backupsの 3 つの構成が使用されます。
  • tidb_stmt_summary_refresh_intervalの値が小さいほど、より多くの即時データがディスクに書き込まれます。ただし、これは、より多くの冗長データがディスクに書き込まれることも意味します。

トラブルシューティングの例

このセクションでは、ステートメントの要約機能を使用して SQL パフォーマンスの問題をトラブルシューティングする方法を示す 2 つの例を示します。

SQLレイテンシーが長いのはサーバー側が原因でしょうか?

この例では、クライアントはemployeeテーブルに対するポイント クエリでパフォーマンスの低下を示しています。 SQL テキストに対してあいまい検索を実行できます。

SELECT avg_latency, exec_count, query_sample_text FROM information_schema.statements_summary WHERE digest_text LIKE 'select * from employee%';

1ms0.3ms 、正常範囲のavg_latency内とみなされます。したがって、サーバー側が原因ではないと結論付けることができます。クライアントまたはネットワークのトラブルシューティングを行うことができます。

+-------------+------------+------------------------------------------+ | avg_latency | exec_count | query_sample_text | +-------------+------------+------------------------------------------+ | 1042040 | 2 | select * from employee where name='eric' | | 345053 | 3 | select * from employee where id=3100 | +-------------+------------+------------------------------------------+ 2 rows in set (0.00 sec)

SQL ステートメントのどのカテゴリが合計時間を最も長く消費しますか?

QPS が 10:00 から 10:30 に大幅に減少した場合、履歴テーブルから最も長い時間を消費した SQL ステートメントの 3 つのカテゴリを見つけることができます。

SELECT sum_latency, avg_latency, exec_count, query_sample_text FROM information_schema.statements_summary_history WHERE summary_begin_time='2020-01-02 10:00:00' ORDER BY sum_latency DESC LIMIT 3;

結果は、次の 3 つのカテゴリの SQL ステートメントが合計で最も長い時間を費やしており、高い優先度で最適化する必要があることを示しています。

+-------------+-------------+------------+-----------------------------------------------------------------------+ | sum_latency | avg_latency | exec_count | query_sample_text | +-------------+-------------+------------+-----------------------------------------------------------------------+ | 7855660 | 1122237 | 7 | select avg(salary) from employee where company_id=2013 | | 7241960 | 1448392 | 5 | select * from employee join company on employee.company_id=company.id | | 2084081 | 1042040 | 2 | select * from employee where name='eric' | +-------------+-------------+------------+-----------------------------------------------------------------------+ 3 rows in set (0.00 sec)

フィールドの説明

statements_summaryフィールドの説明

以下は、 statements_summaryのテーブルのフィールドの説明です。

基本フィールド:

  • STMT_TYPE : SQL ステートメントのタイプ。
  • SCHEMA_NAME : このカテゴリの SQL ステートメントが実行される現在のスキーマ。
  • DIGEST : このカテゴリの SQL ステートメントのダイジェスト。
  • DIGEST_TEXT : 正規化された SQL ステートメント。
  • QUERY_SAMPLE_TEXT : SQL カテゴリの元の SQL ステートメント。元のステートメントは 1 つだけ採用されます。
  • TABLE_NAMES : SQL ステートメントに含まれるすべてのテーブル。複数のテーブルがある場合は、それぞれをカンマで区切ります。
  • INDEX_NAMES : SQL ステートメントで使用されるすべての SQL インデックス。複数のインデックスがある場合は、それぞれをカンマで区切ります。
  • SAMPLE_USER : このカテゴリの SQL ステートメントを実行するユーザー。 1 人のユーザーのみが取得されます。
  • PLAN_DIGEST : 実行計画のダイジェスト。
  • PLAN : 元の実行計画。複数のステートメントがある場合は、1 つのステートメントのみの計画が採用されます。
  • BINARY_PLAN : バイナリ形式でエンコードされた元の実行プラン。複数のステートメントがある場合は、1 つのステートメントのみの計画が採用されます。 SELECT tidb_decode_binary_plan('xxx...')ステートメントを実行して、特定の実行プランを解析します。
  • PLAN_CACHE_HITS : このカテゴリの SQL ステートメントがプラン キャッシュにヒットした合計回数。
  • PLAN_IN_CACHE : このカテゴリの SQL ステートメントの前回の実行がプラン キャッシュにヒットしたかどうかを示します。

実行時間に関連するフィールド:

  • SUMMARY_BEGIN_TIME : 現在の要約期間の開始時刻。
  • SUMMARY_END_TIME : 現在の集計期間の終了時刻。
  • FIRST_SEEN : このカテゴリの SQL ステートメントが初めて表示された時刻。
  • LAST_SEEN : このカテゴリの SQL ステートメントが最後に表示された時刻。

TiDBサーバーに関連するフィールド:

  • EXEC_COUNT : このカテゴリの SQL ステートメントの合計実行時間。
  • SUM_ERRORS : 実行中に発生したエラーの合計。
  • SUM_WARNINGS : 実行中に発生した警告の合計。
  • SUM_LATENCY : このカテゴリの SQL ステートメントの合計実行レイテンシー。
  • MAX_LATENCY : このカテゴリの SQL ステートメントの最大実行レイテンシー。
  • MIN_LATENCY : このカテゴリの SQL ステートメントの最小実行レイテンシー。
  • AVG_LATENCY : このカテゴリの SQL ステートメントの平均実行レイテンシー。
  • AVG_PARSE_LATENCY : パーサーの平均レイテンシー。
  • MAX_PARSE_LATENCY : パーサーの最大レイテンシー。
  • AVG_COMPILE_LATENCY : コンパイラの平均レイテンシー。
  • MAX_COMPILE_LATENCY : コンパイラの最大レイテンシー。
  • AVG_MEM : 使用される平均メモリ(バイト)。
  • MAX_MEM : 使用される最大メモリ(バイト)。
  • AVG_DISK : 使用される平均ディスク容量 (バイト)。
  • MAX_DISK : 使用される最大ディスク容量 (バイト)。

TiKVコプロセッサータスクに関連するフィールド:

  • SUM_COP_TASK_NUM : 送信されたコプロセッサー要求の総数。
  • MAX_COP_PROCESS_TIME :コプロセッサータスクの最大実行時間。
  • MAX_COP_PROCESS_ADDRESS : 最大実行時間のコプロセッサータスクのアドレス。
  • MAX_COP_WAIT_TIME :コプロセッサータスクの最大待ち時間。
  • MAX_COP_WAIT_ADDRESS : 最大待機時間のコプロセッサータスクのアドレス。
  • AVG_PROCESS_TIME : TiKV における SQL ステートメントの平均処理時間。
  • MAX_PROCESS_TIME : TiKV での SQL ステートメントの最大処理時間。
  • AVG_WAIT_TIME : TiKV における SQL ステートメントの平均待ち時間。
  • MAX_WAIT_TIME : TiKV における SQL ステートメントの最大待ち時間。
  • AVG_BACKOFF_TIME : SQL ステートメントで再試行が必要なエラーが発生した場合、再試行までの平均待ち時間。
  • MAX_BACKOFF_TIME : SQL ステートメントで再試行が必要なエラーが発生した場合に、再試行するまでの最大待ち時間。
  • AVG_TOTAL_KEYS :コプロセッサーがスキャンしたキーの平均数。
  • MAX_TOTAL_KEYS :コプロセッサーがスキャンしたキーの最大数。
  • AVG_PROCESSED_KEYS :コプロセッサーが処理したキーの平均数。 avg_total_keysと比較して、 avg_processed_keysは古いバージョンの MVCC が含まれていません。 avg_total_keysavg_processed_keysの大きな違いは、古いバージョンが多数存在することを示しています。
  • MAX_PROCESSED_KEYS :コプロセッサーが処理したキーの最大数。

トランザクション関連フィールド:

  • AVG_PREWRITE_TIME : プリライトフェーズの平均時間。
  • MAX_PREWRITE_TIME : プリライトフェーズの最長時間。
  • AVG_COMMIT_TIME : コミットフェーズの平均時間。
  • MAX_COMMIT_TIME : コミットフェーズの最長時間。
  • AVG_GET_COMMIT_TS_TIME : commit_tsを取得するまでの平均時間。
  • MAX_GET_COMMIT_TS_TIME : commit_tsを取得するまでの最長時間。
  • AVG_COMMIT_BACKOFF_TIME : SQL ステートメントでコミット フェーズ中に再試行が必要なエラーが発生した場合の、再試行までの平均待ち時間。
  • MAX_COMMIT_BACKOFF_TIME : SQL ステートメントでコミット フェーズ中に再試行が必要なエラーが発生した場合、再試行までの最大待機時間。
  • AVG_RESOLVE_LOCK_TIME : トランザクション間で発生したロックの競合を解決するまでの平均時間。
  • MAX_RESOLVE_LOCK_TIME : トランザクション間で発生したロックの競合を解決するのに最も長い時間がかかりました。
  • AVG_LOCAL_LATCH_WAIT_TIME : ローカルトランザクションの平均待ち時間。
  • MAX_LOCAL_LATCH_WAIT_TIME : ローカルトランザクションの最大待ち時間。
  • AVG_WRITE_KEYS : 書き込まれたキーの平均数。
  • MAX_WRITE_KEYS : 書き込まれるキーの最大数。
  • AVG_WRITE_SIZE : 書き込まれたデータの平均量 (バイト単位)。
  • MAX_WRITE_SIZE : 書き込まれるデータの最大量 (バイト単位)。
  • AVG_PREWRITE_REGIONS : 事前書き込みフェーズに含まれるリージョンの平均数。
  • MAX_PREWRITE_REGIONS : 事前書き込みフェーズ中の領域の最大数。
  • AVG_TXN_RETRY : トランザクションの平均再試行回数。
  • MAX_TXN_RETRY : トランザクションの最大再試行回数。
  • SUM_BACKOFF_TIMES : このカテゴリの SQL ステートメントで再試行が必要なエラーが発生した場合の再試行の合計。
  • BACKOFF_TYPES : 再試行が必要なすべてのタイプのエラーと、タイプごとの再試行回数。フィールドの形式はtype:numberです。複数のエラー タイプがある場合は、 txnLock:2,pdRPC:1のように、それぞれをカンマで区切ります。
  • AVG_AFFECTED_ROWS : 影響を受ける行の平均数。
  • PREV_SAMPLE_TEXT : 現在の SQL ステートメントがCOMMITの場合、 PREV_SAMPLE_TEXTCOMMITの前のステートメントです。この場合、SQL ステートメントはダイジェストとprev_sample_textによってグループ化されます。これは、 prev_sample_textが異なるCOMMITのステートメントが異なる行にグループ化されることを意味します。現在の SQL ステートメントがCOMMITはない場合、 PREV_SAMPLE_TEXTフィールドは空の文字列になります。

statements_summary_evictedフィールドの説明

  • BEGIN_TIME : 開始時刻を記録します。
  • END_TIME : 終了時刻を記録します。
  • EVICTED_COUNT : 記録期間中に削除される SQL カテゴリの数。

このページは役に立ちましたか?

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.