PD リカバリ ユーザー ガイド

PD Recover は、PD の災害復旧ツールであり、サービスが正常に起動または提供できない PD クラスターを復旧するために使用されます。

ソースコードからコンパイルする

  • 行く Go モジュールを使用するため、1.20 以降が必要です。
  • PDプロジェクトのルート ディレクトリで、 make pd-recoverコマンドを使用してbin/pd-recoverをコンパイルし、生成します。

ノート:

通常、 PD Controlツールはリリースされたバイナリまたは Docker にすでに存在しているため、ソース コードをコンパイルする必要はありません。ただし、開発者ユーザーは、ソース コードをコンパイルするための上記の手順を参照できます。

TiDB Toolkitをダウンロード

PD Recover インストール パッケージは、 TiDB Toolkitに含まれています。 TiDB Toolkitをダウンロードするには、 TiDB ツールをダウンロードを参照してください。

次のセクションでは、PD クラスターを回復する 2 つの方法、つまり、生き残った PD ノードから回復する方法と、PD クラスター全体を再構築する方法を紹介します。

方法 1: 存続している PD ノードを使用して PD クラスターを回復する

クラスター内の大部分の PD ノードで回復不能なエラーが発生すると、クラスターはサービスを提供できなくなります。生き残っている PD ノードがある場合は、生き残っている PD ノードを選択し、 Raftグループのメンバーを強制的に変更することでサービスを回復できます。手順は次のとおりです。

ステップ 1: すべてのノードを停止する

リカバリプロセス中の PD パラメータとの相互作用によって引き起こされるデータ破損やその他の回復不能なエラーを防ぐには、クラスタ内の TiDB、TiKV、およびTiFlashプロセスを停止します。

ステップ 2: 生き残った PD ノードを起動する

--force-new-cluster起動パラメータを使用して、残っている PD ノードを起動します。以下は例です。

./bin/pd-server --force-new-cluster --name=pd-127.0.0.10-2379 --client-urls=http://0.0.0.0:2379 --advertise-client-urls=http://127.0.0.1:2379 --peer-urls=http://0.0.0.0:2380 --advertise-peer-urls=http://127.0.0.1:2380 --config=conf/pd.toml

ステップ 3: pd-recoverを使用してメタデータを修復する

この方法はサービスを回復するために少数の PD ノードに依存しているため、ノードには古いデータが含まれている可能性があります。 alloc_idtsoデータがロールバックすると、クラスター データが破損するか、使用できなくなる可能性があります。これを防ぐには、 pd-recover使用してメタデータを変更し、ノードが正しい割り当て ID と TSO サービスを提供できるようにする必要があります。以下は例です。

./bin/pd-recover --from-old-member --endpoints=http://127.0.0.1:2379 # Specify the corresponding PD address

ノート:

このステップでは、storage内のalloc_id安全な値100000000だけ自動的に増加します。その結果、後続のクラスターはより大きな ID を割り当てることになります。

さらに、 pd-recoverは TSO を変更しません。したがって、この手順を実行する前に、ローカル時刻が障害が発生した時刻よりも新しいことを確認し、障害が発生する前に PD コンポーネント間で NTP クロック同期サービスが有効になっていることを確認してください。有効になっていない場合は、TSO がロールバックしないようにローカル クロックを将来の時刻に調整する必要があります。

ステップ 4: PD ノードを再起動する

プロンプト メッセージrecovery is successfulが表示されたら、PD ノードを再起動します。

ステップ 5: PD をスケールアウトしてクラスターを開始する

デプロイメント ツールを使用して PD クラスターをスケールアウトし、クラスター内の他のコンポーネントを起動します。この時点で、PD サービスが利用可能になります。

方法 2: PD クラスターを完全に再構築する

この方法は、すべての PD データが失われたものの、TiDB、TiKV、 TiFlashなどの他のコンポーネントのデータがまだ存在しているシナリオに適用できます。

ステップ 1: クラスター ID を取得する

クラスタIDはPD、TiKV、TiDBのログから取得できます。クラスター ID を取得するには、サーバー上でログを直接表示します。

PD ログからクラスター ID を取得するには、次のコマンドを実行します。

cat {{/path/to}}/pd.log | grep "init cluster id"
[2019/10/14 10:35:38.880 +00:00] [INFO] [server.go:212] ["init cluster id"] [cluster-id=6747551640615446306] ...

TiDB ログからクラスター ID を取得する

TiDB ログからクラスター ID を取得するには、次のコマンドを実行します。

cat {{/path/to}}/tidb.log | grep "init cluster id"
2019/10/14 19:23:04.688 client.go:161: [info] [pd] init cluster id 6747551640615446306 ...

TiKV ログからクラスター ID を取得する

TiKV ログからクラスター ID を取得するには、次のコマンドを実行します。

cat {{/path/to}}/tikv.log | grep "connect to PD cluster"
[2019/10/14 07:06:35.278 +00:00] [INFO] [tikv-server.rs:464] ["connect to PD cluster 6747551640615446306"] ...

ステップ 2: 割り当てられた ID を取得する

指定する割り当て ID 値は、現在割り当てられている最大 ID 値より大きくなければなりません。割り当てられた ID を取得するには、モニターから取得するか、サーバー上でログを直接表示します。

モニターから割り当てられた ID を取得するには、表示しているメトリクスが最後の PD リーダーのメトリクスであることを確認する必要があります。PD ダッシュボードの現在の ID 割り当てパネルから最大の割り当て ID を取得できます。

PDログから割り当てられたIDを取得

PD ログから割り当てられた ID を取得するには、表示しているログが最後の PD リーダーのログであることを確認する必要があります。次のコマンドを実行すると、割り当てられた最大 ID を取得できます。

cat {{/path/to}}/pd*.log | grep "idAllocator allocates a new id" | awk -F'=' '{print $2}' | awk -F']' '{print $1}' | sort -r -n | head -n 1
4000 ...

または、すべての PD サーバーで上記のコマンドを実行して、最大の PD サーバーを見つけることもできます。

ステップ 3: 新しい PD クラスターをデプロイ

新しい PD クラスターをデプロイする前に、既存の PD クラスターを停止し、以前のデータ ディレクトリを削除するか、 --data-dirを使用して新しいデータ ディレクトリを指定する必要があります。

ステップ 4: pd-recover を使用する

1 つの PD ノードでpd-recoverを実行するだけで済みます。

./pd-recover -endpoints http://10.0.1.13:2379 -cluster-id 6747551640615446306 -alloc-id 10000

ステップ 5: クラスター全体を再起動する

リカバリが成功したことを示すプロンプト情報が表示されたら、クラスター全体を再起動します。

FAQ

クラスター ID を取得するときに複数のクラスター ID が見つかりました

PD クラスターが作成されると、新しいクラスター ID が生成されます。ログを表示すると、古いクラスターのクラスター ID を確認できます。

pd-recoverを実行すると、エラーdial tcp 10.0.1.13:2379: connect: connection refusedが返される

pd-recoverを実行する場合はPDサービスが必要です。 PD Recover を使用する前に、PD クラスターをデプロイて開始します。

このページは役に立ちましたか?

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.