パーティショニング

このドキュメントでは、TiDB のパーティショニングの実装について紹介します。

パーティショニングの種類

このセクションでは、TiDB のパーティショニングの種類を紹介します。現在、TiDB は範囲分割範囲COLUMNSパーティショニングList パーティショニングList COLUMNS パーティショニングハッシュ分割 、およびキーの分割をサポートしています。

  • レンジ パーティショニング、レンジ COLUMNS パーティショニング、List パーティショニング、およびList COLUMNS パーティショニングは、アプリケーションでの大量の削除によって引き起こされるパフォーマンスの問題を解決するために使用され、パーティションの迅速な削除をサポートします。
  • ハッシュ パーティショニングとキー パーティショニングは、大量の書き込みが行われるシナリオでデータを分散するために使用されます。ハッシュ パーティショニングと比較して、キー パーティショニングは、複数の列のデータの分散と非整数列によるパーティショニングをサポートします。

範囲分割

テーブルが Range によってパーティション化されている場合、各パーティションには、パーティション化式の値が指定された Range 内にある行が含まれます。範囲は連続している必要がありますが、重複してはなりません。 VALUES LESS THANを使用して定義できます。

次のように、人事レコードを含むテーブルを作成する必要があるとします。

CREATE TABLE employees ( id INT NOT NULL, fname VARCHAR(30), lname VARCHAR(30), hired DATE NOT NULL DEFAULT '1970-01-01', separated DATE DEFAULT '9999-12-31', job_code INT, store_id INT NOT NULL );

必要に応じて、さまざまな方法で範囲ごとにテーブルを分割できます。たとえば、 store_id列を使用してパーティション化できます。

CREATE TABLE employees ( id INT NOT NULL, fname VARCHAR(30), lname VARCHAR(30), hired DATE NOT NULL DEFAULT '1970-01-01', separated DATE DEFAULT '9999-12-31', job_code INT, store_id INT NOT NULL ) PARTITION BY RANGE (store_id) ( PARTITION p0 VALUES LESS THAN (6), PARTITION p1 VALUES LESS THAN (11), PARTITION p2 VALUES LESS THAN (16), PARTITION p3 VALUES LESS THAN (21) );

このパーティション スキームでは、 store_idが 1 ~ 5 である従業員に対応するすべての行はp0パーティションに格納され、 store_idが 6 ~ 10 であるすべての従業員はp1に格納されます。範囲パーティション化では、パーティションを最小値から最大値の順に並べる必要があります。

データ(72, 'Tom', 'John', '2015-06-25', NULL, NULL, 15)の行を挿入すると、それはp2パーティションに分類されます。ただし、 store_idが 20 より大きいレコードを挿入すると、TiDB はこのレコードがどのパーティションに挿入されるべきかを認識できないため、エラーが報告されます。この場合、テーブルを作成するときにMAXVALUEを使用できます。

CREATE TABLE employees ( id INT NOT NULL, fname VARCHAR(30), lname VARCHAR(30), hired DATE NOT NULL DEFAULT '1970-01-01', separated DATE DEFAULT '9999-12-31', job_code INT, store_id INT NOT NULL ) PARTITION BY RANGE (store_id) ( PARTITION p0 VALUES LESS THAN (6), PARTITION p1 VALUES LESS THAN (11), PARTITION p2 VALUES LESS THAN (16), PARTITION p3 VALUES LESS THAN MAXVALUE );

MAXVALUE他のすべての整数値よりも大きい整数値を表します。これで、 store_idが 16 (定義された最大値) 以上であるすべてのレコードがp3パーティションに格納されます。

また、 job_code列の値である従業員の職種コードによってテーブルを分割することもできます。 2 桁の職務コードは一般従業員を表し、3 桁のコードはオフィスおよびカスタマー サポート担当者を表し、4 桁のコードは管理職を表すと仮定します。次に、次のようにパーティションテーブルを作成できます。

CREATE TABLE employees ( id INT NOT NULL, fname VARCHAR(30), lname VARCHAR(30), hired DATE NOT NULL DEFAULT '1970-01-01', separated DATE DEFAULT '9999-12-31', job_code INT, store_id INT NOT NULL ) PARTITION BY RANGE (job_code) ( PARTITION p0 VALUES LESS THAN (100), PARTITION p1 VALUES LESS THAN (1000), PARTITION p2 VALUES LESS THAN (10000) );

この例では、一般従業員に関するすべての行がp0パーティションに、すべてのオフィスおよびカスタマー サポート担当者がp1パーティションに、すべての管理担当者がp2パーティションに格納されます。

テーブルをstore_idで分割するだけでなく、日付でテーブルを分割することもできます。たとえば、従業員の離職年ごとに分割できます。

CREATE TABLE employees ( id INT NOT NULL, fname VARCHAR(30), lname VARCHAR(30), hired DATE NOT NULL DEFAULT '1970-01-01', separated DATE DEFAULT '9999-12-31', job_code INT, store_id INT ) PARTITION BY RANGE ( YEAR(separated) ) ( PARTITION p0 VALUES LESS THAN (1991), PARTITION p1 VALUES LESS THAN (1996), PARTITION p2 VALUES LESS THAN (2001), PARTITION p3 VALUES LESS THAN MAXVALUE );

範囲パーティショニングでは、 timestamp列の値に基づいてパーティショニングし、 unix_timestamp()関数を使用できます。次に例を示します。

CREATE TABLE quarterly_report_status ( report_id INT NOT NULL, report_status VARCHAR(20) NOT NULL, report_updated TIMESTAMP NOT NULL DEFAULT CURRENT_TIMESTAMP ON UPDATE CURRENT_TIMESTAMP ) PARTITION BY RANGE ( UNIX_TIMESTAMP(report_updated) ) ( PARTITION p0 VALUES LESS THAN ( UNIX_TIMESTAMP('2008-01-01 00:00:00') ), PARTITION p1 VALUES LESS THAN ( UNIX_TIMESTAMP('2008-04-01 00:00:00') ), PARTITION p2 VALUES LESS THAN ( UNIX_TIMESTAMP('2008-07-01 00:00:00') ), PARTITION p3 VALUES LESS THAN ( UNIX_TIMESTAMP('2008-10-01 00:00:00') ), PARTITION p4 VALUES LESS THAN ( UNIX_TIMESTAMP('2009-01-01 00:00:00') ), PARTITION p5 VALUES LESS THAN ( UNIX_TIMESTAMP('2009-04-01 00:00:00') ), PARTITION p6 VALUES LESS THAN ( UNIX_TIMESTAMP('2009-07-01 00:00:00') ), PARTITION p7 VALUES LESS THAN ( UNIX_TIMESTAMP('2009-10-01 00:00:00') ), PARTITION p8 VALUES LESS THAN ( UNIX_TIMESTAMP('2010-01-01 00:00:00') ), PARTITION p9 VALUES LESS THAN (MAXVALUE) );

タイムスタンプ列を含む他のパーティション式を使用することはできません。

範囲パーティショニングは、次の条件が 1 つ以上満たされる場合に特に役立ちます。

  • 古いデータを削除したい。前の例でemployeesテーブルを使用する場合、 ALTER TABLE employees DROP PARTITION p0;使用するだけで、1991 年より前にこの会社を退職した従業員のすべてのレコードを削除できます。 DELETE FROM employees WHERE YEAR(separated) <= 1990;操作を実行するよりも高速です。
  • 時刻または日付の値が含まれる列、または他の系列から生じた値が含まれる列を使用したいと考えています。
  • パーティション化に使用される列に対してクエリを頻繁に実行する必要があります。たとえば、 EXPLAIN SELECT COUNT(*) FROM employees WHERE separated BETWEEN '2000-01-01' AND '2000-12-31' GROUP BY store_id;のようなクエリを実行すると、他のパーティションはWHERE条件に一致しないため、TiDB はp2パーティションのデータのみをスキャンする必要があることをすぐに認識できます。

範囲COLUMNSパーティショニング

Range COLUMNS パーティショニングは Range パーティショニングの変形です。 1 つ以上の列をパーティション化キーとして使用できます。パーティション列のデータ型は、整数、文字列 ( CHARまたはVARCHAR )、 DATE 、およびDATETIMEです。非 COLUMNS パーティショニングなどの式はサポートされていません。

名前でパーティション分割し、古い無効なデータを削除すると仮定すると、次のようにテーブルを作成できます。

CREATE TABLE t ( valid_until datetime, name varchar(255) CHARACTER SET ascii, notes text ) PARTITION BY RANGE COLUMNS(name, valid_until) (PARTITION `p2022-g` VALUES LESS THAN ('G','2023-01-01 00:00:00'), PARTITION `p2023-g` VALUES LESS THAN ('G','2024-01-01 00:00:00'), PARTITION `p2022-m` VALUES LESS THAN ('M','2023-01-01 00:00:00'), PARTITION `p2023-m` VALUES LESS THAN ('M','2024-01-01 00:00:00'), PARTITION `p2022-s` VALUES LESS THAN ('S','2023-01-01 00:00:00'), PARTITION `p2023-s` VALUES LESS THAN ('S','2024-01-01 00:00:00'))

前述の SQL ステートメントは、データを年と名前の範囲[ ('', ''), ('G', '2023-01-01 00:00:00') )[ ('G', '2023-01-01 00:00:00'), ('G', '2024-01-01 00:00:00') )[ ('G', '2024-01-01 00:00:00'), ('M', '2023-01-01 00:00:00') )[ ('M', '2023-01-01 00:00:00'), ('M', '2024-01-01 00:00:00') )[ ('M', '2024-01-01 00:00:00'), ('S', '2023-01-01 00:00:00') ) 、および[ ('S', '2023-01-01 00:00:00'), ('S', '2024-01-01 00:00:00') )で分割します。これにより、 namevalid_until列の両方でパーティション プルーニングの恩恵を受けながら、無効なデータを簡単に削除できます。この例では、 [,)左が閉じ、右が開いた範囲を示します。たとえば、 [ ('G', '2023-01-01 00:00:00'), ('G', '2024-01-01 00:00:00') ) 、名前が'G'で、年には2023-01-01 00:00:00含まれ、 2023-01-01 00:00:00より大きく2024-01-01 00:00:00より小さいデータ範囲を示します。 (G, 2024-01-01 00:00:00)含まれません。

範囲間隔パーティショニング

範囲間隔パーティション化は範囲パーティション化の拡張機能であり、指定した間隔のパーティションを簡単に作成できます。 v6.3.0 以降、INTERVAL パーティショニングが糖衣構文として TiDB に導入されました。

構文は次のとおりです。

PARTITION BY RANGE [COLUMNS] (<partitioning expression>) INTERVAL (<interval expression>) FIRST PARTITION LESS THAN (<expression>) LAST PARTITION LESS THAN (<expression>) [NULL PARTITION] [MAXVALUE PARTITION]

例えば:

CREATE TABLE employees ( id int unsigned NOT NULL, fname varchar(30), lname varchar(30), hired date NOT NULL DEFAULT '1970-01-01', separated date DEFAULT '9999-12-31', job_code int, store_id int NOT NULL ) PARTITION BY RANGE (id) INTERVAL (100) FIRST PARTITION LESS THAN (100) LAST PARTITION LESS THAN (10000) MAXVALUE PARTITION

次のテーブルが作成されます。

CREATE TABLE `employees` ( `id` int unsigned NOT NULL, `fname` varchar(30) DEFAULT NULL, `lname` varchar(30) DEFAULT NULL, `hired` date NOT NULL DEFAULT '1970-01-01', `separated` date DEFAULT '9999-12-31', `job_code` int DEFAULT NULL, `store_id` int NOT NULL ) PARTITION BY RANGE (`id`) (PARTITION `P_LT_100` VALUES LESS THAN (100), PARTITION `P_LT_200` VALUES LESS THAN (200), ... PARTITION `P_LT_9900` VALUES LESS THAN (9900), PARTITION `P_LT_10000` VALUES LESS THAN (10000), PARTITION `P_MAXVALUE` VALUES LESS THAN (MAXVALUE))

範囲 INTERVAL パーティショニングは範囲の列パーティショニングでも機能します。

例えば:

CREATE TABLE monthly_report_status ( report_id int NOT NULL, report_status varchar(20) NOT NULL, report_date date NOT NULL ) PARTITION BY RANGE COLUMNS (report_date) INTERVAL (1 MONTH) FIRST PARTITION LESS THAN ('2000-01-01') LAST PARTITION LESS THAN ('2025-01-01')

次のテーブルを作成します。

CREATE TABLE `monthly_report_status` ( `report_id` int(11) NOT NULL, `report_status` varchar(20) NOT NULL, `report_date` date NOT NULL ) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8mb4 COLLATE=utf8mb4_bin PARTITION BY RANGE COLUMNS(`report_date`) (PARTITION `P_LT_2000-01-01` VALUES LESS THAN ('2000-01-01'), PARTITION `P_LT_2000-02-01` VALUES LESS THAN ('2000-02-01'), ... PARTITION `P_LT_2024-11-01` VALUES LESS THAN ('2024-11-01'), PARTITION `P_LT_2024-12-01` VALUES LESS THAN ('2024-12-01'), PARTITION `P_LT_2025-01-01` VALUES LESS THAN ('2025-01-01'))

オプションのパラメーターNULL PARTITIONは、定義がPARTITION P_NULL VALUES LESS THAN (<minimum value of the column type>)であるパー​​ティションを作成し、パーティション式がNULLと評価される場合にのみ一致します。 NULLが他の値より小さいとみなされることを説明する範囲パーティショニングによる NULL の処理を参照してください。

オプションのパラメータMAXVALUE PARTITIONは、最後のパーティションをPARTITION P_MAXVALUE VALUES LESS THAN (MAXVALUE)として作成します。

ALTER INTERVAL パーティションテーブル

INTERVAL パーティショニングでは、パーティションの追加と削除のためのより単純な構文も追加されます。

次のステートメントは、最初のパーティションを変更します。値が指定された式より小さいパーティションをすべて削除し、一致したパーティションを新しい最初のパーティションにします。 NULL PARTITION には影響しません。

ALTER TABLE table_name FIRST PARTITION LESS THAN (<expression>)

次のステートメントは最後のパーティションを変更します。これは、より高い範囲と新しいデータ用の余地を持つパーティションをさらに追加することを意味します。指定された式までの現在の間隔で新しいパーティションが追加されます。 MAXVALUE PARTITION存在する場合、データの再編成が必要になるため機能しません。

ALTER TABLE table_name LAST PARTITION LESS THAN (<expression>)

INTERVAL パーティショニングの詳細と制限事項

  • INTERVAL パーティショニング機能には、 CREATE/ALTER TABLE構文のみが含まれます。メタデータに変更はないため、新しい構文で作成または変更されたテーブルは引き続き MySQL と互換性があります。
  • MySQL の互換性を維持するために、 SHOW CREATE TABLEの出力形式に変更はありません。
  • 新しいALTER構文は、INTERVAL に準拠する既存のテーブルに適用されます。これらのテーブルをINTERVAL構文で作成する必要はありません。
  • RANGE COLUMNSの場合、整数、日付、および日時の列タイプのみがサポートされます。

List パーティショニング

リストパーティションテーブルを作成する前に、セッション変数の値をtidb_enable_list_partitionからONに設定する必要があります。

set @@session.tidb_enable_list_partition = ON

また、 tidb_enable_table_partitionがデフォルト設定であるONに設定されていることを確認してください。

List パーティショニングはレンジ パーティショニングと似ています。レンジ パーティション化とは異なり、List パーティショニングでは、各パーティション内のすべての行のパーティション式の値は、指定された値セット内にあります。各パーティションに定義されたこの値セットには、任意の数の値を含めることができますが、重複した値を含めることはできません。 PARTITION ... VALUES IN (...)句を使用して値セットを定義できます。

人事記録テーブルを作成するとします。次のようにテーブルを作成できます。

CREATE TABLE employees ( id INT NOT NULL, hired DATE NOT NULL DEFAULT '1970-01-01', store_id INT );

次の表に示すように、20 店舗が 4 つの地区に分散していると仮定します。

| Region | Store ID Numbers | | ------- | -------------------- | | North | 1, 2, 3, 4, 5 | | East | 6, 7, 8, 9, 10 | | West | 11, 12, 13, 14, 15 | | Central | 16, 17, 18, 19, 20 |

同じ地域の従業員の人事データを同じパーティションに保存する場合は、 store_idに基づいてリストパーティションテーブルを作成できます。

CREATE TABLE employees ( id INT NOT NULL, hired DATE NOT NULL DEFAULT '1970-01-01', store_id INT ) PARTITION BY LIST (store_id) ( PARTITION pNorth VALUES IN (1, 2, 3, 4, 5), PARTITION pEast VALUES IN (6, 7, 8, 9, 10), PARTITION pWest VALUES IN (11, 12, 13, 14, 15), PARTITION pCentral VALUES IN (16, 17, 18, 19, 20) );

上記のようにパーティションを作成した後、テーブル内の特定の領域に関連するレコードを簡単に追加または削除できます。たとえば、東地域 (East) のすべての店舗が別の会社に売却されたとします。次に、 ALTER TABLE employees TRUNCATE PARTITION pEastを実行することで、この地域の店舗従業員に関連するすべての行データを削除できます。これは、同等のステートメントDELETE FROM employees WHERE store_id IN (6, 7, 8, 9, 10)よりもはるかに効率的です。

ALTER TABLE employees DROP PARTITION pEastを実行して関連する行をすべて削除することもできますが、このステートメントではテーブル定義からpEastパーティションも削除されます。この状況では、 ALTER TABLE ... ADD PARTITIONステートメントを実行して、テーブルの元のパーティション スキームを回復する必要があります。

レンジ パーティショニングとは異なり、List パーティショニングには、他のパーティションに属さないすべての値を格納するための同様のMAXVALUEパーティションがありません。代わりに、パーティション式のすべての期待値をPARTITION ... VALUES IN (...)句に含める必要があります。 INSERTステートメントに挿入される値がパーティションの列値セットと一致しない場合、ステートメントは実行に失敗し、エラーが報告されます。次の例を参照してください。

test> CREATE TABLE t ( a INT, b INT ) PARTITION BY LIST (a) ( PARTITION p0 VALUES IN (1, 2, 3), PARTITION p1 VALUES IN (4, 5, 6) ); Query OK, 0 rows affected (0.11 sec) test> INSERT INTO t VALUES (7, 7); ERROR 1525 (HY000): Table has no partition for value 7

上記のエラー タイプを無視するには、 IGNOREキーワードを使用できます。このキーワードを使用した後、どのパーティションの列値セットにも一致しない値が行に含まれている場合、この行は挿入されません。代わりに、一致する値を持つ行が挿入され、エラーは報告されません。

test> TRUNCATE t; Query OK, 1 row affected (0.00 sec) test> INSERT IGNORE INTO t VALUES (1, 1), (7, 7), (8, 8), (3, 3), (5, 5); Query OK, 3 rows affected, 2 warnings (0.01 sec) Records: 5 Duplicates: 2 Warnings: 2 test> select * from t; +------+------+ | a | b | +------+------+ | 5 | 5 | | 1 | 1 | | 3 | 3 | +------+------+ 3 rows in set (0.01 sec)

List COLUMNS パーティショニング

List COLUMNS パーティショニングは、List パーティショニングの変形です。複数の列をパーティション キーとして使用できます。整数データ型のほかに、文字列、 DATE 、およびDATETIMEデータ型の列をパーティション列として使用することもできます。

次の表に示すように、次の 12 都市の店舗従業員を 4 つの地域に分割するとします。

| Region | Cities | | :----- | ------------------------------ | | 1 | LosAngeles,Seattle, Houston | | 2 | Chicago, Columbus, Boston | | 3 | NewYork, LongIsland, Baltimore | | 4 | Atlanta, Raleigh, Cincinnati |

以下に示すように、 List COLUMNS パーティショニングを使用してテーブルを作成し、従業員の都市に対応するパーティションに各行を格納できます。

CREATE TABLE employees_1 ( id INT NOT NULL, fname VARCHAR(30), lname VARCHAR(30), hired DATE NOT NULL DEFAULT '1970-01-01', separated DATE DEFAULT '9999-12-31', job_code INT, store_id INT, city VARCHAR(15) ) PARTITION BY LIST COLUMNS(city) ( PARTITION pRegion_1 VALUES IN('LosAngeles', 'Seattle', 'Houston'), PARTITION pRegion_2 VALUES IN('Chicago', 'Columbus', 'Boston'), PARTITION pRegion_3 VALUES IN('NewYork', 'LongIsland', 'Baltimore'), PARTITION pRegion_4 VALUES IN('Atlanta', 'Raleigh', 'Cincinnati') );

List パーティショニングとは異なり、List COLUMNS パーティショニングでは、列値を整数に変換するためにCOLUMNS()句の式を使用する必要はありません。

次の例に示すように、List COLUMNS パーティショニングは、タイプDATEおよびDATETIMEの列を使用して実装することもできます。この例では、前のemployees_1テーブルと同じ名前と列を使用しますが、 hired列に基づいてList COLUMNS パーティショニングを使用します。

CREATE TABLE employees_2 ( id INT NOT NULL, fname VARCHAR(30), lname VARCHAR(30), hired DATE NOT NULL DEFAULT '1970-01-01', separated DATE DEFAULT '9999-12-31', job_code INT, store_id INT, city VARCHAR(15) ) PARTITION BY LIST COLUMNS(hired) ( PARTITION pWeek_1 VALUES IN('2020-02-01', '2020-02-02', '2020-02-03', '2020-02-04', '2020-02-05', '2020-02-06', '2020-02-07'), PARTITION pWeek_2 VALUES IN('2020-02-08', '2020-02-09', '2020-02-10', '2020-02-11', '2020-02-12', '2020-02-13', '2020-02-14'), PARTITION pWeek_3 VALUES IN('2020-02-15', '2020-02-16', '2020-02-17', '2020-02-18', '2020-02-19', '2020-02-20', '2020-02-21'), PARTITION pWeek_4 VALUES IN('2020-02-22', '2020-02-23', '2020-02-24', '2020-02-25', '2020-02-26', '2020-02-27', '2020-02-28') );

さらに、 COLUMNS()句に複数の列を追加することもできます。例えば:

CREATE TABLE t ( id int, name varchar(10) ) PARTITION BY LIST COLUMNS(id,name) ( partition p0 values IN ((1,'a'),(2,'b')), partition p1 values IN ((3,'c'),(4,'d')), partition p3 values IN ((5,'e'),(null,null)) );

ハッシュ分割

ハッシュ パーティショニングは、データが特定の数のパーティションに均等に分散されるようにするために使用されます。レンジ パーティション化では、レンジ パーティション化を使用する場合は各パーティションの列値の範囲を指定する必要がありますが、ハッシュ パーティション化を使用する場合はパーティションの数を指定するだけで済みます。

ハッシュパーティションテーブルを作成するには、 CREATE TABLEステートメントにPARTITION BY HASH (expr)句を追加する必要があります。 exprは整数を返す式です。この列の型が整数の場合は、列名を指定できます。さらに、 PARTITIONS num追加する必要がある場合もありますnumは、テーブルが分割されるパーティションの数を示す正の整数です。

次の操作では、 store_idずつ 4 つのパーティションに分割されたハッシュパーティションテーブルが作成されます。

CREATE TABLE employees ( id INT NOT NULL, fname VARCHAR(30), lname VARCHAR(30), hired DATE NOT NULL DEFAULT '1970-01-01', separated DATE DEFAULT '9999-12-31', job_code INT, store_id INT ) PARTITION BY HASH(store_id) PARTITIONS 4;

PARTITIONS numが指定されていない場合、デフォルトのパーティション数は 1 です。

exprの整数を返す SQL 式を使用することもできます。たとえば、テーブルを雇用年ごとにパーティション化できます。

CREATE TABLE employees ( id INT NOT NULL, fname VARCHAR(30), lname VARCHAR(30), hired DATE NOT NULL DEFAULT '1970-01-01', separated DATE DEFAULT '9999-12-31', job_code INT, store_id INT ) PARTITION BY HASH( YEAR(hired) ) PARTITIONS 4;

最も効率的なハッシュ関数は、単一のテーブル列を操作し、その値が列の値に応じて増加または減少する関数です。

たとえば、 date_colは​​型がDATEである列で、 TO_DAYS(date_col)式の値はdate_colの値に応じて変化します。 YEAR(date_col)TO_DAYS(date_col)とは異なりますdate_colで考えられるすべての変更がYEAR(date_col)で同等の変更を生み出すわけではないからです。

対照的に、タイプがINTint_col列があると仮定します。ここで、式POW(5-int_col,3) + 6について考えてみましょう。ただし、 int_colの値が変化しても式の結果は比例して変化しないため、これは良いハッシュ関数とは言えません。 int_colの値を変更すると、式の結果が大きく変わる可能性があります。たとえば、 int_col 5 から 6 に変化すると、式の結果の変化は -1 になります。ただし、 int_col 6 から 7 に変化すると、結果の変化は -7 になる可能性があります。

結論として、式の形式がy = cxに近いほど、ハッシュ関数としてより適しています。式が非線形であればあるほど、パーティション間でデータが不均一に分散する傾向があるためです。

理論的には、プルーニングは複数の列値を含む式に対しても可能ですが、そのような式のうちどれが適切であるかを判断することは非常に難しく、時間がかかる場合があります。このため、複数の列を含むハッシュ式の使用は特に推奨されません。

PARTITION BY HASHを使用する場合、TiDB は式の結果の係数に基づいてデータがどのパーティションに分類されるかを決定します。つまり、パーティショニング式がexprで、パーティション数がnumの場合、データが格納されるパーティションはMOD(expr, num)によって決まります。 t1が次のように定義されているとします。

CREATE TABLE t1 (col1 INT, col2 CHAR(5), col3 DATE) PARTITION BY HASH( YEAR(col3) ) PARTITIONS 4;

データ行をt1に挿入し、 col3の値が「2005-09-15」である場合、この行はパーティション 1 に挿入されます。

MOD(YEAR('2005-09-01'),4) = MOD(2005,4) = 1

キーの分割

v7.0.0 以降、TiDB はキー パーティショニングをサポートします。 v7.0.0 より前の TiDB バージョンの場合、Keyパーティションテーブルを作成しようとすると、TiDB はそれを非パーティションテーブルとして作成し、警告を返します。

キー パーティショニングとハッシュ パーティショニングはどちらも、データを一定数のパーティションに均等に分散できます。違いは、ハッシュ パーティショニングでは指定された整数式または整数列に基づくデータの分散のみがサポートされるのに対し、キー パーティショニングでは列リストに基づいたデータの分散がサポートされ、キー パーティショニングのパーティショニング列は整数型に限定されないことです。 TiDB のキー分割のハッシュ アルゴリズムは MySQL のアルゴリズムとは異なるため、テーブル データの分散も異なります。

Keyパーティションテーブルを作成するには、 CREATE TABLEステートメントにPARTITION BY KEY (columList)句を追加する必要があります。 columListは、1 つ以上の列名を含む列リストです。リスト内の各列のデータ型は、 BLOBJSON 、およびGEOMETRYを除く任意の型にすることができます (TiDB はGEOMETRYサポートしていないことに注意してください)。さらに、 PARTITIONS num ( numはテーブルが分割されるパーティションの数を示す正の整数) を追加したり、パーティション名の定義を追加したりする必要がある場合があります。たとえば、 (PARTITION p0, PARTITION p1)を追加すると、テーブルがp0p1という名前の 2 つのパーティションに分割されることになります。

次の操作では、キーパーティションテーブルが作成され、 store_idずつ 4 つのパーティションに分割されます。

CREATE TABLE employees ( id INT NOT NULL, fname VARCHAR(30), lname VARCHAR(30), hired DATE NOT NULL DEFAULT '1970-01-01', separated DATE DEFAULT '9999-12-31', job_code INT, store_id INT ) PARTITION BY KEY(store_id) PARTITIONS 4;

PARTITIONS numが指定されていない場合、デフォルトのパーティション数は 1 です。

VARCHAR などの非整数列に基づいてキーパーティションテーブルを作成することもできます。たとえば、テーブルをfname列ごとにパーティション化できます。

CREATE TABLE employees ( id INT NOT NULL, fname VARCHAR(30), lname VARCHAR(30), hired DATE NOT NULL DEFAULT '1970-01-01', separated DATE DEFAULT '9999-12-31', job_code INT, store_id INT ) PARTITION BY KEY(fname) PARTITIONS 4;

複数の列に基づいてキーパーティションテーブルを作成することもできます。たとえば、 fnamestore_idに基づいてテーブルを 4 つのパーティションに分割できます。

CREATE TABLE employees ( id INT NOT NULL, fname VARCHAR(30), lname VARCHAR(30), hired DATE NOT NULL DEFAULT '1970-01-01', separated DATE DEFAULT '9999-12-31', job_code INT, store_id INT ) PARTITION BY KEY(fname, store_id) PARTITIONS 4;

現在、TiDB は、 PARTITION BY KEYで指定されたパーティション列リストが空の場合、キー パーティション テーブルの作成をサポートしていません。たとえば、次のステートメントを実行すると、TiDB は非パーティションテーブルを作成し、警告Unsupported partition type KEY, treat as normal tableを返します。

CREATE TABLE employees ( id INT NOT NULL, fname VARCHAR(30), lname VARCHAR(30), hired DATE NOT NULL DEFAULT '1970-01-01', separated DATE DEFAULT '9999-12-31', job_code INT, store_id INT ) PARTITION BY KEY() PARTITIONS 4;

TiDB がリニア ハッシュ パーティションを処理する方法

v6.4.0 より前では、TiDB でMySQL 線形ハッシュパーティションの DDL ステートメントを実行すると、TiDB は非パーティションテーブルのみを作成できました。この場合、TiDB でパーティション化されたテーブルを引き続き使用したい場合は、DDL ステートメントを変更する必要があります。

v6.4.0 以降、TiDB は MySQL PARTITION BY LINEAR HASH構文の解析をサポートしますが、その中のLINEARキーワードは無視されます。 MySQL Linear Hash パーティションの既存の DDL および DML ステートメントがある場合は、それらを変更せずに TiDB で実行できます。

  • MySQL リニア ハッシュ パーティションのCREATEステートメントの場合、TiDB は非リニア ハッシュパーティションテーブルを作成します (TiDB にはリニア ハッシュパーティションテーブルがないことに注意してください)。パーティション数が 2 の累乗の場合、TiDB ハッシュパーティションテーブルの行は、MySQL Linear Hashパーティションテーブルの行と同じように分散されます。それ以外の場合、TiDB でのこれらの行の分散は MySQL とは異なります。これは、非線形パーティション テーブルでは単純な「パーティションの剰余数」が使用されるのに対し、線形パーティション テーブルでは「2 の次の累乗を法とし、パーティション数と次の 2 の累乗の間で値を折り畳む」が使用されるためです。詳細は#38450を参照してください。

  • MySQL Linear Hash パーティションの他のすべてのステートメントは、TiDB でも MySQL と同じように機能します。ただし、パーティションの数が 2 のべき乗ではない場合、行の分散方法が異なります。これにより、 パーティションの選択TRUNCATE PARTITION 、およびEXCHANGE PARTITION

TiDB がリニア キー パーティションを処理する方法

v7.0.0 以降、TiDB はキー分割のための MySQL PARTITION BY LINEAR KEY構文の解析をサポートします。ただし、TiDB はLINEARキーワードを無視し、代わりに非線形ハッシュ アルゴリズムを使用します。

v7.0.0 より前では、Keyパーティションテーブルを作成しようとすると、TiDB はそれを非パーティションテーブルとして作成し、警告を返します。

TiDB パーティショニングによる NULL の処理方法

TiDB では、パーティショニング式の計算結果としてNULLを使用することが許可されています。

注記:

NULLは整数ではありません。 TiDB のパーティショニング実装では、 ORDER BYと同様に、 NULLが他の整数値よりも小さいものとして扱われます。

範囲パーティショニングによる NULL の処理

Range でパーティション分割されたテーブルに行を挿入し、パーティションの決定に使用される列の値がNULLである場合、この行は最下位のパーティションに挿入されます。

CREATE TABLE t1 ( c1 INT, c2 VARCHAR(20) ) PARTITION BY RANGE(c1) ( PARTITION p0 VALUES LESS THAN (0), PARTITION p1 VALUES LESS THAN (10), PARTITION p2 VALUES LESS THAN MAXVALUE );
Query OK, 0 rows affected (0.09 sec)
select * from t1 partition(p0);
+------|--------+ | c1 | c2 | +------|--------+ | NULL | mothra | +------|--------+ 1 row in set (0.00 sec)
select * from t1 partition(p1);
Empty set (0.00 sec)
select * from t1 partition(p2);
Empty set (0.00 sec)

p0パーティションを削除し、結果を確認します。

alter table t1 drop partition p0;
Query OK, 0 rows affected (0.08 sec)
select * from t1;
Empty set (0.00 sec)

ハッシュ分割による NULL の処理

ハッシュによってテーブルをパーティション分割する場合、 NULL値を処理する別の方法があります。パーティション式の計算結果がNULLの場合、それは0とみなされます。

CREATE TABLE th ( c1 INT, c2 VARCHAR(20) ) PARTITION BY HASH(c1) PARTITIONS 2;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
INSERT INTO th VALUES (NULL, 'mothra'), (0, 'gigan');
Query OK, 2 rows affected (0.04 sec)
select * from th partition (p0);
+------|--------+ | c1 | c2 | +------|--------+ | NULL | mothra | | 0 | gigan | +------|--------+ 2 rows in set (0.00 sec)
select * from th partition (p1);
Empty set (0.00 sec)

挿入されたレコード(NULL, 'mothra') (0, 'gigan')と同じパーティションに分類されることがわかります。

注記:

TiDB のハッシュ パーティションによるNULL値はMySQL パーティショニングによる NULL の処理方法で説明したのと同じ方法で処理されますが、これは MySQL の実際の動作と一致しません。言い換えれば、この場合の MySQL の実装はそのドキュメントと一致していません。

この場合、TiDB の実際の動作はこのドキュメントの説明と一致します。

キー分割による NULL の処理

キー分割の場合、 NULL値の処理方法はハッシュ分割の方法と一致します。パーティション化フィールドの値がNULLの場合、それは0として扱われます。

パーティション管理

RANGERANGE COLUMNSLIST 、およびLIST COLUMNSパーティション テーブルの場合、次のようにパーティションを管理できます。

  • ALTER TABLE <table name> ADD PARTITION (<partition specification>)ステートメントを使用してパーティションを追加します。
  • ALTER TABLE <table name> DROP PARTITION <list of partitions>ステートメントを使用してパーティションを削除します。
  • ALTER TABLE <table name> TRUNCATE PARTITION <list of partitions>ステートメントを使用して、指定されたパーティションからすべてのデータを削除します。 TRUNCATE PARTITIONのロジックはTRUNCATE TABLEと似ていますが、パーティション用です。
  • ALTER TABLE <table name> REORGANIZE PARTITION <list of partitions> INTO (<new partition definitions>)ステートメントを使用して、パーティションの結合、分割、またはその他の変更を行います。

HASHおよびKEYパーティション分割テーブルの場合、次のようにパーティションを管理できます。

  • ALTER TABLE <table name> COALESCE PARTITION <number of partitions to decrease by>ステートメントを使用してパーティションの数を減らします。この操作では、テーブル全体を新しい数のパーティションにオンラインでコピーすることにより、パーティションが再編成されます。
  • ALTER TABLE <table name> ADD PARTITION <number of partitions to increase by | (additional partition definitions)>ステートメントを使用してパーティションの数を増やします。この操作では、テーブル全体を新しい数のパーティションにオンラインでコピーすることにより、パーティションが再編成されます。
  • ALTER TABLE <table name> TRUNCATE PARTITION <list of partitions>ステートメントを使用して、指定されたパーティションからすべてのデータを削除します。 TRUNCATE PARTITIONのロジックはTRUNCATE TABLEと似ていますが、パーティション用です。

EXCHANGE PARTITION RENAME TABLE t1 TO t1_tmp, t2 TO t1, t1_tmp TO t2ようなテーブルの名前変更の仕組みと同様に、パーティションと非パーティションテーブルを交換することによって機能します。

たとえば、 ALTER TABLE partitioned_table EXCHANGE PARTITION p1 WITH TABLE non_partitioned_table partitioned_tableテーブルp1パーティションをnon_partitioned_tableテーブルと交換します。

パーティションに交換するすべての行がパーティション定義と一致していることを確認してください。そうしないと、ステートメントは失敗します。

TiDB には、 EXCHANGE PARTITIONに影響を与える可能性のある特定の機能がいくつかあることに注意してください。テーブル構造にそのような機能が含まれている場合は、 EXCHANGE PARTITION MySQL の EXCHANGE PARTITION 条件を満たすことを確認する必要があります。一方、これらの特定の機能がパーティション化されたテーブルと非パーティション化されたテーブルの両方で同じように定義されていることを確認してください。これらの具体的な機能には次のようなものがあります。

  • TiFlash : TiFlashレプリカの数は同じです。
  • クラスター化インデックス : パーティション化されたテーブルと非パーティション化テーブルが両方ともCLUSTERED 、または両方ともNONCLUSTEREDです。

さらに、 EXCHANGE PARTITIONと他のコンポーネントとの互換性には制限があります。パーティション化テーブルと非パーティション化テーブルの両方に同じ定義が必要です。

  • TiFlash: パーティション化テーブルと非パーティション化テーブルのTiFlashレプリカ定義が異なる場合、 EXCHANGE PARTITION操作は実行できません。
  • TiCDC: TiCDC は、パーティション化テーブルと非パーティション化テーブルの両方に主キーまたは一意キーがある場合、 EXCHANGE PARTITION操作をレプリケートします。そうしないと、TiCDC は操作を複製しません。
  • TiDB LightningおよびBR: TiDB Lightningを使用したインポート中、またはBRを使用したリストア中にEXCHANGE PARTITION操作を実行しません。

範囲、範囲 COLUMNS、リスト、およびリスト COLUMNS パーティションの管理

このセクションでは、次の SQL ステートメントによって作成されたパーティション テーブルを例として使用し、範囲パーティションとリスト パーティションを管理する方法を示します。

CREATE TABLE members ( id int, fname varchar(255), lname varchar(255), dob date, data json ) PARTITION BY RANGE (YEAR(dob)) ( PARTITION pBefore1950 VALUES LESS THAN (1950), PARTITION p1950 VALUES LESS THAN (1960), PARTITION p1960 VALUES LESS THAN (1970), PARTITION p1970 VALUES LESS THAN (1980), PARTITION p1980 VALUES LESS THAN (1990), PARTITION p1990 VALUES LESS THAN (2000)); CREATE TABLE member_level ( id int, level int, achievements json ) PARTITION BY LIST (level) ( PARTITION l1 VALUES IN (1), PARTITION l2 VALUES IN (2), PARTITION l3 VALUES IN (3), PARTITION l4 VALUES IN (4), PARTITION l5 VALUES IN (5));

パーティションを削除する

ALTER TABLE members DROP PARTITION p1990; ALTER TABLE member_level DROP PARTITION l5;

パーティションの切り詰め

ALTER TABLE members TRUNCATE PARTITION p1980; ALTER TABLE member_level TRUNCATE PARTITION l4;

パーティションの追加

ALTER TABLE members ADD PARTITION (PARTITION `p1990to2010` VALUES LESS THAN (2010)); ALTER TABLE member_level ADD PARTITION (PARTITION l5_6 VALUES IN (5,6));

レンジパーティションテーブルの場合、 ADD PARTITIONは最後の既存のパーティションの後に新しいパーティションを追加します。既存のパーティションと比較して、新しいパーティションの場合はVALUES LESS THANで定義した値が大きくなければなりません。それ以外の場合は、エラーが報告されます。

ALTER TABLE members ADD PARTITION (PARTITION p1990 VALUES LESS THAN (2000));
ERROR 1493 (HY000): VALUES LESS THAN value must be strictly increasing for each partition

パーティションを再編成する

パーティションを分割します。

ALTER TABLE members REORGANIZE PARTITION `p1990to2010` INTO (PARTITION p1990 VALUES LESS THAN (2000), PARTITION p2000 VALUES LESS THAN (2010), PARTITION p2010 VALUES LESS THAN (2020), PARTITION p2020 VALUES LESS THAN (2030), PARTITION pMax VALUES LESS THAN (MAXVALUE)); ALTER TABLE member_level REORGANIZE PARTITION l5_6 INTO (PARTITION l5 VALUES IN (5), PARTITION l6 VALUES IN (6));

パーティションを結合します。

ALTER TABLE members REORGANIZE PARTITION pBefore1950,p1950 INTO (PARTITION pBefore1960 VALUES LESS THAN (1960)); ALTER TABLE member_level REORGANIZE PARTITION l1,l2 INTO (PARTITION l1_2 VALUES IN (1,2));

パーティションスキーム定義を変更します。

ALTER TABLE members REORGANIZE PARTITION pBefore1960,p1960,p1970,p1980,p1990,p2000,p2010,p2020,pMax INTO (PARTITION p1800 VALUES LESS THAN (1900), PARTITION p1900 VALUES LESS THAN (2000), PARTITION p2000 VALUES LESS THAN (2100)); ALTER TABLE member_level REORGANIZE PARTITION l1_2,l3,l4,l5,l6 INTO (PARTITION lOdd VALUES IN (1,3,5), PARTITION lEven VALUES IN (2,4,6));

パーティションを再編成するときは、次の重要な点に注意する必要があります。

  • パーティションの再編成 (パーティションの結合または分割を含む) では、リストされたパーティションを新しいパーティション定義のセットに変更できますが、パーティション化のタイプを変更することはできません (たとえば、List タイプを Range タイプに変更したり、Range COLUMNS タイプを Range に変更したりすることはできません)。タイプ)。

  • 範囲パーティション テーブルの場合、そのテーブル内の隣接するパーティションのみを再編成できます。

    ALTER TABLE members REORGANIZE PARTITION p1800,p2000 INTO (PARTITION p2000 VALUES LESS THAN (2100));
    ERROR 8200 (HY000): Unsupported REORGANIZE PARTITION of RANGE; not adjacent partitions
  • レンジパーティションテーブルの場合、範囲の末尾を変更するには、 VALUES LESS THANで定義した新しい末尾が最後のパーティションの既存の行をカバーする必要があります。それ以外の場合は、既存の行が適合しなくなり、エラーが報告されます。

    INSERT INTO members VALUES (313, "John", "Doe", "2022-11-22", NULL); ALTER TABLE members REORGANIZE PARTITION p2000 INTO (PARTITION p2000 VALUES LESS THAN (2050)); -- This statement will work as expected, because 2050 covers the existing rows. ALTER TABLE members REORGANIZE PARTITION p2000 INTO (PARTITION p2000 VALUES LESS THAN (2020)); -- This statement will fail with an error, because 2022 does not fit in the new range.
    ERROR 1526 (HY000): Table has no partition for value 2022
  • リストパーティションテーブルの場合、パーティションに定義された値のセットを変更するには、新しい定義がそのパーティション内の既存の値をカバーする必要があります。それ以外の場合は、エラーが報告されます。

    INSERT INTO member_level (id, level) values (313, 6); ALTER TABLE member_level REORGANIZE PARTITION lEven INTO (PARTITION lEven VALUES IN (2,4));
    ERROR 1526 (HY000): Table has no partition for value 6
  • パーティションが再編成されると、対応するパーティションの統計が古くなるため、次の警告が表示されます。この場合、 ANALYZE TABLEステートメントを使用して統計を更新できます。

    +---------+------+--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ | Level | Code | Message | +---------+------+--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ | Warning | 1105 | The statistics of related partitions will be outdated after reorganizing partitions. Please use 'ANALYZE TABLE' statement if you want to update it now | +---------+------+--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ 1 row in set (0.00 sec)

ハッシュとキーのパーティションを管理する

このセクションでは、次の SQL ステートメントによって作成されたパーティションテーブルを例として使用して、ハッシュ パーティションを管理する方法を示します。キー パーティションの場合も、同じ管理ステートメントを使用できます。

CREATE TABLE example ( id INT PRIMARY KEY, data VARCHAR(1024) ) PARTITION BY HASH(id) PARTITIONS 2;

パーティションの数を増やす

exampleテーブルのパーティション数を 1 つ増やします (2 から 3)。

ALTER TABLE example ADD PARTITION PARTITIONS 1;

パーティション定義を追加して、パーティション オプションを指定することもできます。たとえば、次のステートメントを使用してパーティションの数を 3 から 5 に増やし、新しく追加したパーティションの名前をpExample4およびpExample5として指定できます。

ALTER TABLE example ADD PARTITION (PARTITION pExample4 COMMENT = 'not p3, but pExample4 instead', PARTITION pExample5 COMMENT = 'not p4, but pExample5 instead');

パーティションの数を減らす

レンジ パーティションとList パーティショニングとは異なり、ハッシュ パーティションとキー パーティションではDROP PARTITIONはサポートされていませんが、 COALESCE PARTITIONでパーティションの数を減らしたり、 TRUNCATE PARTITIONで特定のパーティションからすべてのデータを削除したりできます。

exampleテーブルのパーティション数を 1 つ減らします (5 から 4 に)。

ALTER TABLE example COALESCE PARTITION 1;

注記:

ハッシュまたはキー パーティション テーブルのパーティション数を変更するプロセスでは、すべてのデータを新しいパーティション数にコピーすることでパーティションが再編成されます。したがって、ハッシュ パーティション テーブルまたはキーパーティションテーブルのパーティション数を変更すると、古い統計に関する次の警告が表示されます。この場合、 ANALYZE TABLEステートメントを使用して統計を更新できます。

+---------+------+--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ | Level | Code | Message | +---------+------+--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ | Warning | 1105 | The statistics of related partitions will be outdated after reorganizing partitions. Please use 'ANALYZE TABLE' statement if you want to update it now | +---------+------+--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ 1 row in set (0.00 sec)

exampleテーブルがどのように構成されているかをよりよく理解するには、 exampleテーブルを再作成するために使用される SQL ステートメントを次のように示します。

SHOW CREATE TABLE\G
*************************** 1. row *************************** Table: example Create Table: CREATE TABLE `example` ( `id` int(11) NOT NULL, `data` varchar(1024) DEFAULT NULL, PRIMARY KEY (`id`) /*T![clustered_index] CLUSTERED */ ) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8mb4 COLLATE=utf8mb4_bin PARTITION BY HASH (`id`) (PARTITION `p0`, PARTITION `p1`, PARTITION `p2`, PARTITION `pExample4` COMMENT 'not p3, but pExample4 instead') 1 row in set (0.01 sec)

パーティションの切り詰め

パーティションからすべてのデータを削除します。

ALTER TABLE example TRUNCATE PARTITION p0;
Query OK, 0 rows affected (0.03 sec)

パーティションのプルーニング

パーティションのプルーニングは、一致しないパーティションをスキャンしないという非常に単純なアイデアに基づいた最適化です。

パーティションテーブルt1を作成するとします。

CREATE TABLE t1 ( fname VARCHAR(50) NOT NULL, lname VARCHAR(50) NOT NULL, region_code TINYINT UNSIGNED NOT NULL, dob DATE NOT NULL ) PARTITION BY RANGE( region_code ) ( PARTITION p0 VALUES LESS THAN (64), PARTITION p1 VALUES LESS THAN (128), PARTITION p2 VALUES LESS THAN (192), PARTITION p3 VALUES LESS THAN MAXVALUE );

このSELECTステートメントの結果を取得したい場合:

SELECT fname, lname, region_code, dob FROM t1 WHERE region_code > 125 AND region_code < 130;

結果がp1またはp2パーティションのいずれかに該当することは明らかです。つまり、 p1p2で一致する行を検索するだけで済みます。不要なパーティションを除外することは、いわゆる「プルーニング」です。オプティマイザがパーティションの一部を削除できる場合、パーティションテーブルでのクエリの実行は、パーティション化されていないパーティションテーブルでのクエリの実行よりもはるかに高速になります。

オプティマイザーは、次の 2 つのシナリオでWHERE条件を通じてパーティションをプルーニングできます。

  • パーティション列 = 定数
  • パーティション列 IN (定数 1、定数 2、...、定数 N)

現在、パーティション プルーニングはLIKE条件では機能しません。

パーティションプルーニングが有効になるいくつかのケース

  1. パーティション プルーニングではパーティションテーブルのクエリ条件を使用するため、プランナーの最適化ルールに従ってクエリ条件をパーティションテーブルにプッシュダウンできない場合、パーティション プルーニングはこのクエリには適用されません。

    例えば:

    create table t1 (x int) partition by range (x) ( partition p0 values less than (5), partition p1 values less than (10)); create table t2 (x int);
    explain select * from t1 left join t2 on t1.x = t2.x where t2.x > 5;

    このクエリでは、左側結合が内部結合に変換され、 t1.x = t2.xt2.x > 5からt1.x > 5が導出されるため、パーティション プルーニングに使用でき、パーティションp1のみが残ります。

    explain select * from t1 left join t2 on t1.x = t2.x and t2.x > 5;

    このクエリでは、 t2.x > 5 t1パーティションテーブルにプッシュダウンできないため、このクエリではパーティション プルーニングは有効になりません。

  2. パーティションのプルーニングはプランの最適化フェーズ中に行われるため、実行フェーズまでフィルター条件が不明な場合には適用されません。

    例えば:

    create table t1 (x int) partition by range (x) ( partition p0 values less than (5), partition p1 values less than (10));
    explain select * from t2 where x < (select * from t1 where t2.x < t1.x and t2.x < 2);

    このクエリはt2から行を読み取り、その結果をt1のサブクエリに使用します。理論的には、パーティション プルーニングはサブクエリ内のt1.x > val式から恩恵を受ける可能性がありますが、実行フェーズで発生するため、そこでは効果がありません。

  3. 現在の実装の制限により、クエリ条件を TiKV にプッシュダウンできない場合、そのクエリ条件をパーティション プルーニングで使用することはできません。

    fn(col)式を例に挙げます。 TiKV コプロセッサーがこのfn機能をサポートしている場合、プランの最適化フェーズ中に述語プッシュダウン ルールに従ってfn(col)リーフ ノード (つまり、パーティションテーブル) にプッシュダウンでき、パーティション プルーニングでそれを使用できます。

    TiKV コプロセッサーがこのfn機能をサポートしていない場合、 fn(col)リーフ ノードにプッシュダウンされません。代わりに、リーフ ノードのSelection上のノードになります。現在のパーティション プルーニングの実装では、この種のプラン ツリーはサポートされていません。

  4. ハッシュおよびキー パーティション タイプの場合、パーティション プルーニングでサポートされる唯一のクエリは等しい条件です。

  5. レンジ パーティションの場合、パーティション プルーニングを有効にするには、パーティション式がcolまたはfn(col)の形式である必要があり、クエリ条件は><=>= 、および<=のいずれかである必要があります。分割式がfn(col)の形式である場合、 fn関数は単調でなければなりません。

    fn関数が単調な場合、任意のxyについて、 x > yの場合はfn(x) > fn(y)です。したがって、このfn関数は厳密に単調であると言えます。 xy場合、 x > yの場合はfn(x) >= fn(y)なります。この場合、 fn 「単調」とも言えます。理論的には、すべての単調関数はパーティション プルーニングによってサポートされます。

    現在、TiDB のパーティション プルーニングは、次の単調な関数のみをサポートしています。

    たとえば、パーティション式は単純な列です。

    create table t (id int) partition by range (id) ( partition p0 values less than (5), partition p1 values less than (10)); select * from t where id > 6;

    または、パーティション式はfn(col) where fn is to_daysの形式になります。

    create table t (dt datetime) partition by range (to_days(id)) ( partition p0 values less than (to_days('2020-04-01')), partition p1 values less than (to_days('2020-05-01'))); select * from t where dt > '2020-04-18';

    例外は、パーティション式としてのfloor(unix_timestamp())です。 TiDB はケースバイケースで最適化を行うため、パーティション プルーニングによってサポートされます。

    create table t (ts timestamp(3) not null default current_timestamp(3)) partition by range (floor(unix_timestamp(ts))) ( partition p0 values less than (unix_timestamp('2020-04-01 00:00:00')), partition p1 values less than (unix_timestamp('2020-05-01 00:00:00'))); select * from t where ts > '2020-04-18 02:00:42.123';

パーティションの選択

SELECTステートメントは、 PARTITIONオプションを使用して実装されるパーティション選択をサポートします。

SET @@sql_mode = ''; CREATE TABLE employees ( id INT NOT NULL AUTO_INCREMENT PRIMARY KEY, fname VARCHAR(25) NOT NULL, lname VARCHAR(25) NOT NULL, store_id INT NOT NULL, department_id INT NOT NULL ) PARTITION BY RANGE(id) ( PARTITION p0 VALUES LESS THAN (5), PARTITION p1 VALUES LESS THAN (10), PARTITION p2 VALUES LESS THAN (15), PARTITION p3 VALUES LESS THAN MAXVALUE ); INSERT INTO employees VALUES ('', 'Bob', 'Taylor', 3, 2), ('', 'Frank', 'Williams', 1, 2), ('', 'Ellen', 'Johnson', 3, 4), ('', 'Jim', 'Smith', 2, 4), ('', 'Mary', 'Jones', 1, 1), ('', 'Linda', 'Black', 2, 3), ('', 'Ed', 'Jones', 2, 1), ('', 'June', 'Wilson', 3, 1), ('', 'Andy', 'Smith', 1, 3), ('', 'Lou', 'Waters', 2, 4), ('', 'Jill', 'Stone', 1, 4), ('', 'Roger', 'White', 3, 2), ('', 'Howard', 'Andrews', 1, 2), ('', 'Fred', 'Goldberg', 3, 3), ('', 'Barbara', 'Brown', 2, 3), ('', 'Alice', 'Rogers', 2, 2), ('', 'Mark', 'Morgan', 3, 3), ('', 'Karen', 'Cole', 3, 2);

p1パーティションに保存されている行を表示できます。

SELECT * FROM employees PARTITION (p1);
+----|-------|--------|----------|---------------+ | id | fname | lname | store_id | department_id | +----|-------|--------|----------|---------------+ | 5 | Mary | Jones | 1 | 1 | | 6 | Linda | Black | 2 | 3 | | 7 | Ed | Jones | 2 | 1 | | 8 | June | Wilson | 3 | 1 | | 9 | Andy | Smith | 1 | 3 | +----|-------|--------|----------|---------------+ 5 rows in set (0.00 sec)

複数のパーティションの行を取得する場合は、カンマで区切られたパーティション名のリストを使用できます。たとえば、 SELECT * FROM employees PARTITION (p1, p2) p1p2パーティション内のすべての行を返します。

パーティション選択を使用する場合でも、 WHERE条件とORDER BYLIMITなどのオプションを使用できます。 HAVINGGROUP BYなどの集計オプションの使用もサポートされています。

SELECT * FROM employees PARTITION (p0, p2) WHERE lname LIKE 'S%';
+----|-------|-------|----------|---------------+ | id | fname | lname | store_id | department_id | +----|-------|-------|----------|---------------+ | 4 | Jim | Smith | 2 | 4 | | 11 | Jill | Stone | 1 | 4 | +----|-------|-------|----------|---------------+ 2 rows in set (0.00 sec)
SELECT id, CONCAT(fname, ' ', lname) AS name FROM employees PARTITION (p0) ORDER BY lname;
+----|----------------+ | id | name | +----|----------------+ | 3 | Ellen Johnson | | 4 | Jim Smith | | 1 | Bob Taylor | | 2 | Frank Williams | +----|----------------+ 4 rows in set (0.06 sec)
SELECT store_id, COUNT(department_id) AS c FROM employees PARTITION (p1,p2,p3) GROUP BY store_id HAVING c > 4;
+---|----------+ | c | store_id | +---|----------+ | 5 | 2 | | 5 | 3 | +---|----------+ 2 rows in set (0.00 sec)

パーティションの選択は、レンジ パーティション化やハッシュ パーティション化を含む、すべてのタイプのテーブル パーティション化でサポートされています。ハッシュ パーティションの場合、パーティション名が指定されていない場合は、 p0p1p2 、...、またはpN-1がパーティション名として自動的に使用されます。

SELECT in INSERT ... SELECTではパーティション選択も使用できます。

パーティションの制限と制限

このセクションでは、TiDB のパーティション化されたテーブルに関するいくつかの制限事項を紹介します。

パーティションキー、主キー、一意キー

このセクションでは、パーティション化キーと主キーおよび一意キーとの関係について説明します。この関係を管理するルールは、次のように表すことができます。テーブル上のすべての一意のキーは、テーブルのパーティション式のすべての列を使用する必要があります。テーブルの主キーは定義上一意のキーであるため、これにはテーブルの主キーも含まれます。

たとえば、次のテーブル作成ステートメントは無効です。

CREATE TABLE t1 ( col1 INT NOT NULL, col2 DATE NOT NULL, col3 INT NOT NULL, col4 INT NOT NULL, UNIQUE KEY (col1, col2) ) PARTITION BY HASH(col3) PARTITIONS 4; CREATE TABLE t2 ( col1 INT NOT NULL, col2 DATE NOT NULL, col3 INT NOT NULL, col4 INT NOT NULL, UNIQUE KEY (col1), UNIQUE KEY (col3) ) PARTITION BY HASH(col1 + col3) PARTITIONS 4;

いずれの場合も、提案されたテーブルには、パーティショニング式で使用されるすべての列を含まない一意のキーが少なくとも 1 つあります。

有効なステートメントは次のとおりです。

CREATE TABLE t1 ( col1 INT NOT NULL, col2 DATE NOT NULL, col3 INT NOT NULL, col4 INT NOT NULL, UNIQUE KEY (col1, col2, col3) ) PARTITION BY HASH(col3) PARTITIONS 4; CREATE TABLE t2 ( col1 INT NOT NULL, col2 DATE NOT NULL, col3 INT NOT NULL, col4 INT NOT NULL, UNIQUE KEY (col1, col3) ) PARTITION BY HASH(col1 + col3) PARTITIONS 4;

次の例ではエラーが表示されます。

CREATE TABLE t3 ( col1 INT NOT NULL, col2 DATE NOT NULL, col3 INT NOT NULL, col4 INT NOT NULL, UNIQUE KEY (col1, col2), UNIQUE KEY (col3) ) PARTITION BY HASH(col1 + col3) PARTITIONS 4;
ERROR 1491 (HY000): A PRIMARY KEY must include all columns in the table's partitioning function

提案されたパーティション化キーにはcol1col3の両方が含まれていますが、これらの列のいずれもテーブル上の両方の一意のキーの一部ではないため、ステートメントCREATE TABLE失敗します。次の変更を行うと、 CREATE TABLEステートメントが有効になります。

CREATE TABLE t3 ( col1 INT NOT NULL, col2 DATE NOT NULL, col3 INT NOT NULL, col4 INT NOT NULL, UNIQUE KEY (col1, col2, col3), UNIQUE KEY (col1, col3) ) PARTITION BY HASH(col1 + col3) PARTITIONS 4;

両方の一意のキーに属する列をパーティション化キーに含める方法がないため、次のテーブルはパーティション化できません。

CREATE TABLE t4 ( col1 INT NOT NULL, col2 INT NOT NULL, col3 INT NOT NULL, col4 INT NOT NULL, UNIQUE KEY (col1, col3), UNIQUE KEY (col2, col4) );

すべての主キーは定義上一意のキーであるため、次の 2 つのステートメントは無効です。

CREATE TABLE t5 ( col1 INT NOT NULL, col2 DATE NOT NULL, col3 INT NOT NULL, col4 INT NOT NULL, PRIMARY KEY(col1, col2) ) PARTITION BY HASH(col3) PARTITIONS 4; CREATE TABLE t6 ( col1 INT NOT NULL, col2 DATE NOT NULL, col3 INT NOT NULL, col4 INT NOT NULL, PRIMARY KEY(col1, col3), UNIQUE KEY(col2) ) PARTITION BY HASH( YEAR(col2) ) PARTITIONS 4;

上記の例では、主キーにはパーティショニング式で参照されるすべての列が含まれているわけではありません。主キーに欠落している列を追加すると、 CREATE TABLEステートメントが有効になります。

CREATE TABLE t5 ( col1 INT NOT NULL, col2 DATE NOT NULL, col3 INT NOT NULL, col4 INT NOT NULL, PRIMARY KEY(col1, col2, col3) ) PARTITION BY HASH(col3) PARTITIONS 4; CREATE TABLE t6 ( col1 INT NOT NULL, col2 DATE NOT NULL, col3 INT NOT NULL, col4 INT NOT NULL, PRIMARY KEY(col1, col2, col3), UNIQUE KEY(col2) ) PARTITION BY HASH( YEAR(col2) ) PARTITIONS 4;

テーブルに一意キーも主キーもない場合、この制限は適用されません。

DDL ステートメントを使用してテーブルを変更する場合、一意のインデックスを追加するときにこの制限も考慮する必要があります。たとえば、次のようにパーティションテーブルを作成するとします。

CREATE TABLE t_no_pk (c1 INT, c2 INT) PARTITION BY RANGE(c1) ( PARTITION p0 VALUES LESS THAN (10), PARTITION p1 VALUES LESS THAN (20), PARTITION p2 VALUES LESS THAN (30), PARTITION p3 VALUES LESS THAN (40) );
Query OK, 0 rows affected (0.12 sec)

ALTER TABLEステートメントを使用して、一意でないインデックスを追加できます。ただし、一意のインデックスを追加する場合は、 c1番目の列を一意のインデックスに含める必要があります。

パーティションテーブルを使用する場合、プレフィックス インデックスを一意の属性として指定することはできません。

CREATE TABLE t (a varchar(20), b blob, UNIQUE INDEX (a(5))) PARTITION by range columns (a) ( PARTITION p0 values less than ('aaaaa'), PARTITION p1 values less than ('bbbbb'), PARTITION p2 values less than ('ccccc'));
ERROR 1503 (HY000): A UNIQUE INDEX must include all columns in the table's partitioning function

関数に関するパーティショニングの制限事項

次のリストに示されている関数のみがパーティショニング式で使用できます。

ABS() CEILING() DATEDIFF() DAY() DAYOFMONTH() DAYOFWEEK() DAYOFYEAR() EXTRACT() (see EXTRACT() function with WEEK specifier) FLOOR() HOUR() MICROSECOND() MINUTE() MOD() MONTH() QUARTER() SECOND() TIME_TO_SEC() TO_DAYS() TO_SECONDS() UNIX_TIMESTAMP() (with TIMESTAMP columns) WEEKDAY() YEAR() YEARWEEK()

MySQLとの互換性

現在、TiDB は、レンジ パーティショニング、レンジ COLUMNS パーティショニング、List パーティショニング、List COLUMNS パーティショニング、ハッシュ パーティショニング、およびキー パーティショニングをサポートしています。 MySQL で使用できる他のパーティショニング タイプは、TiDB ではまだサポートされていません。

現在、TiDB はキー パーティション化に空のパーティション列リストの使用をサポートしていません。

パーティション管理に関しては、現在、最下位の実装でデータの移動を必要とする操作はサポートされていません。これには、ハッシュパーティションテーブルのパーティション数の調整、レンジパーティションテーブルの範囲の変更、パーティションのマージなどが含まれますが、これらに限定されません。 。

サポートされていないパーティション タイプの場合、TiDB でテーブルを作成すると、パーティション情報は無視され、テーブルは通常の形式で作成され、警告が報告されます。

LOAD DATA構文は、現在 TiDB のパーティション選択をサポートしていません。

create table t (id int, val int) partition by hash(id) partitions 4;

通常のLOAD DATA操作がサポートされています。

load local data infile "xxx" into t ...

ただし、 Load Dataはパーティションの選択をサポートしていません。

load local data infile "xxx" into t partition (p1)...

パーティションテーブルの場合、 select * from tによって返される結果はパーティション間で順序付けされていません。これは、パーティション間では順序付けされていますが、パーティション内では順序付けされていない MySQL の結果とは異なります。

create table t (id int, val int) partition by range (id) ( partition p0 values less than (3), partition p1 values less than (7), partition p2 values less than (11));
Query OK, 0 rows affected (0.10 sec)
insert into t values (1, 2), (3, 4),(5, 6),(7,8),(9,10);
Query OK, 5 rows affected (0.01 sec) Records: 5 Duplicates: 0 Warnings: 0

TiDB は毎回異なる結果を返します。次に例を示します。

select * from t;
+------|------+ | id | val | +------|------+ | 7 | 8 | | 9 | 10 | | 1 | 2 | | 3 | 4 | | 5 | 6 | +------|------+ 5 rows in set (0.00 sec)

MySQL で返される結果は次のとおりです。

select * from t;
+------|------+ | id | val | +------|------+ | 1 | 2 | | 3 | 4 | | 5 | 6 | | 7 | 8 | | 9 | 10 | +------|------+ 5 rows in set (0.00 sec)

tidb_enable_list_partition環境変数は、パーティションテーブル機能を有効にするかどうかを制御します。この変数をOFFに設定すると、テーブルの作成時にパーティション情報が無視され、このテーブルは通常のテーブルとして作成されます。

この変数はテーブルの作成時にのみ使用されます。テーブルの作成後、この変数値を変更しても効果はありません。詳細はシステム変数を参照してください。

動的プルーニングモード

TiDB は、 dynamicまたはstaticモードのいずれかでパーティション化されたテーブルにアクセスします。 v6.3.0 以降、 dynamicモードがデフォルトで使用されます。ただし、動的パーティショニングは、完全なテーブル レベルの統計 (GlobalStats) が収集された後にのみ有効になります。 GlobalStats が収集される前に、TiDB は代わりにstaticモードを使用します。 GlobalStats の詳細については、 動的プルーニング モードでパーティション テーブルの統計を収集するを参照してください。

set @@session.tidb_partition_prune_mode = 'dynamic'

手動 ANALYZE および通常のクエリでは、セッション レベルtidb_partition_prune_mode設定が使用されます。バックグラウンドでのauto-analyze操作では、グローバルtidb_partition_prune_mode設定が使用されます。

staticモードでは、パーティション テーブルはパーティション レベルの統計を使用します。 dynamicモードでは、パーティション テーブルはテーブル レベルの GlobalStats を使用します。

staticモードからdynamicモードに切り替える場合は、統計を手動で確認して収集する必要があります。これは、 dynamicモードに切り替えた後、パーティション テーブルにはパーティション レベルの統計のみが含まれ、テーブル レベルの統計が含まれないためです。 GlobalStats は、次のauto-analyze操作時にのみ収集されます。

set session tidb_partition_prune_mode = 'dynamic'; show stats_meta where table_name like "t";
+---------+------------+----------------+---------------------+--------------+-----------+ | Db_name | Table_name | Partition_name | Update_time | Modify_count | Row_count | +---------+------------+----------------+---------------------+--------------+-----------+ | test | t | p0 | 2022-05-27 20:23:34 | 1 | 2 | | test | t | p1 | 2022-05-27 20:23:34 | 2 | 4 | | test | t | p2 | 2022-05-27 20:23:34 | 2 | 4 | +---------+------------+----------------+---------------------+--------------+-----------+ 3 rows in set (0.01 sec)

グローバルdynamicプルーニング モードを有効にした後、SQL ステートメントで使用される統計が正しいことを確認するには、テーブルまたはテーブルのパーティションでanalyze手動でトリガーして GlobalStats を取得する必要があります。

analyze table t partition p1; show stats_meta where table_name like "t";
+---------+------------+----------------+---------------------+--------------+-----------+ | Db_name | Table_name | Partition_name | Update_time | Modify_count | Row_count | +---------+------------+----------------+---------------------+--------------+-----------+ | test | t | global | 2022-05-27 20:50:53 | 0 | 5 | | test | t | p0 | 2022-05-27 20:23:34 | 1 | 2 | | test | t | p1 | 2022-05-27 20:50:52 | 0 | 2 | | test | t | p2 | 2022-05-27 20:50:08 | 0 | 2 | +---------+------------+----------------+---------------------+--------------+-----------+ 4 rows in set (0.00 sec)

analyze処理中に次の警告が表示された場合は、パーティションの統計が矛盾しているため、これらのパーティションまたはテーブル全体の統計を再度収集する必要があります。

| Warning | 8244 | Build table: `t` column: `a` global-level stats failed due to missing partition-level column stats, please run analyze table to refresh columns of all partitions

スクリプトを使用して、すべてのパーティション化されたテーブルの統計を更新することもできます。詳細は動的プルーニング モードでパーティション テーブルの統計を更新するを参照してください。

テーブルレベルの統計の準備ができたら、すべての SQL ステートメントとauto-analyze操作に有効なグローバル動的プルーニング モードを有効にできます。

set global tidb_partition_prune_mode = dynamic

staticモードでは、TiDB は複数の演算子を使用して各パーティションに個別にアクセスし、 Union使用して結果をマージします。次の例は、 TiDB がUnionを使用して 2 つの対応するパーティションの結果をマージする単純な読み取り操作です。

mysql> create table t1(id int, age int, key(id)) partition by range(id) ( partition p0 values less than (100), partition p1 values less than (200), partition p2 values less than (300), partition p3 values less than (400)); Query OK, 0 rows affected (0.01 sec) mysql> explain select * from t1 where id < 150;
+------------------------------+----------+-----------+------------------------+--------------------------------+ | id | estRows | task | access object | operator info | +------------------------------+----------+-----------+------------------------+--------------------------------+ | PartitionUnion_9 | 6646.67 | root | | | | ├─TableReader_12 | 3323.33 | root | | data:Selection_11 | | │ └─Selection_11 | 3323.33 | cop[tikv] | | lt(test.t1.id, 150) | | │ └─TableFullScan_10 | 10000.00 | cop[tikv] | table:t1, partition:p0 | keep order:false, stats:pseudo | | └─TableReader_18 | 3323.33 | root | | data:Selection_17 | | └─Selection_17 | 3323.33 | cop[tikv] | | lt(test.t1.id, 150) | | └─TableFullScan_16 | 10000.00 | cop[tikv] | table:t1, partition:p1 | keep order:false, stats:pseudo | +------------------------------+----------+-----------+------------------------+--------------------------------+ 7 rows in set (0.00 sec)

dynamicモードでは、各オペレーターは複数のパーティションへの直接アクセスをサポートするため、TiDB はUnion使用しなくなりました。

mysql> set @@session.tidb_partition_prune_mode = 'dynamic'; Query OK, 0 rows affected (0.00 sec) mysql> explain select * from t1 where id < 150; +-------------------------+----------+-----------+-----------------+--------------------------------+ | id | estRows | task | access object | operator info | +-------------------------+----------+-----------+-----------------+--------------------------------+ | TableReader_7 | 3323.33 | root | partition:p0,p1 | data:Selection_6 | | └─Selection_6 | 3323.33 | cop[tikv] | | lt(test.t1.id, 150) | | └─TableFullScan_5 | 10000.00 | cop[tikv] | table:t1 | keep order:false, stats:pseudo | +-------------------------+----------+-----------+-----------------+--------------------------------+ 3 rows in set (0.00 sec)

上記のクエリ結果から、実行プラン内のUnion演算子は消えていますが、パーティション プルーニングはまだ有効であり、実行プランはp0p1のみにアクセスしていることがわかります。

dynamicモードでは、実行計画がよりシンプルかつ明確になります。 Union 操作を省略すると、実行効率が向上し、Union の同時実行の問題を回避できます。さらに、 dynamicモードでは、 staticモードでは使用できない IndexJoin を使用した実行プランも可能になります。 (以下の例を参照してください)

例 1 : 次の例では、IndexJoin を使用した実行プランを使用して、クエリがstaticモードで実行されます。

mysql> create table t1 (id int, age int, key(id)) partition by range(id) (partition p0 values less than (100), partition p1 values less than (200), partition p2 values less than (300), partition p3 values less than (400)); Query OK, 0 rows affected (0,08 sec) mysql> create table t2 (id int, code int); Query OK, 0 rows affected (0.01 sec) mysql> set @@tidb_partition_prune_mode = 'static'; Query OK, 0 rows affected (0.00 sec) mysql> explain select /*+ TIDB_INLJ(t1, t2) */ t1.* from t1, t2 where t2.code = 0 and t2.id = t1.id; +--------------------------------+----------+-----------+------------------------+------------------------------------------------+ | id | estRows | task | access object | operator info | +--------------------------------+----------+-----------+------------------------+------------------------------------------------+ | HashJoin_13 | 12.49 | root | | inner join, equal:[eq(test.t1.id, test.t2.id)] | | ├─TableReader_42(Build) | 9.99 | root | | data:Selection_41 | | │ └─Selection_41 | 9.99 | cop[tikv] | | eq(test.t2.code, 0), not(isnull(test.t2.id)) | | │ └─TableFullScan_40 | 10000.00 | cop[tikv] | table:t2 | keep order:false, stats:pseudo | | └─PartitionUnion_15(Probe) | 39960.00 | root | | | | ├─TableReader_18 | 9990.00 | root | | data:Selection_17 | | │ └─Selection_17 | 9990.00 | cop[tikv] | | not(isnull(test.t1.id)) | | │ └─TableFullScan_16 | 10000.00 | cop[tikv] | table:t1, partition:p0 | keep order:false, stats:pseudo | | ├─TableReader_24 | 9990.00 | root | | data:Selection_23 | | │ └─Selection_23 | 9990.00 | cop[tikv] | | not(isnull(test.t1.id)) | | │ └─TableFullScan_22 | 10000.00 | cop[tikv] | table:t1, partition:p1 | keep order:false, stats:pseudo | | ├─TableReader_30 | 9990.00 | root | | data:Selection_29 | | │ └─Selection_29 | 9990.00 | cop[tikv] | | not(isnull(test.t1.id)) | | │ └─TableFullScan_28 | 10000.00 | cop[tikv] | table:t1, partition:p2 | keep order:false, stats:pseudo | | └─TableReader_36 | 9990.00 | root | | data:Selection_35 | | └─Selection_35 | 9990.00 | cop[tikv] | | not(isnull(test.t1.id)) | | └─TableFullScan_34 | 10000.00 | cop[tikv] | table:t1, partition:p3 | keep order:false, stats:pseudo | +--------------------------------+----------+-----------+------------------------+------------------------------------------------+ 17 rows in set, 1 warning (0.00 sec) mysql> show warnings; +---------+------+------------------------------------------------------------------------------------+ | Level | Code | Message | +---------+------+------------------------------------------------------------------------------------+ | Warning | 1815 | Optimizer Hint /*+ INL_JOIN(t1, t2) */ or /*+ TIDB_INLJ(t1, t2) */ is inapplicable | +---------+------+------------------------------------------------------------------------------------+ 1 row in set (0,00 sec)

例 1 から、 TIDB_INLJヒントが使用された場合でも、パーティションテーブルに対するクエリでは IndexJoin を使用して実行プランを選択できないことがわかります。

例 2 : 次の例では、クエリは IndexJoin を使用した実行プランを使用してdynamicモードで実行されます。

mysql> set @@tidb_partition_prune_mode = 'dynamic'; Query OK, 0 rows affected (0.00 sec) mysql> explain select /*+ TIDB_INLJ(t1, t2) */ t1.* from t1, t2 where t2.code = 0 and t2.id = t1.id; +---------------------------------+----------+-----------+------------------------+---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ | id | estRows | task | access object | operator info | +---------------------------------+----------+-----------+------------------------+---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ | IndexJoin_11 | 12.49 | root | | inner join, inner:IndexLookUp_10, outer key:test.t2.id, inner key:test.t1.id, equal cond:eq(test.t2.id, test.t1.id) | | ├─TableReader_16(Build) | 9.99 | root | | data:Selection_15 | | │ └─Selection_15 | 9.99 | cop[tikv] | | eq(test.t2.code, 0), not(isnull(test.t2.id)) | | │ └─TableFullScan_14 | 10000.00 | cop[tikv] | table:t2 | keep order:false, stats:pseudo | | └─IndexLookUp_10(Probe) | 12.49 | root | partition:all | | | ├─Selection_9(Build) | 12.49 | cop[tikv] | | not(isnull(test.t1.id)) | | │ └─IndexRangeScan_7 | 12.50 | cop[tikv] | table:t1, index:id(id) | range: decided by [eq(test.t1.id, test.t2.id)], keep order:false, stats:pseudo | | └─TableRowIDScan_8(Probe) | 12.49 | cop[tikv] | table:t1 | keep order:false, stats:pseudo | +---------------------------------+----------+-----------+------------------------+---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ 8 rows in set (0.00 sec)

例 2 から、 dynamicモードでは、クエリを実行するときに IndexJoin を使用した実行プランが選択されることがわかります。

現在、 staticプルーニング モードもdynamicプルーニング モードもプリペアド ステートメント プラン キャッシュをサポートしていません。

動的プルーニング モードでパーティション テーブルの統計を更新する

  1. すべてのパーティション化されたテーブルを見つけます。

    SELECT DISTINCT CONCAT(TABLE_SCHEMA,'.', TABLE_NAME) FROM information_schema.PARTITIONS WHERE TIDB_PARTITION_ID IS NOT NULL AND TABLE_SCHEMA NOT IN ('INFORMATION_SCHEMA', 'mysql', 'sys', 'PERFORMANCE_SCHEMA', 'METRICS_SCHEMA');
    +-------------------------------------+ | concat(TABLE_SCHEMA,'.',TABLE_NAME) | +-------------------------------------+ | test.t | +-------------------------------------+ 1 row in set (0.02 sec)
  2. すべてのパーティションテーブルの統計を更新するためのステートメントを生成します。

    SELECT DISTINCT CONCAT('ANALYZE TABLE ',TABLE_SCHEMA,'.',TABLE_NAME,' ALL COLUMNS;') FROM information_schema.PARTITIONS WHERE TIDB_PARTITION_ID IS NOT NULL AND TABLE_SCHEMA NOT IN ('INFORMATION_SCHEMA','mysql','sys','PERFORMANCE_SCHEMA','METRICS_SCHEMA');
    +----------------------------------------------------------------------+ | concat('ANALYZE TABLE ',TABLE_SCHEMA,'.',TABLE_NAME,' ALL COLUMNS;') | +----------------------------------------------------------------------+ | ANALYZE TABLE test.t ALL COLUMNS; | +----------------------------------------------------------------------+ 1 row in set (0.01 sec)

    ALL COLUMNSを必要な列に変更できます。

  3. バッチ更新ステートメントをファイルにエクスポートします。

    mysql --host xxxx --port xxxx -u root -p -e "SELECT DISTINCT CONCAT('ANALYZE TABLE ',TABLE_SCHEMA,'.',TABLE_NAME,' ALL COLUMNS;') \ FROM information_schema.PARTITIONS \ WHERE TIDB_PARTITION_ID IS NOT NULL \ AND TABLE_SCHEMA NOT IN ('INFORMATION_SCHEMA','mysql','sys','PERFORMANCE_SCHEMA','METRICS_SCHEMA');" | tee gatherGlobalStats.sql
  4. バッチ更新を実行します。

    sourceコマンドを実行する前に SQL ステートメントを処理します。

    sed -i "" '1d' gatherGlobalStats.sql --- mac sed -i '1d' gatherGlobalStats.sql --- linux
    SET session tidb_partition_prune_mode = dynamic; source gatherGlobalStats.sql

このページは役に立ちましたか?

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.