最小限の導入トポロジ

このドキュメントでは、TiDB クラスターの最小限の展開トポロジについて説明します。

トポロジ情報

実例カウント物理マシンの構成IPコンフィグレーション
TiDB216 仮想コア 32 GiB
storage用に 100 GiB
10.0.1.1
10.0.1.2
デフォルトのポート
グローバルディレクトリ構成
PD34 Vコア 8 GiB
storage用に 100 GiB
10.0.1.4
10.0.1.5
10.0.1.6
デフォルトのポート
グローバルディレクトリ構成
TiKV316 仮想コア 32 GiB
storage用に 2 TiB (NVMe SSD)
10.0.1.7
10.0.1.8
10.0.1.9
デフォルトのポート
グローバルディレクトリ構成
モニタリングとグラファナ14 Vコア 8 GiB
storage用に 500 GiB (SSD)
10.0.1.10デフォルトのポート
グローバルディレクトリ構成

トポロジテンプレート

上記の TiDB クラスター トポロジー ファイルの構成項目の詳細な説明については、 TiUPを使用して TiDB を展開するためのトポロジコンフィグレーションファイルを参照してください。

ノート:

  • 構成ファイルにtidbユーザーを手動で作成する必要はありません。 TiUPクラスターコンポーネントは、ターゲット マシン上にtidbのユーザーを自動的に作成します。ユーザーをカスタマイズしたり、ユーザーと制御マシンの一貫性を保つことができます。
  • デプロイメント ディレクトリを相対パスとして構成すると、クラスターはユーザーのホーム ディレクトリにデプロイされます。

このページは役に立ちましたか?

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.