データ統合の概要

データ統合とは、さまざまなデータ ソース間でのデータのフロー、転送、統合を意味します。データの量が急激に増加し、データの価値がより深く探求されるにつれて、データ統合の人気と緊急性がますます高まっています。 TiDB がデータ サイロになる状況を回避し、異なるプラットフォームとデータを統合するために、TiCDC は、TiDB 増分データ変更ログを他のデータ プラットフォームに複製する機能を提供します。このドキュメントでは、TiCDC を使用したデータ統合アプリケーションについて説明します。ビジネス シナリオに合った統合ソリューションを選択できます。

Confluent Cloud および Snowflake との統合

TiCDC を使用して、増分データを TiDB から Confluent Cloud にレプリケートし、そのデータを Confluent Cloud 経由で Snowflake、ksqlDB、および SQL Server にレプリケートできます。詳細はConfluent Cloud および Snowflake との統合を参照してください。

TiCDC を使用して、増分データを TiDB から Apache Kafka にレプリケートし、Apache Flink を使用してデータを消費できます。詳細はApache Kafka および Apache Flink との統合を参照してください。

このページは役に立ちましたか?

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.