TIFLASH_レプリカ

TIFLASH_REPLICAは、利用可能なTiFlashレプリカに関する情報を示します。

USE INFORMATION_SCHEMA; DESC TIFLASH_REPLICA;

出力は次のとおりです。

+-----------------+-------------+------+------+---------+-------+ | Field | Type | Null | Key | Default | Extra | +-----------------+-------------+------+------+---------+-------+ | TABLE_SCHEMA | varchar(64) | YES | | NULL | | | TABLE_NAME | varchar(64) | YES | | NULL | | | TABLE_ID | bigint(21) | YES | | NULL | | | REPLICA_COUNT | bigint(64) | YES | | NULL | | | LOCATION_LABELS | varchar(64) | YES | | NULL | | | AVAILABLE | tinyint(1) | YES | | NULL | | | PROGRESS | double | YES | | NULL | | +-----------------+-------------+------+------+---------+-------+ 7 rows in set (0.01 sec)

TIFLASH_REPLICAテーブルのフィールドは次のように説明されています。

  • TABLE_SCHEMA : テーブルが属するデータベースの名前。
  • TABLE_NAME : テーブルの名前。
  • TABLE_ID : テーブルの内部 ID。TiDB クラスター内で一意です。
  • REPLICA_COUNT : TiFlashレプリカの数。
  • LOCATION_LABELS : TiFlashレプリカの作成時に設定される LocationLabelList。
  • AVAILABLE : テーブルのTiFlashレプリカが使用可能かどうかを示します。値が1 (使用可能) の場合、TiDB オプティマイザーはクエリ コストに基づいてクエリを TiKV またはTiFlashにプッシュダウンすることをインテリジェントに選択できます。値が0 (使用不可) の場合、TiDB はクエリをTiFlashにプッシュダウンしません。このフィールドの値が1 (使用可能) になると、それ以上変更されなくなります。
  • PROGRESS : TiFlashレプリカのレプリケーションの進行状況。小数点以下 2 桁までの精度で、分レベルで表示されます。このフィールドの範囲は[0, 1]です。 AVAILABLEフィールドが1で、 PROGRESSが 1 未満の場合、 TiFlashレプリカは TiKV よりもはるかに遅れており、 TiFlashにプッシュダウンされたクエリは、データ レプリケーションの待機のタイムアウトにより失敗する可能性があります。

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.