検査_概要

シナリオによっては、特定のリンクまたはモジュールの監視概要のみに注意を払う必要がある場合があります。たとえば、スレッド プール内のコプロセッサーのスレッド数は 8 に設定されます。コプロセッサーの CPU 使用率が 750% に達した場合、リスクが存在し、コプロセッサーがボトルネックになる可能性があると事前に判断できます。ただし、一部の監視メトリクスはユーザーのワークロードの違いにより大きく異なるため、特定のしきい値を定義するのは困難です。このシナリオでは問題のトラブルシューティングが重要であるため、TiDB はリンクの概要用のinspection_summary表を提供します。

注記:

このテーブルは TiDB セルフホスト型にのみ適用され、 TiDB Cloudでは利用できません。

information_schema.inspection_summary検査集計表の構成は以下のとおりです。

USE information_schema; DESC inspection_summary;
+--------------+--------------+------+------+---------+-------+ | Field | Type | Null | Key | Default | Extra | +--------------+--------------+------+------+---------+-------+ | RULE | varchar(64) | YES | | NULL | | | INSTANCE | varchar(64) | YES | | NULL | | | METRICS_NAME | varchar(64) | YES | | NULL | | | LABEL | varchar(64) | YES | | NULL | | | QUANTILE | double | YES | | NULL | | | AVG_VALUE | double(22,6) | YES | | NULL | | | MIN_VALUE | double(22,6) | YES | | NULL | | | MAX_VALUE | double(22,6) | YES | | NULL | | | COMMENT | varchar(256) | YES | | NULL | | +--------------+--------------+------+------+---------+-------+ 9 rows in set (0.00 sec)

フィールドの説明:

  • RULE : 要約ルール。新しいルールは継続的に追加されるため、 select * from inspection_rules where type='summary'ステートメントを実行して最新のルール リストをクエリできます。
  • INSTANCE : 監視対象のインスタンス。
  • METRICS_NAME : 監視メトリクス名。
  • QUANTILEQUANTILEを含む監視テーブルに対して有効になります。述語をプッシュダウンすることで、複数のパーセンタイルを指定できます。たとえば、 select * from inspection_summary where rule='ddl' and quantile in (0.80, 0.90, 0.99, 0.999)実行して DDL 関連の監視メトリックを要約し、P80/P90/P99/P999 の結果をクエリできます。 AVG_VALUE MIN_VALUEそれぞれ集計MAX_VALUE平均値、最小値、最大値を示す。
  • COMMENT : 対応する監視メトリックに関するコメント。

注記:

すべての結果を要約するとオーバーヘッドが発生するため、SQL 述語に特定のruleを表示してオーバーヘッドを軽減することをお勧めします。たとえば、 select * from inspection_summary where rule in ('read-link', 'ddl')を実行すると、読み取りリンクと DDL 関連の監視メトリックが要約されます。

使用例:

診断結果テーブルと診断監視集計テーブルの両方で、 hintを使用して診断時間の範囲を指定できます。 select /*+ time_range('2020-03-07 12:00:00','2020-03-07 13:00:00') */* from inspection_summaryは、 2020-03-07 12:00:00期から2020-03-07 13:00:00期までのモニタリングの概要でございます。 inspection_summaryつの表は、監視集計表と同様に、異なる期間のデータを比較することで、差異が大きい監視項目を素早く見つけることができます。

次の例では、2 つの期間における読み取りリンクのモニタリング メトリックを比較します。

  • (2020-01-16 16:00:54.933, 2020-01-16 16:10:54.933)
  • (2020-01-16 16:10:54.933, 2020-01-16 16:20:54.933)
SELECT t1.avg_value / t2.avg_value AS ratio, t1.*, t2.* FROM ( SELECT /*+ time_range("2020-01-16 16:00:54.933", "2020-01-16 16:10:54.933")*/ * FROM information_schema.inspection_summary WHERE rule='read-link' ) t1 JOIN ( SELECT /*+ time_range("2020-01-16 16:10:54.933", "2020-01-16 16:20:54.933")*/ * FROM information_schema.inspection_summary WHERE rule='read-link' ) t2 ON t1.metrics_name = t2.metrics_name and t1.instance = t2.instance and t1.label = t2.label ORDER BY ratio DESC;

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.