ソフトウェアとハ​​ードウェアの推奨事項

TiDB は、高性能のオープンソース分散 SQL データベースとして、Intelアーキテクチャサーバー、ARMアーキテクチャサーバー、および主要な仮想化環境に導入でき、良好に動作します。 TiDB は、ほとんどの主要なハードウェア ネットワークと Linux オペレーティング システムをサポートしています。

OS とプラットフォームの要件

v7.1 LTS では、TiDB は、オペレーティング システムと CPU アーキテクチャの組み合わせに関するさまざまな品質基準に対するマルチレベルのサポートを提供します。

  • 以下のオペレーティング システムと CPU アーキテクチャの組み合わせに対して、TiDB はエンタープライズ レベルの本番品質を提供し、製品機能は包括的かつ体系的に検証されています。

    オペレーティングシステムサポートされている CPU アーキテクチャ
    Red Hat Enterprise Linux 8.4 以降の 8.x バージョン
    • x86_64
    • アーム64
    • Red Hat Enterprise Linux 7.3 以降の 7.x バージョン
    • CentOS 7.3 以降 7.x バージョン
    • x86_64
    • アーム64
    アマゾン リナックス 2
    • x86_64
    • アーム64
    キリン オイラー V10 SP1/SP2
    • x86_64
    • アーム64
    ユニオンテック OS (UOS) V20
    • x86_64
    • アーム64
    openEuler 22.03 LTS SP1
    • x86_64
    • アーム64

    注記:

    CentOS Linux EOLによると、CentOS Linux 8 のアップストリーム サポートは 2021 年 12 月 31 日に終了しました。CentOS Stream 8 は引き続き CentOS 組織によってサポートされます。

  • 以下のオペレーティング システムと CPU アーキテクチャの組み合わせでは、TiDB をコンパイル、構築、展開できます。さらに、OLTP、OLAP、データ ツールの基本機能も使用できます。ただし、TiDB はエンタープライズ レベルの本番品質を保証しません

    オペレーティングシステムサポートされている CPU アーキテクチャ
    macOS 12 (モントレー) 以降
    • x86_64
    • アーム64
    Oracle Enterprise Linux 7.3 以降の 7.x バージョンx86_64
    Ubuntu LTS 18.04以降x86_64
    CentOS 8 ストリーム
    • x86_64
    • アーム64
    Debian 9 (ストレッチ) 以降x86_64
    Fedora 35 以降x86_64
    openSUSE Leap v15.3 以降 (Tumbleweed は含まない) x86_64
    SUSE Linux エンタープライズ サーバー 15 x86_64

    注記:

    • Oracle Enterprise Linux の場合、TiDB は Red Hat 互換カーネル (RHCK) をサポートしますが、Oracle Enterprise Linux が提供する Unbreakable Enterprise Kernel はサポートしません。
    • Ubuntu 16.04 のサポートは、TiDB の将来のバージョンでは削除される予定です。 Ubuntu 18.04 以降にアップグレードすることを強くお勧めします。
  • 前の 2 つの表にリストされているオペレーティング システムの 32 ビット バージョンを使用している場合、TiDB が 32 ビット オペレーティング システムおよび対応する CPUアーキテクチャ上でコンパイル可能、ビルド可能、またはデプロイ可能であることは保証されません。そうでない場合、TiDB は積極的に適応しません。 32 ビット オペレーティング システムに対応します。

  • 上記以外のオペレーティング システムのバージョンは動作する可能性がありますが、正式にはサポートされていません。

TiDB のコンパイルと実行に必要なライブラリ

TiDB のコンパイルと実行に必要なライブラリバージョン
Golang1.20以降
さび夜間-2022-07-31 以降
GCC7.x
LLVM13.0以降

TiDB の実行に必要なライブラリ: glibc (2.28-151.el8 バージョン)

Docker イメージの依存関係

次の CPU アーキテクチャがサポートされています。

ソフトウェアの推奨事項

制御機

ソフトウェアバージョン
SSHパス1.06以降
TiUP1.5.0以降

注記:

TiDB クラスターを操作制御マシンにTiUPを展開する管理する必要があります。

対象マシン

ソフトウェアバージョン
SSHパス1.06以降
2.0.12以降
タールどれでも

サーバーの推奨事項

TiDB は、Intel x86-64アーキテクチャの 64 ビット汎用ハードウェアサーバープラットフォーム、または ARMアーキテクチャのハードサーバープラットフォームに展開して実行できます。開発、テスト、本番環境のサーバーハードウェア構成に関する要件と推奨事項 (オペレーティング システム自体が占有するリソースは無視します) は次のとおりです。

開発およびテスト環境

成分CPUメモリローカルストレージ通信網インスタンスの数 (最小要件)
TiDB8コア以上16GB以上特別な要件はありませんギガビットネットワークカード1 (PD と同じマシンにデプロイ可能)
PD4コア以上8GB以上SAS、200GB以上ギガビットネットワークカード1 (TiDB と同じマシンにデプロイ可能)
TiKV8コア以上32GB以上SAS、200GB以上ギガビットネットワークカード3
TiFlash32コア以上64GB以上SSD、200GB以上ギガビットネットワークカード1
TiCDC8コア以上16GB以上SAS、200GB以上ギガビットネットワークカード1

注記:

  • テスト環境では、TiDB インスタンスと PD インスタンスを同じサーバーにデプロイできます。
  • パフォーマンス関連のテストでは、テスト結果の正確性を保証するために、低パフォーマンスのstorageとネットワーク ハードウェア構成を使用しないでください。
  • TiKVサーバーの場合、読み取りと書き込みを高速化するために NVMe SSD を使用することをお勧めします。
  • 機能をテストして検証するだけの場合は、 TiDB クイック スタート ガイドに従って単一マシンに TiDB をデプロイします。
  • TiDBサーバーはディスクを使用してサーバーログを保存するため、テスト環境ではディスクの種類と容量に特別な要件はありません。
  • v6.3.0 以降、Linux AMD64アーキテクチャでTiFlash を展開するには、CPU が AVX2 命令セットをサポートする必要があります。 cat /proc/cpuinfo | grep avx2に出力があることを確認します。 Linux ARM64アーキテクチャでTiFlashを導入するには、CPU が ARMv8 命令セットアーキテクチャをサポートしている必要があります。 cat /proc/cpuinfo | grep 'crc32' | grep 'asimd'に出力があることを確認します。命令セット拡張を使用することにより、TiFlash のベクトル化エンジンはより優れたパフォーマンスを実現できます。

本番環境

成分CPUメモリハードディスクの種類通信網インスタンスの数 (最小要件)
TiDB16コア以上48GB以上SSD10 ギガビット ネットワーク カード (2 枚を推奨)2
PD8コア以上16GB以上SSD10 ギガビット ネットワーク カード (2 枚を推奨)3
TiKV16コア以上64GB以上SSD10 ギガビット ネットワーク カード (2 枚を推奨)3
TiFlash48コア以上128GB以上1 つ以上の SSD10 ギガビット ネットワーク カード (2 枚を推奨)2
TiCDC16コア以上64GB以上SSD10 ギガビット ネットワーク カード (2 枚を推奨)2
モニター8コア以上16GB以上SASギガビットネットワークカード1

注記:

  • 本番環境では、TiDB インスタンスと PD インスタンスを同じサーバーにデプロイできます。パフォーマンスと信頼性に対してより高い要件がある場合は、それらを個別に導入してみてください。
  • 本番環境では、TiDB、TiKV、およびTiFlashをそれぞれ少なくとも 8 個の CPU コアで構成することを強くお勧めします。より良いパフォーマンスを得るには、より高い構成をお勧めします。
  • TiKV ハードディスクのサイズは、PCIe SSD を使用している場合は 4 TB 以内、通常の SSD を使用している場合は 1.5 TB 以内にすることをお勧めします。

TiFlashを展開する前に、次の点に注意してください。

  • TiFlash は複数のディスクに展開されるにすることができます。
  • TiKV データのリアルタイム レプリケーションをバッファリングするために、 TiFlashデータ ディレクトリの最初のディスクとして高性能 SSD を使用することをお勧めします。このディスクのパフォーマンスは、PCIe SSD などの TiKV のパフォーマンスよりも低くてはなりません。ディスク容量は総容量の 10% 以上である必要があります。そうしないと、このノードのボトルネックになる可能性があります。他のディスクに通常の SSD を導入することもできますが、より優れた PCIe SSD の方がパフォーマンスが向上することに注意してください。
  • TiFlash をTiKV とは別のノードにデプロイすることをお勧めします。 TiFlashと TiKV を同じノードに展開する必要がある場合は、CPU コアとメモリの数を増やし、相互の干渉を避けるためにTiFlashと TiKV を異なるディスクに展開してみてください。
  • TiFlashディスクの総容量はthe data volume of the entire TiKV cluster to be replicated / the number of TiKV replicas * the number of TiFlash replicasのように計算されます。たとえば、TiKV の計画全体容量が 1 TB、TiKV レプリカの数が 3、 TiFlashレプリカの数が 2 の場合、 TiFlashの推奨合計容量は1024 GB / 3 * 2です。一部のテーブルのデータのみを複製できます。この場合、複製するテーブルのデータ量に応じてTiFlashの容量を決定してください。

TiCDC を展開する前に、500 GB を超える PCIe SSD ディスクに TiCDC を展開することが推奨されることに注意してください。

ネットワーク要件

オープンソースの分散 SQL データベースである TiDB を実行するには、次のネットワーク ポート構成が必要です。実際の環境での TiDB 導入に基づいて、管理者はネットワーク側とホスト側で関連するポートを開くことができます。

成分デフォルトのポート説明
TiDB4000アプリケーションとDBAツール用の通信ポート
TiDB10080TiDB ステータスを報告するための通信ポート
TiKV20160TiKV通信ポート
TiKV20180年TiKV ステータスを報告するための通信ポート
PD2379TiDB と PD 間の通信ポート
PD2380PDクラスタ内のノード間通信ポート
TiFlash9000TiFlash TCP サービス ポート
TiFlash3930TiFlash RAFT およびコプロセッサーサービス ポート
TiFlash20170年TiFlashプロキシ サービス ポート
TiFlash20292Prometheus がTiFlashプロキシ メトリクスをプルするためのポート
TiFlash8234Prometheus がTiFlashメトリクスをプルするためのポート
Pump8250Pump通信ポート
Drainer8249Drainer通信ポート
TiCDC8300TiCDC 通信ポート
監視9090Prometheus サービスの通信ポート
監視12020NgMonitoring サービスの通信ポート
ノードエクスポーター9100すべての TiDB クラスター ノードのシステム情報を報告するための通信ポート
ブラックボックスエクスポーター9115Blackbox_exporter 通信ポート。TiDB クラスター内のポートを監視するために使用されます。
グラファナ3000外部 Web 監視サービスおよびクライアント (ブラウザ) アクセス用のポート
アラートマネージャー9093アラート Web サービスのポート
アラートマネージャー9094アラート通信ポート

ディスク容量の要件

成分ディスク容量の要件健全なディスク使用率
TiDB
  • ログディスク用に少なくとも 30 GB
  • v6.5.0 以降、Fast Online DDL ( tidb_ddl_enable_fast_reorg変数によって制御される) がデフォルトで有効になり、インデックスの追加などの DDL 操作が高速化されます。大きなオブジェクトを含む DDL 操作がアプリケーションに存在する場合は、TiDB 用に追加の SSD ディスク領域 (100 GB 以上) を準備することを強くお勧めします。詳細な構成手順については、 「TiDB インスタンスの一時スペースを設定する」を参照してください。
90%未満
PDデータ ディスクとログ ディスクにそれぞれ少なくとも 20 GB 90%未満
TiKVデータ ディスクとログ ディスクにそれぞれ少なくとも 100 GB 80%未満
TiFlashデータ ディスクには少なくとも 100 GB、ログ ディスクには少なくとも 30 GB それぞれ80%未満
TiUP
  • コントロール マシン: 単一バージョンの TiDB クラスターをデプロイするのに必要なスペースは 1 GB 以内です。複数のバージョンの TiDB クラスターをデプロイすると、必要なスペースが増加します。
  • デプロイメントサーバー (TiDB コンポーネントが実行されるマシン): TiFlash は約 700 MB のスペースを占有し、他のコンポーネント (PD、TiDB、TiKV など) は約 200 MB のスペースをそれぞれ占有します。クラスター展開プロセス中、 TiUPクラスターは一時ファイルを保存するために 1 MB 未満の一時スペース ( /tmpディレクトリ) を必要とします。
該当なし
NGモニタリング
  • Conprof: 3 x 1 GB x コンポーネントの数 (各コンポーネントは1 日あたり約 1 GB、合計 3 日を占有) + 20 GB の予約スペース
  • Top SQL: 30 x 50 MB x コンポーネントの数 (各コンポーネントは1 日あたり約 50 MB、合計 30 日を占有します)
  • Conprof とTop SQL は予約スペースを共有します
該当なし

Web ブラウザの要件

TiDB はグラファナに依存してデータベース メトリックの視覚化を提供します。 Javascript が有効になっている最新バージョンの Internet Explorer、Chrome、または Firefox で十分です。

このページは役に立ちましたか?

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.