パフォーマンスの概要に関する主要な指標

TiUPを使用して TiDB クラスターをデプロイすると、監視システム (Prometheus および Grafana) も同時にデプロイされます。詳細については、 TiDB モニタリング フレームワークの概要を参照してください。

Grafana ダッシュボードは、PD、TiDB、TiKV、Node_exporter、概要、およびパフォーマンス概要を含む一連のサブ ダッシュボードに分割されています。診断に役立つ指標が多数あります。

パフォーマンス概要ダッシュボードは、TiDB、PD、および TiKV のメトリクスを調整し、次のセクションにそれぞれのメトリクスを表示します。

  • 概要: データベース時間と SQL 実行時間の概要。概要でさまざまな色をチェックすることで、データベースのワークロード プロファイルとパフォーマンスのボトルネックをすぐに特定できます。

  • 負荷プロファイル: データベース QPS、接続情報、アプリケーションが TiDB と対話する MySQL コマンド タイプ、データベース内部 TSO および KV リクエスト OPS、TiKV および TiDB のリソース使用量などの主要なメトリクスとリソース使用量。

  • トップダウンのレイテンシーの内訳: クエリレイテンシーと接続アイドル時間の比率、クエリレイテンシーの内訳、実行中の TSO/KV リクエストレイテンシー、TiKV 内の書き込みレイテンシーの内訳。

パフォーマンス概要ダッシュボードを使用すると、パフォーマンスを効率的に分析し、ユーザー応答時間のボトルネックがデータベースにあるかどうかを確認できます。ボトルネックがデータベース内にある場合は、データベース時間の概要、ワークロード プロファイル、SQLレイテンシー時間の内訳を使用して、データベース内のボトルネックを特定できます。詳細はパフォーマンスの分析とチューニングを参照してください。

次のセクションでは、パフォーマンス概要ダッシュボードのメトリクスを説明します。

パフォーマンスの概要

SQL タイプごとのデータベース時間

  • データベース時間: 1 秒あたりの合計データベース時間
  • sql_type: 各タイプの SQL ステートメントによって消費される 1 秒あたりのデータベース時間

SQLフェーズごとのデータベース時間

  • データベース時間: 1 秒あたりの合計データベース時間
  • トークンの取得/解析/コンパイル/実行: 4 つの SQL 処理フェーズで消費されるデータベース時間

通常、SQL 実行フェーズは緑色で、その他のフェーズは赤色で表示されます。緑色以外の領域が大きい場合は、実行フェーズ以外のフェーズで多くのデータベース時間が消費されていることを意味し、さらなる原因分析が必要になります。

SQL実行時間の概要

  • 実行時間: SQL 実行中に消費されたデータベース時間/秒
  • tso_wait: SQL 実行中の 1 秒あたりの同時 TSO 待機時間
  • kv リクエスト タイプ: SQL 実行中の 1 秒あたりの各 KV リクエスト タイプの待機時間。 KV リクエストは同時実行されるため、KV リクエストの合計待機時間は SQL 実行時間を超える可能性があります。
  • tiflash_mpp: SQL 実行中の 1 秒あたりのTiFlashリクエストの処理時間。

緑色のメトリクスは一般的な KV 書き込みリクエスト (事前書き込みやコミットなど) を表し、青のメトリクスは一般的な読み取りリクエストを表し、紫色のメトリクスはTiFlash MPP リクエストを表し、他の色のメトリクスは注意が必要な予期せぬ状況を表します。たとえば、悲観的ロック KV 要求は赤でマークされ、TSO 待機は濃い茶色でマークされます。

青以外または緑以外の領域が大きい場合は、SQL 実行中にボトルネックがあることを意味します。例えば:

  • 深刻なロック競合が発生した場合、赤い領域が大きな割合を占めます。
  • TSO の待機に時間がかかりすぎると、濃い茶色の領域の割合が大きくなります。

QPS

すべての TiDB インスタンスで 1 秒あたりに実行された SQL ステートメントの数。タイプごとに収集されます: SELECTINSERTUPDATEなど

タイプ別 CPS

タイプに基づく 1 秒あたりにすべての TiDB インスタンスによって処理されるコマンドの数

プラン キャッシュ OPS を使用したクエリ

  • avg-hit: すべての TiDB インスタンスの 1 秒あたりの実行プラン キャッシュを使用したクエリの数
  • avg-miss: すべての TiDB インスタンスの 1 秒あたりの実行プラン キャッシュを使用しないクエリの数

avg-hit + avg-missStmtExecuteに等しく、これは 1 秒あたりに実行されるすべてのクエリの数です。

KV/TSO リクエスト OPS

  • kv request total: すべての TiDB インスタンスにおける 1 秒あたりの KV リクエストの合計数
  • タイプ別の kv リクエスト: GetPrewriteCommitなどのタイプに基づく、すべての TiDB インスタンスにおける 1 秒あたりの KV リクエストの数。
  • tso - cmd: すべての TiDB インスタンスにおける 1 秒あたりのtso cmdリクエストの数
  • tso - リクエスト: すべての TiDB インスタンスにおける 1 秒あたりのtso requestリクエストの数

一般に、 tso - cmdtso - requestで割ると、1 秒あたりのリクエストの平均バッチ サイズが求められます。

ソース別の KV リクエスト時間

  • kv リクエストの合計時間: すべての TiDB インスタンスにおける 1 秒あたりの KV およびTiFlashリクエストの合計処理時間
  • 各 KV リクエストと対応するリクエスト ソースは積み上げ棒グラフを形成しますexternalは通常のビジネス リクエストを示し、 internal内部アクティビティ リクエスト (DDL やauto analyzeリクエストなど) を示します。

TiDB CPU

  • avg: すべての TiDB インスタンスにわたる平均 CPU 使用率
  • デルタ: すべての TiDB インスタンスの最大 CPU 使用率からすべての TiDB インスタンスの最小 CPU 使用率を引いた値
  • max: すべての TiDB インスタンスにわたる最大 CPU 使用率

TiKV CPU/IO MBps

  • CPU-Avg: すべての TiKV インスタンスの平均 CPU 使用率
  • CPU-Delta: すべての TiKV インスタンスの最大 CPU 使用率からすべての TiKV インスタンスの最小 CPU 使用率を引いた値
  • CPU-MAX: すべての TiKV インスタンス間の最大 CPU 使用率
  • IO-Avg: すべての TiKV インスタンスの平均 MBps
  • IO-Delt: すべての TiKV インスタンスの最大 MBps からすべての TiKV インスタンスの最小 MBps を引いた値
  • IO-MAX: すべての TiKV インスタンスの最大 MBps

間隔

  • 期間: 実行時間

    • クライアントから TiDB へのリクエストを受信して​​から、TiDB がリクエストを実行して結果をクライアントに返すまでの期間。一般に、クライアント要求は SQL ステートメントの形式で送信されます。ただし、この期間にはCOM_PINGCOM_SLEEPCOM_STMT_FETCHCOM_SEND_LONG_DATAなどのコマンドの実行時間が含まれる場合があります。
    • TiDB はマルチクエリをサポートしています。これは、クライアントが一度に複数の SQL ステートメント ( select 1; select 1; select 1;など) を送信できることを意味します。この場合、このクエリの合計実行時間には、すべての SQL ステートメントの実行時間が含まれます。
  • avg: すべてのリクエストを実行する平均時間

  • 99: すべてのリクエストを実行するための P99 時間

  • タイプ別の平均: タイプごとに収集された、すべての TiDB インスタンスのすべてのリクエストの実行にかかった平均時間: SELECTINSERT 、およびUPDATE

接続アイドル期間

接続アイドル期間は、接続がアイドル状態である期間を示します。

  • avg-in-txn: 接続がトランザクション内にある場合の平均接続アイドル時間
  • avg-not-in-txn: 接続がトランザクション内にない場合の平均接続アイドル時間
  • 99-in-txn: 接続がトランザクション内にある場合の P99 接続アイドル期間

接続数

  • total: すべての TiDB インスタンスへの接続数
  • アクティブな接続: すべての TiDB インスタンスへのアクティブな接続の数
  • tidb-{node-number}-peer: 各 TiDB インスタンスへの接続数
  • 切断/秒: TiDB クラスター内の切断の数
  • 99-not-in-txn: 接続がトランザクション内にない場合の P99 接続アイドル期間

解析期間、コンパイル期間、および実行期間

  • 解析時間: SQL ステートメントの解析に費やされた時間
  • コンパイル時間: 解析された SQL AST を実行プランにコンパイルするのに費やされた時間
  • 実行時間: SQL ステートメントの実行計画の実行に費やされる時間

これら 3 つのメトリクスにはすべて、すべての TiDB インスタンスの平均期間と 99 パーセンタイル期間が含まれます。

平均 TiDB KV リクエスト期間

タイプGetPrewrite 、およびCommitを含む) に基づくすべての TiDB インスタンスでの KV リクエストの実行に費やされた平均時間。

平均 TiKV GRPC 継続時間

タイプkv_getkv_prewritekv_commitなど) に基づくすべての TiKV インスタンスでの gRPC リクエストの実行に費やされた平均時間。

PD TSO 待機/RPC 期間

  • wait - avg: すべての TiDB インスタンスで PD が TSO を返すまでの平均待ち時間
  • rpc - avg: すべての TiDB インスタンスで TSO リクエストを PD に送信してから TSO を受信するまでの平均時間
  • wait - 99: すべての TiDB インスタンスで PD が TSO を返すまでの P99 時間
  • rpc - 99: TSO リクエストを PD に送信してから、すべての TiDB インスタンスで TSO を受信するまでの P99 時間

ストレージ非同期書き込み期間、保存期間、および適用期間

  • ストレージの非同期書き込み時間: 非同期書き込みにかかる時間
  • ストア期間: 非同期書き込み中のストア ループで消費された時間
  • 適用期間: 非同期書き込み中の適用ループで消費された時間

これら 3 つのメトリクスには、すべての TiKV インスタンスの平均継続時間と P99 継続時間が含まれます。

平均storage非同期書き込み期間 = 平均ストア期間 + 平均適用期間

ログ期間の追加、ログ期間のコミット、およびログ期間の適用

  • ログの追加期間: Raftがログを追加するために費やした時間
  • コミットログ期間: Raftがログをコミットするのに費やした時間
  • ログの適用期間: Raftがログを適用するために費やした時間

これら 3 つのメトリクスには、すべての TiKV インスタンスの平均継続時間と P99 継続時間が含まれます。

パフォーマンス概要パネルのインターフェイス

performance overview

TiFlash

  • CPU: TiFlashインスタンスごとの CPU 使用率。

  • メモリ: TiFlashインスタンスごとのメモリ使用量。

  • IO 使用率: TiFlashインスタンスごとの IO 使用率。

  • MPP クエリ数: TiFlashインスタンスごとの 1 秒あたりのTiFlash MPP クエリの数。

  • リクエスト QPS: すべてのTiFlashインスタンスによって受信されたコプロセッサ リクエストの数。

    • batch : バッチリクエストの数。
    • batch_cop : バッチリクエスト内のコプロセッサリクエストの数。
    • cop : コプロセッサ インターフェイスを介して直接送信されるコプロセッサ リクエストの数。
    • cop_dag : すべてのコプロセッサ リクエスト内の DAG リクエストの数。
    • super_batch : スーパー バッチ機能を有効にするリクエストの数。
  • Executor QPS: すべてのTiFlashインスタンスによって受信されたリクエスト内の各タイプの DAG Executor の数。 table_scanはテーブルスキャン実行者です。 selectionは選択実行者です。 aggregationは集約実行者です。 top_n TopN執行者です。 limitは制限実行者です。

  • リクエスト期間の概要: すべてのTiFlashインスタンスのすべてのリクエスト タイプの 1 秒あたりの合計処理時間の積み上げグラフを提供します。

  • リクエスト期間: すべてのTiFlashインスタンスにおける各 MPP およびコプロセッサ リクエスト タイプの合計処理期間。これは、コプロセッサ要求が受信されてから要求の応答が完了するまでの時間であり、これには平均レイテンシーと p99レイテンシーが含まれます。

  • リクエスト ハンドル時間: すべてのTiFlashインスタンスにおける各 MPP およびコプロセッサ リクエスト タイプの実際の処理時間。これは、コプロセッサ リクエストの実行の開始から実行の完了までであり、平均レイテンシーと p99レイテンシーが含まれます。

  • Raft待機インデックス期間: すべてのTiFlashインスタンスのwait_indexによって使用される時間、つまり、 read_indexリクエストを受信した後、リージョンインデックス >= read_indexになるまで待機するために使用される時間。

  • Raftバッチ読み取りインデックス期間: すべてのTiFlashインスタンスにread_indexが使用する時間。ほとんどの時間は、リージョンリーダーとの対話と再試行に費やされます。

  • インスタンスごとの書き込みスループット: インスタンスごとの書き込みのスループット。これには、 Raft書き込みコマンドとRaftスナップショットを適用することによるスループットが含まれます。

  • 書き込みフロー: すべてのTiFlashインスタンスによるディスク書き込みのトラフィック。

  • 読み取りフロー: すべてのTiFlashインスタンスによるディスク読み取りのトラフィック。

CDC

  • CPU 使用率: TiCDC ノードごとの CPU 使用率。

  • メモリ使用量: TiCDC ノードごとのメモリ使用量。

  • ゴルーチン数: TiCDC ノードごとのゴルーチンの数。

  • チェンジフィード チェックポイント ラグ: 上流と下流の間のデータ レプリケーションの進行ラグ (単位は秒)。

  • 変更フィード解決 ts ラグ: 上流ノードと TiCDC ノード間のデータ複製の進行ラグ (単位は秒)。

  • 変更フィードのステータス:

    • 0: 通常
    • 1: エラー
    • 2: 失敗しました
    • 3:停止中
    • 4: 完了
    • -1: 不明
  • Puller 出力イベント/秒: TiCDC ノードの Puller モジュールが Sorter モジュールに送信する 1 秒あたりの行数。

  • ソーター出力イベント/秒: TiCDC ノードのソーター モジュールがマウンター モジュールに送信する 1 秒あたりの行数。

  • マウンター出力イベント/秒: TiCDC ノードのマウンター モジュールがシンク モジュールに送信する 1 秒あたりの行数。

  • テーブル シンク出力イベント/秒: TiCDC ノードのテーブル ソーター モジュールがシンク モジュールに送信する 1 秒あたりの行数。

  • SinkV2 - シンク フラッシュ行数/秒: TiCDC ノードのシンク モジュールがダウンストリームに送信する 1 秒あたりの行数。

  • トランザクションシンクのフル フラッシュ期間: TiCDC ノードの MySQL シンクによるダウンストリーム トランザクションの書き込みの平均レイテンシーと p999レイテンシー。

  • MQ ワーカーのメッセージ送信期間パーセンタイル: ダウンストリームが Kafka である場合の MQ ワーカーによるメッセージ送信のレイテンシー。

  • Kafka 送信バイト: MQ ワークロードでのダウンストリーム トランザクションの書き込みトラフィック。

このページは役に立ちましたか?

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.