外部キーの制約

TiDB は v6.6.0 以降、関連データのテーブル間参照を可能にする外部キー機能と、データの一貫性を維持するための外部キー制約をサポートします。

外部キーは子テーブルで定義されます。構文は次のとおりです。

ForeignKeyDef
CONSTRAINTIdentifierFOREIGNKEYIdentifier(ColumnName,)REFERENCESTableName(ColumnName,)ONDELETEReferenceOptionONUPDATEReferenceOption
ReferenceOption
RESTRICTCASCADESETNULLSETDEFAULTNOACTION

ネーミング

外部キーの命名は次の規則に従います。

  • CONSTRAINT identifierで名前が指定されている場合は、指定された名前が使用されます。
  • CONSTRAINT identifierで名前が指定されていないが、 FOREIGN KEY identifierで名前が指定されている場合は、 FOREIGN KEY identifierで指定した名前が使用されます。
  • CONSTRAINT identifierFOREIGN KEY identifier名前を指定しない場合は、 fk_1fk_2fk_3などの名前が自動的に生成されます。
  • 外部キー名は、現在のテーブル内で一意である必要があります。それ以外の場合、外部キーの作成時にエラーERROR 1826: Duplicate foreign key constraint name 'fk'が報告されます。

制限

外部キーを作成するときは、次の条件を満たす必要があります。

  • 親テーブルも子テーブルも一時テーブルではありません。

  • ユーザーは親テーブルに対するREFERENCES権限を持っています。

  • 親テーブルと子テーブルの外部キーによって参照される列は、同じデータ型で、同じサイズ、精度、長さ、文字セット、および照合順序を持ちます。

  • 外部キー内の列はそれ自体を参照できません。

  • 外部キーの列と参照される親テーブルの列は同じインデックスを持ち、インデックス内の列の順序は外部キーの列の順序と一致します。これは、外部キー制約チェックを実行するときにインデックスを使用してテーブル全体のスキャンを回避するためです。

    • 親テーブルに対応する外部キー インデックスがない場合は、エラーERROR 1822: Failed to add the foreign key constraint. Missing index for constraint 'fk' in the referenced table 't'が報告されます。
    • 子テーブルに対応する外部キー インデックスがない場合は、外部キーと同じ名前のインデックスが自動的に作成されます。
  • BLOBまたはTEXTタイプの列での外部キーの作成はサポートされていません。

  • パーティションテーブルでの外部キーの作成はサポートされていません。

  • 仮想生成列での外部キーの作成はサポートされていません。

参照操作

UPDATEまたはDELETE操作が親テーブルの外部キー値に影響を与える場合、子テーブルの対応する外部キー値は、外部キー定義のON UPDATEまたはON DELETE句で定義された参照操作によって決定されます。参照操作には次のものが含まれます。

  • CASCADE : UPDATEまたはDELETE操作が親テーブルに影響を与える場合、子テーブル内の一致する行が自動的に更新または削除されます。カスケード操作は深さ優先で実行されます。
  • SET NULL : UPDATEまたはDELETE操作が親テーブルに影響を与える場合、子テーブル内の一致する外部キー列を自動的にNULLに設定します。
  • RESTRICT : 子テーブルに一致する行が含まれる場合、 UPDATEまたはDELETE操作を拒否します。
  • NO ACTIONRESTRICTと同じ。
  • SET DEFAULTRESTRICTと同じ。

親テーブルに一致する外部キー値がない場合、子テーブルに対するINSERTまたはUPDATE操作は拒否されます。

外部キー定義でON DELETEまたはON UPDATEが指定されていない場合、デフォルトの動作はNO ACTIONです。

外部キーがSTORED GENERATED COLUMNで定義されている場合、 CASCADESET NULL 、およびSET DEFAULTの参照はサポートされません。

外部キーの使用例

次の例では、単一列の外部キーを使用して、親テーブルと子テーブルを関連付けます。

CREATE TABLE parent ( id INT KEY ); CREATE TABLE child ( id INT, pid INT, INDEX idx_pid (pid), FOREIGN KEY (pid) REFERENCES parent(id) ON DELETE CASCADE );

以下は、 product_orderテーブルに他の 2 つのテーブルを参照する 2 つの外部キーがある、より複雑な例です。 1 つの外部キーはproductテーブルの 2 つのインデックスを参照し、もう 1 つはcustomerテーブルの 1 つのインデックスを参照します。

CREATE TABLE product ( category INT NOT NULL, id INT NOT NULL, price DECIMAL(20,10), PRIMARY KEY(category, id) ); CREATE TABLE customer ( id INT KEY ); CREATE TABLE product_order ( id INT NOT NULL AUTO_INCREMENT, product_category INT NOT NULL, product_id INT NOT NULL, customer_id INT NOT NULL, PRIMARY KEY(id), INDEX (product_category, product_id), INDEX (customer_id), FOREIGN KEY (product_category, product_id) REFERENCES product(category, id) ON UPDATE CASCADE ON DELETE RESTRICT, FOREIGN KEY (customer_id) REFERENCES customer(id) );

外部キー制約を作成する

外部キー制約を作成するには、次のALTER TABLEステートメントを使用できます。

ALTER TABLE table_name ADD [CONSTRAINT [identifier]] FOREIGN KEY [identifier] (col_name, ...) REFERENCES tbl_name (col_name,...) [ON DELETE reference_option] [ON UPDATE reference_option]

外部キーは自己参照、つまり同じテーブルを参照することができます。 ALTER TABLEを使用してテーブルに外部キー制約を追加する場合は、まず外部キーが参照する親テーブルの列にインデックスを作成する必要があります。

外部キー制約を削除する

外部キー制約を削除するには、次のALTER TABLEステートメントを使用できます。

ALTER TABLE table_name DROP FOREIGN KEY fk_identifier;

外部キー制約の作成時に名前が付けられている場合は、その名前を参照して外部キー制約を削除できます。それ以外の場合は、自動的に生成された制約名を使用して制約を削除する必要があります。 SHOW CREATE TABLEを使用すると、外部キー名を表示できます。

mysql> SHOW CREATE TABLE child\G *************************** 1. row *************************** Table: child Create Table: CREATE TABLE `child` ( `id` int(11) DEFAULT NULL, `pid` int(11) DEFAULT NULL, KEY `idx_pid` (`pid`), CONSTRAINT `fk_1` FOREIGN KEY (`pid`) REFERENCES `test`.`parent` (`id`) ON DELETE CASCADE ) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8mb4 COLLATE=utf8mb4_bin

外部キー制約チェック

TiDB は、システム変数foreign_key_checksによって制御される外部キー制約チェックをサポートしています。デフォルトでは、この変数はONに設定されており、外部キー制約チェックが有効であることを意味します。この変数にはGLOBALSESSION 2 つのスコープがあります。この変数を有効にしておくと、外部キー参照関係の整合性を確保できます。

外部キー制約チェックを無効にした場合の影響は次のとおりです。

  • 外部キーによって参照される親テーブルを削除する場合、外部キー制約チェックが無効になっている場合にのみ削除が成功します。
  • データをデータベースにインポートする場合、テーブルの作成順序が外部キーの依存関係の順序と異なる場合があり、これによりテーブルの作成が失敗する可能性があります。外部キー制約チェックが無効になっている場合にのみ、テーブルを正常に作成できます。さらに、外部キー制約チェックを無効にすると、データのインポートが高速化されます。
  • データベースにデータをインポートするときに、子テーブルのデータが最初にインポートされると、エラーが報告されます。外部キー制約チェックが無効になっている場合にのみ、子テーブルのデータを正常にインポートできます。
  • 実行さALTER TABLE操作に外部キーの変更が含まれる場合、この操作は外部キー制約チェックが無効になっている場合にのみ成功します。

外部キー制約チェックが無効になっている場合、次の場合を除き、外部キー制約チェックおよび参照操作は実行されません。

  • ALTER TABLEの実行により外部キーの定義が間違っている可能性がある場合でも、実行中にエラーが報告されます。
  • 外部キーに必要なインデックスを削除する場合は、最初に外部キーを削除する必要があります。それ以外の場合は、エラーが報告されます。
  • 外部キーを作成しても、関連する条件や制限を満たさない場合、エラーが報告されます。

ロック

INSERTまたはUPDATEが子テーブルの場合、外部キー制約は、対応する外部キー値が親テーブルに存在するかどうかをチェックし、親テーブルの行をロックして、外部キー制約に違反する他の操作によって外部キー値が削除されるのを防ぎます。ロック動作は、親テーブル内の外部キー値が存在する行に対してSELECT FOR UPDATE操作を実行することと同じです。

TiDB は現在LOCK IN SHARE MODEをサポートしていないため、子テーブルが多数の同時書き込みを受け入れ、参照される外部キー値のほとんどが同じである場合、深刻なロックの競合が発生する可能性があります。大量の子テーブルデータを書き込む場合は、 foreign_key_checks無効にすることをお勧めします。

外部キーの定義とメタデータ

外部キー制約の定義を表示するには、 SHOW CREATE TABLEステートメントを実行します。

mysql> SHOW CREATE TABLE child\G *************************** 1. row *************************** Table: child Create Table: CREATE TABLE `child` ( `id` int(11) DEFAULT NULL, `pid` int(11) DEFAULT NULL, KEY `idx_pid` (`pid`), CONSTRAINT `fk_1` FOREIGN KEY (`pid`) REFERENCES `test`.`parent` (`id`) ON DELETE CASCADE ) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8mb4 COLLATE=utf8mb4_bin

次のシステム テーブルのいずれかを使用して、外部キーに関する情報を取得することもできます。

以下に例を示します。

INFORMATION_SCHEMA.KEY_COLUMN_USAGEシステム テーブルから外部キーに関する情報を取得します。

mysql> SELECT TABLE_SCHEMA, TABLE_NAME, COLUMN_NAME, CONSTRAINT_NAME FROM INFORMATION_SCHEMA.KEY_COLUMN_USAGE WHERE REFERENCED_TABLE_SCHEMA IS NOT NULL; +--------------+---------------+------------------+-----------------+ | TABLE_SCHEMA | TABLE_NAME | COLUMN_NAME | CONSTRAINT_NAME | +--------------+---------------+------------------+-----------------+ | test | child | pid | fk_1 | | test | product_order | product_category | fk_1 | | test | product_order | product_id | fk_1 | | test | product_order | customer_id | fk_2 | +--------------+---------------+------------------+-----------------+

INFORMATION_SCHEMA.TABLE_CONSTRAINTSシステム テーブルから外部キーに関する情報を取得します。

mysql> SELECT * FROM INFORMATION_SCHEMA.TABLE_CONSTRAINTS WHERE CONSTRAINT_TYPE='FOREIGN KEY'\G ***************************[ 1. row ]*************************** CONSTRAINT_CATALOG | def CONSTRAINT_SCHEMA | test CONSTRAINT_NAME | fk_1 TABLE_SCHEMA | test TABLE_NAME | child CONSTRAINT_TYPE | FOREIGN KEY

INFORMATION_SCHEMA.REFERENTIAL_CONSTRAINTSシステム テーブルから外部キーに関する情報を取得します。

mysql> SELECT * FROM INFORMATION_SCHEMA.REFERENTIAL_CONSTRAINTS\G ***************************[ 1. row ]*************************** CONSTRAINT_CATALOG | def CONSTRAINT_SCHEMA | test CONSTRAINT_NAME | fk_1 UNIQUE_CONSTRAINT_CATALOG | def UNIQUE_CONSTRAINT_SCHEMA | test UNIQUE_CONSTRAINT_NAME | PRIMARY MATCH_OPTION | NONE UPDATE_RULE | NO ACTION DELETE_RULE | CASCADE TABLE_NAME | child REFERENCED_TABLE_NAME | parent

外部キーを使用して実行計画をビュー

EXPLAINステートメントを使用して実行計画を表示できます。 Foreign_Key_Check演算子は、実行される DML ステートメントに対して外部キー制約チェックを実行します。

mysql> explain insert into child values (1,1); +-----------------------+---------+------+---------------+-------------------------------+ | id | estRows | task | access object | operator info | +-----------------------+---------+------+---------------+-------------------------------+ | Insert_1 | N/A | root | | N/A | | └─Foreign_Key_Check_3 | 0.00 | root | table:parent | foreign_key:fk_1, check_exist | +-----------------------+---------+------+---------------+-------------------------------+

EXPLAIN ANALYZEステートメントを使用すると、外部キー参照動作の実行を表示できます。 Foreign_Key_Cascade演算子は、実行される DML ステートメントの外部キー参照を実行します。

mysql> explain analyze delete from parent where id = 1; +----------------------------------+---------+---------+-----------+---------------------------------+----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+---------------------------------------------+-----------+------+ | id | estRows | actRows | task | access object | execution info | operator info | memory | disk | +----------------------------------+---------+---------+-----------+---------------------------------+----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+---------------------------------------------+-----------+------+ | Delete_2 | N/A | 0 | root | | time:117.3µs, loops:1 | N/A | 380 Bytes | N/A | | ├─Point_Get_1 | 1.00 | 1 | root | table:parent | time:63.6µs, loops:2, Get:{num_rpc:1, total_time:29.9µs} | handle:1 | N/A | N/A | | └─Foreign_Key_Cascade_3 | 0.00 | 0 | root | table:child, index:idx_pid | total:1.28ms, foreign_keys:1 | foreign_key:fk_1, on_delete:CASCADE | N/A | N/A | | └─Delete_7 | N/A | 0 | root | | time:904.8µs, loops:1 | N/A | 1.11 KB | N/A | | └─IndexLookUp_11 | 10.00 | 1 | root | | time:869.5µs, loops:2, index_task: {total_time: 371.1µs, fetch_handle: 357.3µs, build: 1.25µs, wait: 12.5µs}, table_task: {total_time: 382.6µs, num: 1, concurrency: 5} | | 9.13 KB | N/A | | ├─IndexRangeScan_9(Build) | 10.00 | 1 | cop[tikv] | table:child, index:idx_pid(pid) | time:351.2µs, loops:3, cop_task: {num: 1, max: 282.3µs, proc_keys: 0, rpc_num: 1, rpc_time: 263µs, copr_cache_hit_ratio: 0.00, distsql_concurrency: 15}, tikv_task:{time:220.2µs, loops:0} | range:[1,1], keep order:false, stats:pseudo | N/A | N/A | | └─TableRowIDScan_10(Probe) | 10.00 | 1 | cop[tikv] | table:child | time:223.9µs, loops:2, cop_task: {num: 1, max: 168.8µs, proc_keys: 0, rpc_num: 1, rpc_time: 154.5µs, copr_cache_hit_ratio: 0.00, distsql_concurrency: 15}, tikv_task:{time:145.6µs, loops:0} | keep order:false, stats:pseudo | N/A | N/A | +----------------------------------+---------+---------+-----------+---------------------------------+----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+---------------------------------------------+-----------+------+

互換性

TiDB バージョン間の互換性

v6.6.0 より前では、TiDB は外部キーを作成する構文をサポートしていますが、作成された外部キーは無効です。 v6.6.0 より前に作成された TiDB クラスターを v6.6.0 以降にアップグレードした場合、アップグレード前に作成された外部キーは依然として無効です。 v6.6.0 以降のバージョンで作成された外部キーのみが有効です。無効な外部キーを削除し、新しい外部キーを作成して、外部キー制約を有効にすることができます。 SHOW CREATE TABLEステートメントを使用して、外部キーが有効かどうかを確認できます。無効な外部キーには/* FOREIGN KEY INVALID */コメントがあります。

mysql> SHOW CREATE TABLE child\G ***************************[ 1. row ]*************************** Table | child Create Table | CREATE TABLE `child` ( `id` int(11) DEFAULT NULL, `pid` int(11) DEFAULT NULL, KEY `idx_pid` (`pid`), CONSTRAINT `fk_1` FOREIGN KEY (`pid`) REFERENCES `test`.`parent` (`id`) ON DELETE CASCADE /* FOREIGN KEY INVALID */ ) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8mb4 COLLATE=utf8mb4_bin

TiDB ツールとの互換性

  • TiDBBinlogは外部キーをサポートしません。
  • DMは外部キーをサポートしません。 DM v6.6.0 では、データを TiDB にレプリケートするときに、ダウンストリーム TiDB のforeign_key_checksが無効になります。したがって、外部キーによって引き起こされるカスケード操作は上流から下流にレプリケートされず、データの不整合が発生する可能性があります。この動作は、以前の DM バージョンと一致しています。
  • TiCDC v6.6.0 は外部キーと互換性があります。 TiCDC の以前のバージョンでは、外部キーを含むテーブルを複製するときにエラーが報告される場合がありました。 v6.6.0 より前の TiCDC バージョンを使用する場合は、ダウンストリーム TiDB クラスターのforeign_key_checks無効にすることをお勧めします。
  • BR v6.6.0 は外部キーと互換性があります。 BRの以前のバージョンでは、外部キーを含むテーブルを v6.6.0 以降のクラスターに復元するときにエラーが報告される場合があります。 v6.6.0 より前のBRを使用する場合は、クラスターを復元する前にダウンストリーム TiDB クラスターのforeign_key_checks無効にすることをお勧めします。
  • TiDB Lightningを使用する場合は、データをインポートする前にダウンストリーム TiDB クラスターのforeign_key_checks無効にすることをお勧めします。
  • Dumplingは外部キーと互換性があります。
  • アップストリーム データベースとダウンストリーム データベースの間でデータを比較するために同期差分インスペクターを使用する場合、データベースのバージョンが異なり、 ダウンストリーム TiDB 内の無効な外部キーある場合、 sync-diff-inspector はテーブル スキーマの不一致エラーを報告する可能性があります。これは、TiDB v6.6.0 が無効な外部キーに対して/* FOREIGN KEY INVALID */コメントを追加するためです。

MySQLとの互換性

名前を指定せずに外部キーを作成すると、TiDB によって生成される名前は MySQL によって生成される名前とは異なります。たとえば、TiDB によって生成される外部キー名はfk_1fk_2 、およびfk_3ですが、MySQL によって生成される外部キー名はtable_name_ibfk_1table_name_ibfk_2 、およびtable_name_ibfk_3です。

MySQL と TiDB は両方とも「インラインREFERENCES仕様」を解析しますが、無視します。 FOREIGN KEYの定義の一部であるREFERENCES仕様のみがチェックされ、適用されます。次の例では、 REFERENCES句を使用して外部キー制約を作成します。

CREATE TABLE parent ( id INT KEY ); CREATE TABLE child ( id INT, pid INT REFERENCES parent(id) ); SHOW CREATE TABLE child;

出力は、 childテーブルに外部キーが含まれていないことを示しています。

+-------+-------------------------------------------------------------+ | Table | Create Table | +-------+-------------------------------------------------------------+ | child | CREATE TABLE `child` ( | | | `id` int(11) DEFAULT NULL, | | | `pid` int(11) DEFAULT NULL | | | ) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8mb4 COLLATE=utf8mb4_bin | +-------+-------------------------------------------------------------+

このページは役に立ちましたか?

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.