Dumpling を使用してデータをエクスポートする

このドキュメントでは、データ エクスポート ツールDumplingについて紹介します。 Dumpling は、 TiDB/MySQL に保存されているデータを SQL または CSV データ ファイルとしてエクスポートし、論理完全バックアップまたはエクスポートの作成に使用できます。 Dumpling は、Amazon S3 へのデータのエクスポートもサポートしています。

tiup install dumplingを実行すると、 TiUP使用してDumplingを入手できます。その後、 tiup dumpling ...使用してDumplingを実行できます。

Dumplingインストール パッケージは、 TiDB Toolkitに含まれています。 TiDB Toolkitをダウンロードするには、 TiDB ツールをダウンロードを参照してください。

次のコマンドを使用してDumplingをインストールできます。

curl --proto '=https' --tlsv1.2 -sSf https://tiup-mirrors.pingcap.com/install.sh | sh source ~/.bash_profile tiup install dumpling

上記のコマンドでは、 ~/.bash_profileプロファイル ファイルのパスに変更する必要があります。

Dumplingの詳細な使用方法については、 --helpオプションを使用するか、 Dumplingのオプション一覧を参照してください。

Dumplingを使用する場合は、実行中のクラスターでエクスポート コマンドを実行する必要があります。

TiDB は、必要に応じて使用できる他のツールも提供します。

  • SST ファイル (キーと値のペア) のバックアップ、またはレイテンシーの影響を受けない増分データのバックアップについては、 BRを参照してください。
  • 増分データのリアルタイム バックアップについては、 TiCDCを参照してください。
  • エクスポートされたすべてのデータは、 TiDB Lightning使用して TiDB にインポートして戻すことができます。

注記:

PingCAP は以前、TiDB に固有の拡張機能を備えたマイダンパープロジェクトのフォークを維持していました。 Mydumper の詳細については、 v4.0 Mydumper ドキュメントを参照してください。 v7.5.0 以降、 マイダンパーは非推奨となり、その機能のほとんどがDumplingに置き換えられました。 Mydumper の代わりにDumpling を使用することを強くお勧めします。

Mydumper と比較して、 Dumplingには次の改良点があります。

  • SQL や CSV などの複数の形式でのデータのエクスポートをサポートします。
  • データのフィルタリングを容易にするテーブルフィルター機能をサポートします。
  • Amazon S3 クラウドstorageへのデータのエクスポートをサポートします。
  • TiDB に対してさらに最適化が行われています。
    • 単一のTiDB SQLステートメントのメモリ制限の構成をサポートします。
    • Dumpling がPD に直接接続できる場合、 Dumpling はTiDB v4.0.0 以降のバージョンの TiDB GC 時間の自動調整をサポートします。
    • TiDB の非表示列_tidb_rowidを使用して、単一テーブルからの同時データ エクスポートのパフォーマンスを最適化します。
    • TiDB の場合、値tidb_snapshotを設定してデータ バックアップの時点を指定できます。一貫性を確保するためにFLUSH TABLES WITH READ LOCKを使用するのではなく、これによりバックアップの一貫性が確保されます。

注記:

次のシナリオでは、Dumpling はPD に接続できません。

  • TiDB クラスターは Kubernetes 上で実行されます ( Dumpling自体が Kubernetes 環境内で実行されない限り)。
  • TiDB クラスターはTiDB Cloud上で実行されています。

このような場合、エクスポートの失敗を避けるために手動でTiDB GC 時間を調整するを行う必要があります。

TiDB または MySQL からデータをエクスポートする

必要な権限

  • PROCESS: クラスター情報をクエリして PD アドレスを取得し、PD 経由で GC を制御するために必要です。
  • SELECT: テーブルをエクスポートする場合に必要です。
  • RELOAD: consistency flushを使用する場合は必須です。 TiDB のみがこの権限をサポートしていることに注意してください。アップストリームが RDS データベースまたはマネージド サービスである場合、この権限は無視できます。
  • LOCK TABLES: consistency lockを使用する場合は必須です。この権限は、エクスポートするすべてのデータベースとテーブルに付与する必要があります。
  • レプリケーション クライアント: メタデータをエクスポートしてデータ スナップショットを記録する場合に必要です。この権限はオプションであり、メタデータをエクスポートする必要がない場合は無視できます。

SQL ファイルにエクスポート

このドキュメントでは、127.0.0.1:4000 ホスト上に TiDB インスタンスが存在し、この TiDB インスタンスにはパスワードのない root ユーザーがいることを前提としています。

Dumpling は、デフォルトでデータを SQL ファイルにエクスポートします。 --filetype sqlフラグを追加して、データを SQL ファイルにエクスポートすることもできます。

dumpling -u root -P 4000 -h 127.0.0.1 --filetype sql -t 8 -o /tmp/test -r 200000 -F 256MiB

上記のコマンドでは次のようになります。

  • -h-P 、および-uオプションは、それぞれアドレス、ポート、およびユーザーを意味します。認証にパスワードが必要な場合は、 -p $YOUR_SECRET_PASSWORDを使用してパスワードをDumplingに渡すことができます。
  • -o (または--output ) オプションは、絶対ローカル ファイル パスまたは外部storageURIをサポートするstorageのエクスポート ディレクトリを指定します。
  • -tオプションは、エクスポートのスレッド数を指定します。スレッドの数を増やすと、 Dumplingの同時実行性とエクスポート速度が向上し、データベースのメモリ消費量も増加します。したがって、あまり大きな数値を設定することはお勧めできません。通常は 64 未満です。
  • -rオプションを使用すると、テーブル内の同時実行が有効になり、エクスポートが高速化されます。デフォルト値は0で、これは無効を意味します。 0 より大きい値は有効であることを意味し、値はINTタイプです。ソース データベースが TiDB の場合、0 より大きい-r値は、TiDB リージョン情報が分割に使用され、メモリ使用量が削減されることを示します。特定の-r値は分割アルゴリズムには影響しません。ソース データベースが MySQL で、主キーがINTタイプの場合、 -r指定するとテーブル内の同時実行性も有効になります。
  • -Fオプションは、単一ファイルの最大サイズを指定するために使用されます (ここでの単位はMiBです5GiB8KBなどの入力も受け入れられます)。 TiDB Lightningを使用してこのファイルを TiDB インスタンスにロードする予定がある場合は、その値を 256 MiB 以下に保つことをお勧めします。

注記:

エクスポートされる 1 つのテーブルのサイズが 10 GB を超える場合は、 -rおよび-Fオプションを使用することを強くお勧めします。

storageサービスの URI 形式

このセクションでは、Amazon S3、GCS、Azure Blob Storage などのstorageサービスの URI 形式について説明します。 URI の形式は次のとおりです。

[scheme]://[host]/[path]?[parameters]

詳細については、 外部ストレージ サービスの URI 形式を参照してください。

CSV ファイルにエクスポート

引数--filetype csvを追加すると、データを CSV ファイルにエクスポートできます。

データを CSV ファイルにエクスポートする場合、 --sql <SQL>を使用して SQL ステートメントでレコードをフィルターできます。たとえば、次のコマンドを使用して、 test.sbtest1id < 100に一致するすべてのレコードをエクスポートできます。

./dumpling -u root -P 4000 -h 127.0.0.1 -o /tmp/test --filetype csv --sql 'select * from `test`.`sbtest1` where id < 100' -F 100MiB --output-filename-template 'test.sbtest1.{{.Index}}'

上記のコマンドでは次のようになります。

  • --sqlオプションは、CSV ファイルへのエクスポートにのみ使用できます。上記のコマンドは、エクスポートされるすべてのテーブルに対してSELECT * FROM <table-name> WHERE id <100ステートメントを実行します。テーブルに指定されたフィールドがない場合、エクスポートは失敗します。
  • --sqlオプションを使用すると、 Dumpling はエクスポートされたテーブルとスキーマの情報を取得できません。 --output-filename-templateオプションを使用して CSV ファイルのファイル名形式を指定できます。これにより、その後TiDB Lightningを使用してデータ ファイルをインポートすることが容易になります。たとえば、 --output-filename-template='test.sbtest1.{{.Index}}'エクスポートされた CSV ファイルの名前がtest.sbtest1.000000000またはtest.sbtest1.000000001であることを指定します。
  • --sqlオプションを使用すると、 Dumpling はエクスポートされたテーブルとスキーマの情報を取得できません。 --output-filename-templateオプションを使用して、CSV ファイルのファイル名の形式を指定できます。たとえば、 --output-filename-template='test.sbtest1.{{.Index}}'エクスポートされた CSV ファイルの名前がtest.sbtest1.000000000またはtest.sbtest1.000000001であることを指定します。
  • --csv-separator--csv-delimiterのようなオプションを使用して、CSV ファイル形式を構成できます。詳細はDumplingオプション一覧を参照してください。

注記:

Dumplingでは文字列キーワードは区別されません。インポートされたデータが Boolean 型の場合、値true1に変換され、値false0に変換されます。

エクスポートしたデータファイルを圧縮する

--compress <format>オプションを使用すると、 Dumplingによってエクスポートされた CSV、SQL データ、およびテーブル構造ファイルを圧縮できます。このパラメーターは、圧縮アルゴリズムgzipsnappy 、およびzstdをサポートします。圧縮はデフォルトでは無効になっています。

  • このオプションは、個々のデータとテーブル構造ファイルのみを圧縮します。フォルダー全体を圧縮して単一の圧縮パッケージを生成することはできません。
  • このオプションを使用するとディスク領域を節約できますが、エクスポート速度が遅くなり、CPU 消費量も増加します。エクスポート速度が重要なシナリオでは、このオプションを慎重に使用してください。
  • TiDB Lightning v6.5.0 以降のバージョンでは、追加の構成を行わずに、 Dumplingによってエクスポートされた圧縮ファイルをデータ ソースとして使用できます。

注記:

Snappy 圧縮ファイルは公式の Snappy フォーマットに存在する必要があります。 Snappy 圧縮の他のバリアントはサポートされていません。

エクスポートされるファイルの形式

  • metadata : エクスポートされたファイルの開始時刻とマスター バイナリ ログの位置。

    cat metadata
    Started dump at: 2020-11-10 10:40:19 SHOW MASTER STATUS: Log: tidb-binlog Pos: 420747102018863124 Finished dump at: 2020-11-10 10:40:20
  • {schema}-schema-create.sql : スキーマの作成に使用される SQL ファイル

    cat test-schema-create.sql
    CREATE DATABASE `test` /*!40100 DEFAULT CHARACTER SET utf8mb4 */;
  • {schema}.{table}-schema.sql : テーブルの作成に使用される SQL ファイル

    cat test.t1-schema.sql
    CREATE TABLE `t1` ( `id` int(11) DEFAULT NULL ) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8mb4 COLLATE=utf8mb4_bin;
  • {schema}.{table}.{0001}.{sql|csv} : 日付ソースファイル

    cat test.t1.0.sql
    /*!40101 SET NAMES binary*/; INSERT INTO `t1` VALUES (1);
  • *-schema-view.sql*-schema-trigger.sql*-schema-post.sql : その他のエクスポートされたファイル

データを Amazon S3 クラウドstorageにエクスポートする

v4.0.8 以降、 Dumpling はクラウド ストレージへのデータのエクスポートをサポートします。データを Amazon S3 にバックアップする必要がある場合は、 -oパラメータで Amazon S3storageパスを指定する必要があります。

指定されたリージョンに Amazon S3 バケットを作成する必要があります ( Amazon ドキュメント - S3 バケットの作成方法を参照)。バケット内にフォルダーを作成する必要がある場合は、 Amazon ドキュメント - フォルダーの作成を参照してください。

Amazon S3 バックエンドstorageにアクセスする権限を持つアカウントのSecretKeyAccessKey環境変数としてDumplingノードに渡します。

export AWS_ACCESS_KEY_ID=${AccessKey} export AWS_SECRET_ACCESS_KEY=${SecretKey}

Dumpling は、資格情報ファイルの~/.aws/credentialsからの読み取りもサポートしています。 URI パラメータの説明の詳細については、 外部ストレージ サービスの URI 形式を参照してください。

./dumpling -u root -P 4000 -h 127.0.0.1 -r 200000 -o "s3://${Bucket}/${Folder}"

エクスポートされたデータをフィルタリングする

--whereオプションを使用してデータをフィルタリングします

デフォルトでは、 Dumpling はシステム データベース ( mysqlsysINFORMATION_SCHEMAPERFORMANCE_SCHEMAMETRICS_SCHEMA 、およびINSPECTION_SCHEMAを含む) を除くすべてのデータベースをエクスポートします。 --where <SQL where expression>使用して、エクスポートするレコードを選択できます。

./dumpling -u root -P 4000 -h 127.0.0.1 -o /tmp/test --where "id < 100"

上記のコマンドは、各テーブルからid < 100に一致するデータをエクスポートします。 --whereパラメータを--sqlと一緒に使用することはできないことに注意してください。

--filterオプションを使用してデータをフィルタリングします。

Dumpling は、 --filterオプションでテーブル フィルターを指定することで、特定のデータベースまたはテーブルをフィルターできます。テーブル フィルターの構文は.gitignoreの構文と似ています。詳細はテーブルフィルターを参照してください。

./dumpling -u root -P 4000 -h 127.0.0.1 -o /tmp/test -r 200000 --filter "employees.*" --filter "*.WorkOrder"

上記のコマンドは、 employeesデータベースのすべてのテーブルと、すべてのデータベースのWorkOrderテーブルをエクスポートします。

-Bまたは-Tオプションを使用してデータをフィルタリングします。

Dumpling は、 -Bオプションを使用して特定のデータベースをエクスポートしたり、 -Tオプションを使用して特定のテーブルをエクスポートしたりすることもできます。

注記:

  • --filterオプションと-Tオプションを同時に使用することはできません。
  • -Tオプションはdatabase-name.table-nameのような完全な形式の入力のみを受け入れることができ、テーブル名のみの入力は受け入れられません。例:Dumplingは-T WorkOrderを認識できません。

例:

  • -B employees employeesデータベースをエクスポートします。
  • -T employees.WorkOrder employees.WorkOrderテーブルをエクスポートします。

同時実行によるエクスポート効率の向上

エクスポートされたファイルは、デフォルトでは./export-<current local time>ディレクトリに保存されます。一般的に使用されるオプションは次のとおりです。

  • -tオプションは、エクスポートのスレッド数を指定します。スレッドの数を増やすと、 Dumplingの同時実行性とエクスポート速度が向上し、データベースのメモリ消費量も増加します。したがって、あまり大きな数値を設定することはお勧めできません。
  • -rオプションを使用すると、テーブル内の同時実行が有効になり、エクスポートが高速化されます。デフォルト値は0で、これは無効を意味します。 0 より大きい値は有効であることを意味し、値はINTタイプです。ソース データベースが TiDB の場合、0 より大きい-r値は、TiDB リージョン情報が分割に使用され、メモリ使用量が削減されることを示します。特定の-r値は分割アルゴリズムには影響しません。ソース データベースが MySQL で、主キーがINTタイプの場合、 -r指定するとテーブル内の同時実行性も有効になります。
  • --compress <format>オプションは、ダンプの圧縮形式を指定します。次の圧縮アルゴリズムをサポートしています: gzipsnappy 、およびzstd 。このオプションを使用すると、storageがボトルネックになっている場合、またはstorage容量が懸念される場合に、データのダンプを高速化できます。欠点は、CPU 使用率の増加です。各ファイルは個別に圧縮されます。

上記のオプションを指定すると、 Dumpling のデータ エクスポートの速度が速くなります。

Dumpling のデータ整合性オプションを調整する

注記:

データ整合性オプションのデフォルト値はautoです。ほとんどのシナリオでは、 Dumplingのデフォルトのデータ整合性オプションを調整する必要はありません。

Dumpling は--consistency <consistency level>オプションを使用して、「一貫性保証」のためにデータをエクスポートする方法を制御します。整合性のためにスナップショットを使用する場合、 --snapshotオプションを使用して、バックアップするタイムスタンプを指定できます。次のレベルの一貫性を使用することもできます。

  • flush : レプリカ データベースの DML および DDL 操作を一時的に中断し、バックアップ接続のグローバルな一貫性を確保し、binlog位置 (POS) 情報を記録するには、 FLUSH TABLES WITH READ LOCKを使用します。すべてのバックアップ接続がトランザクションを開始すると、ロックが解放されます。完全バックアップはオフピーク時間帯に実行するか、MySQL レプリカ データベースで実行することをお勧めします。
  • snapshot : 指定されたタイムスタンプの一貫したスナップショットを取得し、エクスポートします。
  • lock : エクスポートするすべてのテーブルに読み取りロックを追加します。
  • none : 一貫性の保証はありません。
  • auto : MySQL にはflush 、TiDB にはsnapshotを使用します。

すべてが完了すると、エクスポートされたファイルが/tmp/testで表示されます。

ls -lh /tmp/test | awk '{print $5 "\t" $9}'
140B metadata 66B test-schema-create.sql 300B test.sbtest1-schema.sql 190K test.sbtest1.0.sql 300B test.sbtest2-schema.sql 190K test.sbtest2.0.sql 300B test.sbtest3-schema.sql 190K test.sbtest3.0.sql

TiDB の履歴データのスナップショットをエクスポートする

Dumpling は、 --snapshotオプションを指定して、あるtidb_スナップショットのデータをエクスポートできます。

--snapshotオプションは、TSO ( SHOW MASTER STATUSコマンドによって出力されるPositionフィールド) またはdatetimeデータ型の有効時間 ( YYYY-MM-DD hh:mm:ssの形式) に設定できます。次に例を示します。

./dumpling --snapshot 417773951312461825 ./dumpling --snapshot "2020-07-02 17:12:45"

TSO が417773951312461825 、時刻が2020-07-02 17:12:45のときの TiDB 履歴データのスナップショットがエクスポートされます。

大きなテーブルのエクスポート時のメモリ使用量を制御する

Dumplingが TiDB から大きな単一テーブルをエクスポートしている場合、エクスポートされたデータのサイズが大きすぎるため、メモリ不足 (OOM) が発生し、接続が中止され、エクスポートが失敗する可能性があります。次のパラメータを使用すると、TiDB のメモリ使用量を削減できます。

  • エクスポートするデータをチャンクに分割するには-rを設定します。これにより、TiDB のデータ スキャンのメモリオーバーヘッドが軽減され、テーブル データの同時ダンプが可能になり、エクスポート効率が向上します。アップストリーム データベースが TiDB v3.0 以降のバージョンである場合、0 より大きい-r値は、TiDB 領域情報が分割に使用され、特定の-r値が分割アルゴリズムに影響を与えないことを示します。
  • --tidb-mem-quota-queryの値を8589934592 (8 GB) 以下に減らしてください。 --tidb-mem-quota-query TiDB 内の単一のクエリ ステートメントのメモリ使用量を制御します。
  • --params "tidb_distsql_scan_concurrency=5"パラメータを調整します。 tidb_distsql_scan_concurrencyは、TiDB でのスキャン操作の同時実行性を制御するセッション変数です。

TiDB GC 時間を手動で設定する

TiDB (1 TB を超える) からデータをエクスポートする場合、TiDB バージョンが v4.0.0 以降で、 Dumpling がTiDB クラスターの PD アドレスにアクセスできる場合、 Dumpling は元のクラスターに影響を与えることなく GC 時間を自動的に延長します。

ただし、次のいずれかのシナリオでは、 Dumpling はGC 時間を自動的に調整できません。

  • データサイズが非常に大きい(1TB以上)。
  • たとえば、TiDB クラスターがTiDB Cloud上にある場合、またはDumplingから分離された Kubernetes 上にある場合、 Dumpling はPD に直接接続できません。

このようなシナリオでは、エクスポート プロセス中の GC によるエクスポートの失敗を避けるために、事前に GC 時間を手動で延長する必要があります。

GC 時間を手動で調整するには、次の SQL ステートメントを使用します。

SET GLOBAL tidb_gc_life_time = '720h';

Dumplingが終了した後は、エクスポートが成功したかどうかに関係なく、GC 時間を元の値 (デフォルト値は10m ) に設定し直す必要があります。

SET GLOBAL tidb_gc_life_time = '10m';

Dumplingのオプション一覧

オプション使用法デフォルト値
-Vまたは--versionDumplingバージョンを出力して直接終了します
-Bまたは--database指定したデータベースをエクスポートする
-Tまたは--tables-list指定したテーブルをエクスポートする
-fまたは--filterフィルター パターンに一致するテーブルをエクスポートします。フィルターの構文については、 テーブルフィルターを参照してください。[\*.\*,!/^(mysql&#124;sys&#124;INFORMATION_SCHEMA&#124;PERFORMANCE_SCHEMA&#124;METRICS_SCHEMA&#124;INSPECTION_SCHEMA)$/.\*] (システムスキーマを除くすべてのデータベースまたはテーブルをエクスポート)
--case-sensitiveテーブルフィルターで大文字と小文字が区別されるかどうかfalse (大文字と小文字を区別しない)
-hまたは--host接続されているデータベースホストのIPアドレス「127.0.0.1」
-tまたは--threads同時バックアップスレッドの数4
-rまたは--rowsテーブル内の同時実行を有効にして、エクスポートを高速化します。デフォルト値は0で、これは無効を意味します。 0 より大きい値は有効であることを意味し、値はINTタイプです。ソース データベースが TiDB の場合、0 より大きい-r値は、TiDB リージョン情報が分割に使用され、メモリ使用量が削減されることを示します。特定の-r値は分割アルゴリズムには影響しません。ソース データベースが MySQL で、主キーがINTタイプの場合、 -r指定するとテーブル内の同時実行性も有効になります。
-Lまたは--logfileログ出力アドレス。空の場合、ログがコンソールに出力されます。「」
--loglevelログレベル {デバッグ、情報、警告、エラー、パニック、panic、致命的}"情報"
--logfmtログ出力形式 {text,json}"文章"
-dまたは--no-dataデータをエクスポートしない (スキーマのみがエクスポートされるシナリオに適しています)
--no-headerヘッダーを生成せずにテーブルの CSV ファイルをエクスポートします
-Wまたは--no-viewsビューをエクスポートしないでください真実
-mまたは--no-schemasデータのみをエクスポートしたスキーマをエクスポートしないでください。
-sまたは--statement-sizeINSERTステートメントのサイズを制御します。単位はバイトです
-Fまたは--filesize分割されたテーブルのファイルサイズ。単位は128B64KiB32MiB1.5GiBなどで指定する必要があります。
--filetypeエクスポートされるファイルの種類 (csv/sql)「SQL」
-oまたは--outputデータをエクスポートする場合は、絶対ローカル ファイル パスまたは外部storageURIを指定します。「./export-${time}」
-Sまたは--sql指定されたSQL文に従ってデータをエクスポートします。このコマンドは同時エクスポートをサポートしていません。
--consistencyフラッシュ: ダンプの前に FTWRL を使用します。
スナップショット: TSO の特定のスナップショットの TiDB データをダンプします。
lock: ダンプされるすべてのテーブルに対してlock tables readを実行します。
none: ロックを追加せずにダンプします。一貫性は保証できません。
auto: MySQL の場合は --consistency flash を使用します。 TiDB の --consistency スナップショットを使用する
「自動」
--snapshotスナップショット TSO。 consistency=snapshotの場合のみ有効
--wherewhere条件を通じてテーブル バックアップの範囲を指定します
-pまたは--password接続されたデータベースホストのパスワード
-Pまたは--port接続されているデータベースホストのポート4000
-uまたは--user接続されたデータベースホストのユーザー名""
--dump-empty-database空のデータベースのCREATE DATABASEステートメントをエクスポートします。真実
--caTLS接続用の認証局ファイルのアドレス
--certTLS接続用のクライアント証明書ファイルのアドレス
--keyTLS接続用のクライアント秘密鍵ファイルのアドレス
--csv-delimiterCSVファイルの文字型変数の区切り文字「」
--csv-separatorCSV ファイル内の各値の区切り文字。デフォルトの「,」を使用することはお勧めできません。 「+」を使用することをお勧めします。またはその他の珍しい文字の組み合わせ
--csv-null-valueCSV ファイル内の null 値の表現「\N」
--escape-backslashエクスポート ファイル内の特殊文字をエスケープするには、バックスラッシュ ( \ ) を使用します。真実
--output-filename-templategolang テンプレートの形式で表されるファイル名テンプレート
{{.DB}}{{.Table}} 、および{{.Index}}引数をサポートします
3 つの引数は、データ ファイルのデータベース名、テーブル名、チャンク ID を表します。
{{.DB}}.{{.Table}}.{{.Index}}
--status-addrDumpling のサービス アドレス (Prometheus がメトリクスと pprof デバッグを取得するためのアドレスを含む)":8281"
--tidb-mem-quota-queryDumplingコマンドの 1 行で SQL ステートメントをエクスポートする際のメモリ制限。単位はバイトです。 v4.0.10 以降のバージョンでは、このパラメーターを設定しない場合、TiDB はデフォルトでmem-quota-query構成項目の値をメモリ制限値として使用します。 v4.0.10 より前のバージョンの場合、パラメータ値のデフォルトは 32 GB です。34359738368
--paramsエクスポートするデータベースの接続のセッション変数を指定します。必要な形式は"character_set_client=latin1,character_set_connection=latin1"です
-cまたは--compressDumplingによってエクスポートされた CSV、SQL データ、およびテーブル構造ファイルを圧縮します。次の圧縮アルゴリズムをサポートしています: gzipsnappy 、およびzstd「」

このページは役に立ちましたか?

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.