TiDB データ移行用のデータ ソースを作成する

ノート:

データ ソースを作成する前に、 TiUPを使用して DMクラスタをデプロイを行う必要があります。

このドキュメントでは、TiDB Data Migration (DM) のデータ移行タスク用のデータ ソースを作成する方法について説明します。

データ ソースには、上流の移行タスクにアクセスするための情報が含まれています。データ移行タスクでは、対応するデータ ソースを参照してアクセスの構成情報を取得する必要があるため、データ移行タスクを作成する前に、タスクのデータ ソースを作成する必要があります。特定のデータ ソース管理コマンドについては、 データ ソース構成の管理を参照してください。

手順 1: データ ソースを構成する

  1. (オプション) データ ソースのパスワードを暗号化する

    DM 構成ファイルでは、dmctl で暗号化されたパスワードを使用することをお勧めします。以下の例に従って、データ ソースの暗号化されたパスワードを取得できます。これは、後で構成ファイルを書き込むために使用できます。

    tiup dmctl encrypt 'abc!@#123'
    MKxn0Qo3m3XOyjCnhEMtsUCm83EhGQDZ/T4=
  2. データ ソースの構成ファイルを書き込む

    データ ソースごとに、それを作成するための個別の構成ファイルが必要です。以下の例に従って、ID が「mysql-01」のデータ ソースを作成できます。最初に構成ファイル./source-mysql-01.yamlを作成します。

    source-id: "mysql-01" # The ID of the data source, you can refer this source-id in the task configuration and dmctl command to associate the corresponding data source. from: host: "127.0.0.1" port: 3306 user: "root" password: "MKxn0Qo3m3XOyjCnhEMtsUCm83EhGQDZ/T4=" # The user password of the upstream data source. It is recommended to use the password encrypted with dmctl. security: # The TLS configuration of the upstream data source. If not necessary, it can be deleted. ssl-ca: "/path/to/ca.pem" ssl-cert: "/path/to/cert.pem" ssl-key: "/path/to/key.pem"

ステップ 2: データ ソースを作成する

次のコマンドを使用して、データ ソースを作成できます。

tiup dmctl --master-addr <master-addr> operate-source create ./source-mysql-01.yaml

その他の構成パラメーターについては、 アップストリーム データベースコンフィグレーションファイルを参照してください。

返される結果は次のとおりです。

{ "result": true, "msg": "", "sources": [ { "result": true, "msg": "", "source": "mysql-01", "worker": "dm-worker-1" } ] }

ステップ 3: 作成したデータ ソースに対してクエリを実行する

データ ソースを作成したら、次のコマンドを使用してデータ ソースをクエリできます。

  • データ ソースのsource-idがわかれば、 dmctl config source <source-id>コマンドを使用して、データ ソースの構成を直接確認できます。

    tiup dmctl --master-addr <master-addr> config source mysql-01
    { "result": true, "msg": "", "cfg": "enable-gtid: false flavor: mysql source-id: mysql-01 from: host: 127.0.0.1 port: 3306 user: root password: '******' }
  • source-idがわからない場合は、 dmctl operate-source showコマンドを使用してソース データベース リストを確認できます。このリストから、対応するデータ ソースを見つけることができます。

    tiup dmctl --master-addr <master-addr> operate-source show
    { "result": true, "msg": "", "sources": [ { "result": true, "msg": "source is added but there is no free worker to bound", "source": "mysql-02", "worker": "" }, { "result": true, "msg": "", "source": "mysql-01", "worker": "dm-worker-1" } ] }

このページは役に立ちましたか?

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.