小さなデータセットの MySQL シャードを TiDB に移行およびマージする

アップストリームの複数の MySQL データベース インスタンスをダウンストリームの 1 つの TiDB データベースに移行およびマージする必要があり、データ量がそれほど多くない場合は、DM を使用して MySQL シャードを移行できます。このドキュメントの「小さなデータセット」とは、通常、1 TiB 前後またはそれ未満のデータを意味します。このドキュメントの例を通じて、移行の操作手順、注意事項、およびトラブルシューティングを学習できます。

このドキュメントは、合計で 1 TiB 未満の MySQL シャードの移行に適用されます。合計 1 TiB を超えるデータを持つ MySQL シャードを移行する場合、DM のみを使用して移行すると、長い時間がかかります。この場合は、 大規模なデータセットの MySQL シャードを TiDB に移行およびマージするで紹介した操作で移行することをお勧めします。

このドキュメントでは、移行手順を説明するために簡単な例を取り上げます。この例の 2 つのデータ ソース MySQL インスタンスの MySQL シャードは、ダウンストリームの TiDB クラスターに移行されます。

この例では、MySQL インスタンス 1 と MySQL インスタンス 2 の両方に次のスキーマとテーブルが含まれています。この例では、 store_01およびstore_02スキーマからテーブルを移行し、両方のインスタンスでsaleプレフィックスを付けて、 storeスキーマの下流のsaleテーブルにマージします。

スキーマテーブル
store_01セール_01、セール_02
store_02セール_01、セール_02

対象のスキーマとテーブル:

スキーマテーブル
セール

前提条件

移行を開始する前に、次のタスクが完了していることを確認してください。

シャード テーブルの競合を確認する

移行に異なるシャード テーブルからのデータのマージが含まれる場合、マージ中に主キーまたは一意のインデックスの競合が発生する可能性があります。したがって、移行の前に、ビジネスの観点から現在のシャーディング スキームを詳しく調べ、競合を回避する方法を見つける必要があります。詳細については、 複数のシャード テーブル間で主キーまたは一意のインデックス間の競合を処理するを参照してください。以下は簡単な説明です。

この例では、 sale_01sale_02次のように同じテーブル構造になっています。

CREATE TABLE `sale_01` ( `id` bigint(20) NOT NULL AUTO_INCREMENT, `sid` bigint(20) NOT NULL, `pid` bigint(20) NOT NULL, `comment` varchar(255) DEFAULT NULL, PRIMARY KEY (`id`), UNIQUE KEY `sid` (`sid`) ) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=latin1

id列目は主キー、 sid列目はシャーディングキーです。 id列は自動増分であり、複数のシャード テーブル範囲が重複すると、データの競合が発生します。 sidインデックスがグローバルに一意であることを保証できるため、 自動インクリメント主キーの主キー属性を削除しますの手順に従ってid列をバイパスできます。

CREATE TABLE `sale` ( `id` bigint(20) NOT NULL, `sid` bigint(20) NOT NULL, `pid` bigint(20) NOT NULL, `comment` varchar(255) DEFAULT NULL, INDEX (`id`), UNIQUE KEY `sid` (`sid`) ) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=latin1

手順 1. データ ソースを読み込む

アップストリーム データ ソースを DM に構成するsource1.yamlという名前の新しいデータ ソース ファイルを作成し、次の内容を追加します。

# Configuration. source-id: "mysql-01" # Must be unique. # Specifies whether DM-worker pulls binlogs with GTID (Global Transaction Identifier). # The prerequisite is that you have already enabled GTID in the upstream MySQL. # If you have configured the upstream database service to switch master between different nodes automatically, you must enable GTID. enable-gtid: true from: host: "${host}" # For example: 172.16.10.81 user: "root" password: "${password}" # Plaintext passwords are supported but not recommended. It is recommended that you use dmctl encrypt to encrypt plaintext passwords. port: ${port} # For example: 3306

ターミナルで次のコマンドを実行します。 tiup dmctlを使用して、データ ソース構成を DM クラスターに読み込みます。

tiup dmctl --master-addr ${advertise-addr} operate-source create source1.yaml

パラメータは次のとおりです。

パラメータ説明
--master-addrdmctl が接続するクラスター内の任意の DM マスター ノードの{advertise-addr} 。例: 172.16.10.71:8261
operate-source createデータ ソースを DM クラスタにロードします。

すべてのデータ ソースが DM クラスターに追加されるまで、上記の手順を繰り返します。

ステップ 2.移行タスクを構成する

task1.yamlという名前のタスク構成ファイルを作成し、次の内容を書き込みます。

name: "shard_merge" # The name of the task. Should be globally unique. # Task mode. You can set it to the following: # - full: Performs only full data migration (incremental replication is skipped) # - incremental: Only performs real-time incremental replication using binlog. (full data migration is skipped) # - all: Performs both full data migration and incremental replication. For migrating small to medium amount of data here, use this option. task-mode: all # Required for the MySQL shards. By default, the "pessimistic" mode is used. # If you have a deep understanding of the principles and usage limitations of the optimistic mode, you can also use the "optimistic" mode. # For more information, see [Merge and Migrate Data from Sharded Tables](https://docs.pingcap.com/tidb/dev/feature-shard-merge/) shard-mode: "pessimistic" meta-schema: "dm_meta" # A schema will be created in the downstream database to store the metadata ignore-checking-items: ["auto_increment_ID"] # In this example, there are auto-incremental primary keys upstream, so you do not need to check this item. target-database: host: "${host}" # For example: 192.168.0.1 port: 4000 user: "root" password: "${password}" # Plaintext passwords are supported but not recommended. It is recommended that you use dmctl encrypt to encrypt plaintext passwords. mysql-instances: - source-id: "mysql-01" # ID of the data source, which is source-id in source1.yaml route-rules: ["sale-route-rule"] # Table route rules applied to the data source filter-rules: ["store-filter-rule", "sale-filter-rule"] # Binlog event filter rules applied to the data source block-allow-list: "log-bak-ignored" # Block & Allow Lists rules applied to the data source - source-id: "mysql-02" route-rules: ["sale-route-rule"] filter-rules: ["store-filter-rule", "sale-filter-rule"] block-allow-list: "log-bak-ignored" # Configurations for merging MySQL shards routes: sale-route-rule: schema-pattern: "store_*" # Merge schemas store_01 and store_02 to the store schema in the downstream table-pattern: "sale_*" # Merge tables sale_01 and sale_02 of schemas store_01 and store_02 to the sale table in the downstream target-schema: "store" target-table: "sale" # Optional. Used for extracting the source information of sharded schemas and tables and writing the information to the user-defined columns in the downstream. If these options are configured, you need to manually create a merged table in the downstream. For details, see the following table routing setting. # extract-table: # Extracts and writes the table name suffix without the sale_ part to the c-table column of the merged table. For example, 01 is extracted and written to the c-table column for the sharded table sale_01. # table-regexp: "sale_(.*)" # target-column: "c_table" # extract-schema: # Extracts and writes the schema name suffix without the store_ part to the c_schema column of the merged table. For example, 02 is extracted and written to the c_schema column for the sharded schema store_02. # schema-regexp: "store_(.*)" # target-column: "c_schema" # extract-source: # Extracts and writes the source instance information to the c_source column of the merged table. For example, mysql-01 is extracted and written to the c_source column for the data source mysql-01. # source-regexp: "(.*)" # target-column: "c_source" # Filters out some DDL events. filters: sale-filter-rule: # Filter name. schema-pattern: "store_*" # The binlog events or DDL SQL statements of upstream MySQL instance schemas that match schema-pattern are filtered by the rules below. table-pattern: "sale_*" # The binlog events or DDL SQL statements of upstream MySQL instance tables that match table-pattern are filtered by the rules below. events: ["truncate table", "drop table", "delete"] # The binlog event array. action: Ignore # The string (`Do`/`Ignore`). `Do` is the allow list. `Ignore` is the block list. store-filter-rule: schema-pattern: "store_*" events: ["drop database"] action: Ignore # Block and allow list block-allow-list: # filter or only migrate all operations of some databases or some tables. log-bak-ignored: # Rule name. do-dbs: ["store_*"] # The allow list of the schemas to be migrated, similar to replicate-do-db in MySQL.

上記の例は、移行タスクを実行するための最小構成です。詳細については、 DM 拡張タスクコンフィグレーションファイルを参照してください。

routesfiltersおよびタスク ファイル内のその他の構成の詳細については、次のドキュメントを参照してください。

ステップ 3. タスクを開始する

移行タスクを開始する前に、 check-taskサブコマンド in tiup dmctlを実行して、構成が DM の要件を満たしているかどうかを確認して、起こりうるエラーを回避します。

tiup dmctl --master-addr ${advertise-addr} check-task task.yaml

次のコマンドをtiup dmctlで実行して、移行タスクを開始します。

tiup dmctl --master-addr ${advertise-addr} start-task task.yaml
パラメータ説明
--master-addrdmctl が接続するクラスター内の任意の DM マスター ノードの{advertise-addr} 。例: 172.16.10.71:8261
start-taskデータ移行タスクを開始します。

移行タスクの開始に失敗した場合は、エラー情報に従って構成情報を変更し、再度start-task task.yamlを実行して移行タスクを開始します。問題が発生した場合は、 エラー処理およびFAQを参照してください。

ステップ 4. タスクを確認する

移行タスクを開始したら、 dmtcl tiupを使用してquery-statusを実行し、タスクのステータスを表示できます。

tiup dmctl --master-addr ${advertise-addr} query-status ${task-name}

エラーが発生した場合は、 query-status ${task-name}使用してより詳細な情報を表示します。 query-statusコマンドのクエリ結果、タスクの状態、サブタスクの状態の詳細については、 TiDB データ移行クエリのステータスを参照してください。

ステップ 5. タスクを監視し、ログを確認する (オプション)

Grafana またはログを使用して、移行タスクの履歴と内部運用メトリックを表示できます。

  • グラファナ経由

    TiUPを使用して DM クラスターをデプロイするときに、Prometheus、Alertmanager、および Grafana が正しくデプロイされている場合は、Grafana で DM 監視メトリックを表示できます。具体的には、Grafana でのデプロイ時に指定した IP アドレスとポートを入力し、DM ダッシュボードを選択します。

  • ログ経由

    DM が実行されている場合、DM-master、DM-worker、および dmctl は移行タスクに関する情報を含むログを出力します。各コンポーネントのログディレクトリは以下の通りです。

    • DM-master ログ ディレクトリ: DM-master プロセス パラメータ--log-fileによって指定されます。 DM がTiUPを使用して展開されている場合、ログ ディレクトリは/dm-deploy/dm-master-8261/log/です。
    • DM-worker ログ ディレクトリ: DM-worker プロセス パラメータ--log-fileで指定されます。 DM がTiUPを使用して展開されている場合、ログ ディレクトリは/dm-deploy/dm-worker-8262/log/です。

こちらもご覧ください

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2023 PingCAP. All Rights Reserved.