PLAN REPLAYER を使用してクラスタのオンサイト情報を保存および復元する

TiDB クラスターの問題を特定してトラブルシューティングする場合、多くの場合、システムと実行計画に関する情報を提供する必要があります。より便利で効率的な方法で情報を取得し、クラスターの問題をトラブルシューティングするのに役立つように、TiDB v5.3.0 でPLAN REPLAYERコマンドが導入されました。このコマンドを使用すると、クラスターのオンサイト情報を簡単に保存および復元でき、トラブルシューティングの効率が向上し、管理のために問題をより簡単にアーカイブできます。

PLAN REPLAYERの特徴は以下の通りです。

  • オンサイト トラブルシューティングでの TiDB クラスターの情報を保存用の ZIP 形式のファイルにエクスポートします。
  • 別の TiDB クラスターからエクスポートされた ZIP 形式のファイルをクラスターにインポートします。このファイルには、オンサイト トラブルシューティングでの後者の TiDB クラスターの情報が含まれています。

PLAN REPLAERを使用してクラスター情報をエクスポートする

PLAN REPLAYERを使用して、TiDB クラスターのオンサイト情報を保存できます。エクスポート インターフェイスは次のとおりです。

PLAN REPLAYER DUMP EXPLAIN [ANALYZE] sql-statement;

sql-statementに基づいて、TiDB は次のオンサイト情報を整理してエクスポートします。

  • TiDB バージョン
  • TiDB 構成
  • TiDB セッション変数
  • TiDB SQLバインディング
  • sql-statementのテーブル スキーマ
  • sql-statementの表の統計
  • EXPLAIN [ANALYZE] sql-statementの結果

ノート:

PLAN REPLAYERはテーブル データをエクスポートしません

クラスター情報のエクスポートの例

use test;
create table t(a int, b int);
insert into t values(1,1), (2, 2), (3, 3);
analyze table t;

plan replayer dump explain select * from t;

PLAN REPLAYER DUMPは、上記のテーブル情報をZIPファイルにパッケージ化し、ファイル識別子を実行結果として返します。このファイルは 1 回限りのファイルです。ファイルがダウンロードされると、TiDB はそのファイルを削除します。

ノート:

ZIPのファイルは、最大 1 時間 TiDB クラスターに保存されます。 1 時間後、TiDB はそれを削除します。

MySQL [test]> plan replayer dump explain select * from t;
+------------------------------------------------------------------+
| Dump_link                                                        |
+------------------------------------------------------------------+
| replayer_JOGvpu4t7dssySqJfTtS4A==_1635750890568691080.zip |
+------------------------------------------------------------------+
1 row in set (0.015 sec)

または、セッション変数tidb_last_plan_replayer_tokenを使用して、最後のPLAN REPLAYER DUMPの実行結果を取得できます。

SELECT @@tidb_last_plan_replayer_token;
+-----------------------------------------------------------+
| @@tidb_last_plan_replayer_token                           |
+-----------------------------------------------------------+
| replayer_Fdamsm3C7ZiPJ-LQqgVjkA==_1663304195885090000.zip |
+-----------------------------------------------------------+
1 row in set (0.00 sec)

SQL文が複数ある場合、 PLAN REPLAYER DUMPの実行結果をファイルで取得できます。このファイルでは、複数の SQL ステートメントの結果が;で区切られています。

plan replayer dump explain 'sqls.txt';
Query OK, 0 rows affected (0.03 sec)
SELECT @@tidb_last_plan_replayer_token;
+-----------------------------------------------------------+
| @@tidb_last_plan_replayer_token                           |
+-----------------------------------------------------------+
| replayer_LEDKg8sb-K0u24QesiH8ig==_1663226556509182000.zip |
+-----------------------------------------------------------+
1 row in set (0.00 sec)

ファイルは MySQL クライアントにダウンロードできないため、TiDB HTTP インターフェイスとファイル識別子を使用してファイルをダウンロードする必要があります。

http://${tidb-server-ip}:${tidb-server-status-port}/plan_replayer/dump/${file_token}

${tidb-server-ip}:${tidb-server-status-port}は、クラスター内の任意の TiDBサーバーのアドレスです。例えば:

curl http://127.0.0.1:10080/plan_replayer/dump/replayer_JOGvpu4t7dssySqJfTtS4A==_1635750890568691080.zip > plan_replayer.zip

PLAN REPLAYERを使用してクラスター情報をインポートする

PLAN REPLAYERを使用してエクスポートされた既存のZIPファイルを使用して、 PLAN REPLAYERインポート インターフェイスを使用して、クラスターのオンサイト情報を他の TiDB クラスターに復元できます。構文は次のとおりです。

PLAN REPLAYER LOAD 'file_name';

上記のステートメントで、 file_nameはエクスポートするZIPファイルの名前です。

例えば:

PLAN REPLAYER LOAD 'plan_replayer.zip';
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.