コメントの構文

このドキュメントでは、TiDB でサポートされているコメント構文について説明します。

TiDB は 3 つのコメント スタイルをサポートしています。

  • #を使用して行にコメントを付けます。

    SELECT 1+1;     # comments
    
    +------+
    | 1+1  |
    +------+
    |    2 |
    +------+
    1 row in set (0.00 sec)
    
  • --を使用して行にコメントを付けます。

    SELECT 1+1;     -- comments
    
    +------+
    | 1+1  |
    +------+
    |    2 |
    +------+
    1 row in set (0.00 sec)
    

    そして、このスタイルには 1 の後に少なくとも--つの空白が必要です。

    SELECT 1+1--1;
    
    +--------+
    | 1+1--1 |
    +--------+
    |      3 |
    +--------+
    1 row in set (0.01 sec)
    
  • /* */を使用して、ブロックまたは複数行にコメントを付けます。

    SELECT 1 /* this is an in-line comment */ + 1;
    
    +--------+
    | 1  + 1 |
    +--------+
    |      2 |
    +--------+
    1 row in set (0.01 sec)
    
    SELECT 1+
    /*
    /*> this is a
    /*> multiple-line comment
    /*> */
        1;
    
    +-------------------+
    | 1+
            1 |
    +-------------------+
    |                 2 |
    +-------------------+
    1 row in set (0.001 sec)
    

MySQL 互換のコメント構文

MySQL と同じように、TiDB は C コメント スタイルのバリエーションをサポートしています。

/*! Specific code */

また

/*!50110 Specific code */

このスタイルでは、TiDB はコメント内のステートメントを実行します。

例えば:

SELECT /*! STRAIGHT_JOIN */ col1 FROM table1,table2 WHERE ...

TiDB では、別のバージョンも使用できます。

SELECT STRAIGHT_JOIN col1 FROM table1,table2 WHERE ...

サーバーのバージョン番号がコメントで指定されている場合 (たとえば、MySQL では/*!50110 KEY_BLOCK_SIZE=1024 */ )、このコメントの内容は、MySQL のバージョンが 5.1.10 以上の場合にのみ処理されることを意味します。しかし、TiDB では MySQL のバージョン番号が機能せず、コメント内のすべてのコンテンツが処理されます。

TiDB 固有のコメント構文

TiDB には独自のコメント構文 (つまり、TiDB 固有のコメント構文) があり、次の 2 つのタイプに分けることができます。

  • /*T! Specific code */ : この構文は、TiDB によってのみ解析および実行でき、他のデータベースでは無視されます。
  • /*T![feature_id] Specific code */ : この構文は、異なるバージョンの TiDB 間の互換性を確保するために使用されます。 TiDB は、現在のバージョンでfeature_idの対応する機能を実装している場合にのみ、このコメントの SQL フラグメントを解析できます。たとえば、v3.1.1 でAUTO_RANDOM機能が導入されたため、このバージョンの TiDB は/*T![auto_rand] auto_random */auto_randomに解析できます。 v3.0.0 ではAUTO_RANDOMの機能が実装されていないため、上記の SQL ステートメントのフラグメントは無視されます。 /*T![文字の中にスペースを残さないでください

オプティマイザーのコメント構文

別のタイプのコメントは、オプティマイザーのヒントとして特別に扱われます。

SELECT /*+ hint */ FROM ...;

TiDB がサポートするオプティマイザ ヒントの詳細については、 オプティマイザーのヒントを参照してください。

ノート:

MySQL クライアントでは、TiDB 固有のコメント構文はコメントとして扱われ、デフォルトでクリアされます。 5.7.7 より前の MySQL クライアントでは、ヒントもコメントとして表示され、デフォルトでクリアされます。クライアントを起動するときは、 --commentsオプションを使用することをお勧めします。たとえば、 mysql -h 127.0.0.1 -P 4000 -uroot --commentsです。

詳細については、 コメントの構文を参照してください。

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.