TiDB で SQL を調べる

TiDB は MySQL と互換性があり、ほとんどの場合、MySQL ステートメントを直接使用できます。サポートされていない機能については、 MySQL との互換性を参照してください。

SQL を試して、TiDB と MySQL クエリとの互換性をテストするには、次のことができTiDB をインストールせずに Web ブラウザーで直接実行する 。最初に TiDB クラスターをデプロイしてから、そこで SQL ステートメントを実行することもできます。

このページでは、DDL、DML、CRUD 操作などの基本的なTiDB SQLステートメントについて説明します。 TiDB ステートメントの完全なリストについては、 TiDB SQL構文図を参照してください。

カテゴリー

SQL は、その関数によって次の 4 つのタイプに分けられます。

  • DDL (データ定義言語): データベース、テーブル、ビュー、インデックスなどのデータベース オブジェクトを定義するために使用されます。

  • DML (Data Manipulation Language): アプリケーション関連のレコードを操作するために使用されます。

  • DQL (Data Query Language): 条件付きフィルタリングの後にレコードを照会するために使用されます。

  • DCL (Data Control Language): アクセス権限とセキュリティ レベルを定義するために使用されます。

一般的な DDL 機能は、オブジェクト (テーブルやインデックスなど) の作成、変更、および削除です。対応するコマンドはCREATEALTER 、およびDROPです。

データベースの表示、作成、削除

TiDB のデータベースは、テーブルやインデックスなどのオブジェクトのコレクションと見なすことができます。

データベースのリストを表示するには、次のSHOW DATABASESステートメントを使用します。

SHOW DATABASES;

mysqlという名前のデータベースを使用するには、次のステートメントを使用します。

USE mysql;

データベース内のすべてのテーブルを表示するには、次のSHOW TABLESステートメントを使用します。

SHOW TABLES FROM mysql;

データベースを作成するには、次のCREATE DATABASEステートメントを使用します。

CREATE DATABASE db_name [options];

samp_dbという名前のデータベースを作成するには、次のステートメントを使用します。

CREATE DATABASE IF NOT EXISTS samp_db;

データベースが存在する場合、エラーを防ぐためにIF NOT EXISTSを追加します。

データベースを削除するには、次のDROP DATABASEステートメントを使用します。

DROP DATABASE samp_db;

テーブルの作成、表示、および削除

テーブルを作成するには、 CREATE TABLEステートメントを使用します。

CREATE TABLE table_name column_name data_type constraint;

たとえば、番号、名前、誕生日などのフィールドを含むpersonという名前のテーブルを作成するには、次のステートメントを使用します。

CREATE TABLE person (
    id INT(11),
    name VARCHAR(255),
    birthday DATE
    );

テーブル (DDL) を作成するステートメントを表示するには、 SHOW CREATEステートメントを使用します。

SHOW CREATE table person;

テーブルを削除するには、 DROP TABLEステートメントを使用します。

DROP TABLE person;

インデックスの作成、表示、削除

インデックスは、インデックス付きの列に対するクエリを高速化するために使用されます。値が一意でない列のインデックスを作成するには、次のCREATE INDEXステートメントを使用します。

CREATE INDEX person_id ON person (id);

または、次のALTER TABLEのステートメントを使用します。

ALTER TABLE person ADD INDEX person_id (id);

値が一意である列に一意のインデックスを作成するには、次のCREATE UNIQUE INDEXステートメントを使用します。

CREATE UNIQUE INDEX person_unique_id ON person (id);

または、次のALTER TABLEのステートメントを使用します。

ALTER TABLE person ADD UNIQUE person_unique_id (id);

テーブル内のすべてのインデックスを表示するには、次のSHOW INDEXステートメントを使用します。

SHOW INDEX FROM person;

インデックスを削除するには、 DROP INDEXまたはALTER TABLEステートメントを使用します。 DROP INDEXALTER TABLEにネストできます。

DROP INDEX person_id ON person;
ALTER TABLE person DROP INDEX person_unique_id;

ノート:

DDL 操作はトランザクションではありません。 DDL 操作を実行するときにCOMMITステートメントを実行する必要はありません。

データの挿入、更新、および削除

一般的な DML 機能は、テーブル レコードの追加、変更、および削除です。対応するコマンドはINSERTUPDATE 、およびDELETEです。

テーブルにデータを挿入するには、次のINSERTステートメントを使用します。

INSERT INTO person VALUES(1,'tom','20170912');

いくつかのフィールドのデータを含むレコードをテーブルに挿入するには、 INSERTステートメントを使用します。

INSERT INTO person(id,name) VALUES('2','bob');

テーブル内のレコードの一部のフィールドを更新するには、 UPDATEステートメントを使用します。

UPDATE person SET birthday='20180808' WHERE id=2;

テーブル内のデータを削除するには、次のDELETEステートメントを使用します。

DELETE FROM person WHERE id=2;

ノート:

フィルターとしてのWHERE句のないUPDATEステートメントとDELETEステートメントは、テーブル全体に作用します。

クエリデータ

DQL は、テーブルまたは複数のテーブルから目的のデータ行を取得するために使用されます。

テーブル内のデータを表示するには、 SELECTステートメントを使用します。

SELECT * FROM person;

特定の列を照会するには、 SELECTキーワードの後に列名を追加します。

SELECT name FROM person;
+------+
| name |
+------+
| tom  |
+------+
1 rows in set (0.00 sec)

WHERE句を使用して、条件に一致するすべてのレコードをフィルタリングし、結果を返します。

SELECT * FROM person where id<5;

ユーザーの作成、承認、および削除

DCL は通常、ユーザーの作成または削除、およびユーザー権限の管理に使用されます。

ユーザーを作成するには、 CREATE USERステートメントを使用します。次の例では、パスワード123456を持つtiuserという名前のユーザーを作成します。

CREATE USER 'tiuser'@'localhost' IDENTIFIED BY '123456';

samp_dbデータベース内のテーブルを取得する権限をtiuserに付与するには、次のようにします。

GRANT SELECT ON samp_db.* TO 'tiuser'@'localhost';

tiuserの権限を確認するには:

SHOW GRANTS for tiuser@localhost;

tiuserを削除するには:

DROP USER 'tiuser'@'localhost';
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.