TiDB トランザクション分離レベル

トランザクション分離は、データベース トランザクション処理の基盤の 1 つです。分離は、トランザクションの 4 つの主要なプロパティの 1 つです (一般にACIDと呼ばれます)。

トランザクション分離は、データベース トランザクション処理の基盤の 1 つです。分離は、トランザクションの 4 つの主要なプロパティの 1 つです (一般にACIDと呼ばれます)。

SQL-92 標準では、4 つのレベルのトランザクション分離が定義されています。Read Uncommitted、Read Committed、Repeatable Read、Serializable です。詳細については、次の表を参照してください。

分離レベルダーティーライトダーティリードあいまい読み取りファントム
コミットされていない読み取りありえない可能可能可能
コミットされた読み取りありえないありえない可能可能
反復可能な読み取りありえないありえないありえない可能
シリアライズ可能ありえないありえないありえないありえない

TiDB は Snapshot Isolation (SI) 整合性を実装しており、MySQL との互換性のためにREPEATABLE-READとして宣伝しています。これはANSI Repeatable Read 分離レベルおよびMySQL 反復可能読み取りレベルとは異なります。

ノート:

TiDB v3.0 以降、トランザクションの自動再試行はデフォルトで無効になっています。自動再試行を有効にすることは、トランザクション分離レベルを壊す可能性があるためお勧めしません。詳細はトランザクションの再試行を参照してください。

TiDB v3.0.8 以降、新しく作成された TiDB クラスターはデフォルトでペシミスティック トランザクション モードを使用します。現在の読み取り ( for updateの読み取り) は繰り返し不可の読み取りです。詳細はペシミスティック トランザクション モードを参照してください。

反復可能読み取り分離レベル

Repeatable Read 分離レベルでは、トランザクションの開始前にコミットされたデータのみが表示され、コミットされていないデータや同時トランザクションによるトランザクション実行中にコミットされた変更は表示されません。ただし、トランザクション ステートメントは、まだコミットされていなくても、自身のトランザクション内で実行された以前の更新の影響を確認します。

異なるノードで実行されているトランザクションの場合、開始およびコミットの順序は、タイムスタンプが PD から取得される順序によって異なります。

Repeatable Read 分離レベルのトランザクションは、同じ行を同時に更新できません。コミット時に、トランザクションの開始後に行が別のトランザクションによって更新されたことをトランザクションが検出すると、トランザクションはロールバックします。例えば:

create table t1(id int);
insert into t1 values(0);

start transaction;              |               start transaction;
select * from t1;               |               select * from t1;
update t1 set id=id+1;          |               update t1 set id=id+1; -- In pessimistic transactions, the `update` statement executed later waits for the lock until the transaction holding the lock commits or rolls back and releases the row lock.
commit;                         |
                                |               commit; -- The transaction commit fails and rolls back. Pessimistic transactions can commit successfully.

TiDB と ANSI 反復可能読み取りの違い

TiDB の Repeatable Read 分離レベルは ANSI Repeatable Read 分離レベルとは異なりますが、同じ名前を共有しています。 ANSI SQL 分離レベルの批判の論文で説明されている標準に従って、TiDB はスナップショット分離レベルを実装しています。この分離レベルでは、厳密なファントム (A3) は許可されませんが、幅広いファントム (P3) と書き込みスキューは許可されます。対照的に、ANSI Repeatable Read 分離レベルでは、ファントム読み取りは許可されますが、書き込みスキューは許可されません。

TiDB と MySQL の反復可能読み取りの違い

TiDB の Repeatable Read 分離レベルは、MySQL とは異なります。 MySQL Repeatable Read 分離レベルは、更新時に現在のバージョンが表示されるかどうかをチェックしません。つまり、トランザクションの開始後に行が更新されていても、更新を続行できます。対照的に、トランザクションの開始後に行が更新された場合、TiDB オプティミスティック トランザクションはロールバックされ、再試行されます。 TiDB の楽観的同時実行制御でのトランザクションの再試行は失敗し、トランザクションの最終的な失敗につながる可能性がありますが、TiDB の悲観的同時実行制御と MySQL では、更新トランザクションが成功する可能性があります。

読み取りコミット分離レベル

TiDB v4.0.0-beta 以降、TiDB は Read Committed 分離レベルをサポートしています。

歴史的な理由から、現在のメインストリーム データベースの Read Committed 分離レベルは基本的にOracle によって定義された一貫性のある読み取り分離レベルです。この状況に適応するために、TiDB 悲観的トランザクションの Read Committed 分離レベルも本質的に一貫した読み取り動作です。

ノート:

Read Committed 分離レベルはペシミスティック トランザクション モードでのみ有効です。 楽観的なトランザクション モードでは、トランザクション分離レベルをRead Committedに設定しても効果がなく、トランザクションは引き続き Repeatable Read 分離レベルを使用します。

v6.0.0 以降、TiDB はtidb_rc_read_check_tsシステム変数を使用して、読み取りと書き込みの競合がまれなシナリオでタイムスタンプの取得を最適化することをサポートしています。この変数を有効にした後、TiDB はSELECTが実行されたときに以前の有効なタイムスタンプを使用してデータを読み取ろうとします。この変数の初期値はトランザクションのstart_tsです。

  • 読み取りプロセス中に TiDB がデータ更新に遭遇しなかった場合、TiDB は結果をクライアントに返し、 SELECTステートメントは正常に実行されます。
  • TiDB が読み取りプロセス中にデータ更新を検出した場合:
    • TiDB がまだ結果をクライアントに送信していない場合、TiDB は新しいタイムスタンプを取得して、このステートメントを再試行しようとします。
    • TiDB がすでに部分的なデータをクライアントに送信している場合、TiDB はクライアントにエラーを報告します。毎回クライアントに送信されるデータの量は、 tidb_init_chunk_sizetidb_max_chunk_sizeによって制御されます。

READ-COMMITTED分離レベルが使用され、 SELECTのステートメントが多く、読み取りと書き込みの競合がまれなシナリオでは、この変数を有効にすると、グローバル タイムスタンプを取得するためのレイテンシーとコストを回避できます。

TiDB と MySQL Read Committed の違い

MySQL Read Committed 分離レベルは、ほとんどの場合、Consistent Read 機能と一致しています。 半一貫性の読み取りなどの例外もあります。この特別な動作は TiDB ではサポートされていません。

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.