tiup dm scale-in

tiup dm scale-inコマンドは、クラスターをスケーリングするために使用されます。クラスターでのスケーリングとは、サービスをオフラインにすることを意味し、最終的に指定されたノードをクラスターから削除し、残りの関連ファイルを削除します。

構文

tiup dm scale-in <cluster-name> [flags]

<cluster-name> : 操作するクラスターの名前。クラスター名を忘れた場合は、 クラスタ リストコマンドで確認できます。

オプション

-N, --ノード

  • スケールインするノードを指定します。複数のノードをスケールインする必要がある場合は、ノードをコンマで区切ります。
  • データ型: STRINGS
  • デフォルト: いいえ。このオプションは必須であり、値は null であってはなりません。

--force

  • 場合によっては、クラスター内の一部のスケールイン ノードがダウンしており、SSH 経由でノードに接続して操作することができません。この時点で、 --forceオプションを使用してこれらのノードをクラスターから削除できます。
  • データ型: BOOLEAN
  • デフォルト: false。コマンドで本オプションを指定しない場合、指定したノードは強制的に削除されません。

-h, --help

  • ヘルプ情報を出力します。
  • データ型: BOOLEAN
  • デフォルト: false

出力

スケーリングのログ。

<< 前のページに戻る - TiUP DMコマンド一覧

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.