tiup dm display

DMクラスタ内の各コンポーネントの稼働状況を確認したい場合、1台ずつマシンにログインするのは効率が悪い。したがって、tiup-dm は、このジョブを効率的に実行するためのtiup dm displayのコマンドを提供します。

構文

tiup dm display <cluster-name> [flags]

<cluster-name>は操作対象のクラスタ名です。クラスター名を忘れた場合は、 tiup dm listコマンドを使用して確認できます。

オプション

-N, --ノード

  • 照会するノードの ID を指定します。複数のノードの場合はカンマで区切ります。ノードの ID がわからない場合は、コマンドでこのオプションをスキップして、すべてのノードの ID とステータスを出力に表示できます。
  • データ型: STRING
  • このオプションはデフォルトで有効になっており、 [] (すべてのノードを意味します) が渡されます。

ノート:

-R, --roleも指定すると、 -N, --node-R, --roleの両方の指定に一致するサービス ノードのみが照会されます。

-R, --role

  • 照会するロールを指定し、複数のロールの場合はカンマで区切ります。ノードにデプロイされたロールが不明な場合は、コマンドでこのオプションをスキップして、すべてのノードのロールとステータスを出力に表示できます。
  • データ型: STRING
  • このオプションはデフォルトで有効になっており、 [] (すべての役割を意味します) が渡されます。

ノート:

-N, --nodeも指定すると、 -N, --node-R, --roleの両方の指定に一致するサービス ノードのみが照会されます。

-h, --help

  • ヘルプ情報を出力します。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加し、値trueを渡すか、値を何も渡さないでください。

出力

  • クラスタ名
  • クラスタのバージョン
  • SSH クライアントの種類
  • 次のフィールドを含むテーブル:
    • ID : IP:PORT で構成されるノード ID。
    • Role : ノードにデプロイされたサービス ロール (TiDB や TiKV など)。
    • Host : ノードに対応するマシンの IP アドレス。
    • Ports : サービスが使用するポート番号。
    • OS/Arch : ノードのオペレーティング システムとマシンアーキテクチャ。
    • Status : ノード上のサービスの現在のステータス。
    • Data Dir : サービスのデータ ディレクトリ。 -は、データ ディレクトリがないことを意味します。
    • Deploy Dir : サービスのデプロイ ディレクトリ。

<< 前のページに戻る - TiUP DMコマンド一覧

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.