tiup cluster clean

テスト環境では、クラスターをデプロイ直後の状態にリセットする必要がある場合があります。これは、すべてのデータを削除することを意味します。 tiup cluster cleanコマンドで簡単にできます。実行後、クラスタを停止し、クラスタ データを削除します。クラスターを手動で再起動すると、クリーンなクラスターが得られます。

構文

tiup cluster clean <cluster-name> [flags]

<cluster-name>は、クリーニングするクラスターです。

オプション

--all

  • データとログを同時に消去します。 --data--logを同時に指定するのと同じです。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、値trueを渡すか、値を何も渡さないようにします。
  • 指定されていない場合は、次のオプションの少なくとも 1 つを指定する必要があります。
    • --data: データを消去します
    • --log: ログを消去します

--data

  • データを消去します。 it も--allも指定されていない場合、データは消去されません。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、値trueを渡すか、値を何も渡さないようにします。

--log

  • ログを消去します。 it も--allも指定されていない場合、ログは消去されません。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、値trueを渡すか、値を何も渡さないようにします。

--ignore-node

  • クリーニングが不要なノードを指定します。複数のノードを指定するには、このオプションを複数回使用できます。たとえば、 --ignore-node <node-A> --ignore-node <node-B>です。
  • データ型: StringArray
  • デフォルト: 空

--ignore-role

  • クリーニングが不要なロールを指定します。複数のロールを指定するには、このオプションを複数回使用できます。たとえば、 --ignore-role <role-A> --ignore-role <role-B>です。
  • データ型: StringArray
  • デフォルト: 空

-h, --help

  • ヘルプ情報を出力します。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、値trueを渡すか、値を何も渡さないようにします。

出力

tiup-clusterの実行ログ。

<< 前のページに戻る - TiUP クラスタコマンド一覧

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.