tiup mirror

TiUPではが重要な概念です。 TiUP は現在、2 つの形式のミラーリングをサポートしています。

  • ローカル ミラー: TiUP クライアントとミラーは同じマシン上にあり、クライアントはファイル システムを介してミラーにアクセスします。
  • リモート ミラー: TiUP クライアントとミラーは同じマシン上になく、クライアントはネットワーク経由でミラーにアクセスします。

tiup mirrorコマンドは、ミラーの管理に使用され、ミラーの作成、コンポーネントの配布、およびキーの管理を行う方法を提供します。

構文

tiup mirror <command> [flags]

<command>はサブコマンドを表します。サポートされているサブコマンドのリストについては、以下のコマンド一覧を参照してください。

オプション

なし

コマンド一覧

  • ゲンキー : 秘密鍵ファイルを生成します
  • サイン : 秘密鍵ファイルを使用して特定のファイルに署名します
  • 初期化 : 空のミラーを開始します
  • 設定 : 現在のミラーを設定します
  • 許す : 現在のミラーの新しいコンポーネント所有者を付与します
  • 公開 : 新しいコンポーネントを現在のミラーに発行します
  • 変更 : 現在のミラー内のコンポーネントの属性を変更します
  • 回転する : 現在のミラーのルート証明書を更新します
  • クローン : 既存のミラーから新しいミラーを複製します
  • マージ : ミラーをマージします

<< 前のページに戻る - TiUP リファレンス コマンド一覧

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.