tiup mirror sign

tiup mirror signコマンドは、TiUP で定義されているメタデータ ファイル (*.json) に署名するために使用されます。これらのメタデータ ファイルは、ローカル ファイル システムに保存されるか、HTTP プロトコルを使用してリモートに保存され、署名エントリを提供します。

構文

tiup mirror sign <manifest-file> [flags]

<manifest-file>は署名するファイルのアドレスで、次の 2 つの形式があります。

  • http://172.16.5.5:8080/rotate/root.jsonなど、HTTP または HTTPS で始まるネットワーク アドレス
  • 相対パスまたは絶対パスであるローカル ファイル パス

ネットワーク アドレスの場合、このアドレスは次の機能を提供する必要があります。

  • 署名されたファイルの完全なコンテンツ ( signaturesフィールドを含む) を返すhttp get経由のアクセスをサポートします。
  • http post経由のアクセスをサポートします。クライアントは、 http getから返されたコンテンツのsignaturesフィールドに署名を追加し、このネットワーク アドレスに投稿します。

オプション

-k, --key

  • {component}.jsonファイルの署名に使用される秘密鍵の場所を指定します。
  • データ型: STRING
    • このオプションがコマンドで指定されていない場合、デフォルトで"${TIUP_HOME}/keys/private.json"が使用されます。

- タイムアウト

  • ネットワーク経由で署名するためのアクセス タイムアウト時間を指定します。単位は秒です。
  • データ型: INT
  • デフォルト: 10

ノート:

このオプションは、 <manifest-file>がネットワーク アドレスの場合にのみ有効です。

出力

  • コマンドが正常に実行された場合、出力はありません。
  • ファイルが指定されたキーによって署名されている場合、TiUP はエラーError: this manifest file has already been signed by specified keyを報告します。
  • ファイルが有効なマニフェストでない場合、TiUP はエラーError: unmarshal manifest: %sを報告します。

<< 前のページに戻る - TiUP Mirror コマンド一覧

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.