tiup list

コマンドtiup listは、ミラーの使用可能なコンポーネントのリストを取得するために使用されます。

構文

tiup list [component] [flags]

[component]は、特定のコンポーネントを指定するために使用されるオプションのパラメーターです。 [component]が設定されている場合、TiUP は指定されたコンポーネントのすべてのバージョンを一覧表示します。そうでない場合、TiUP はすべてのコンポーネントを一覧表示します。

オプション

--all

  • すべてのコンポーネントを表示します。デフォルトでは、TiUP は隠しコンポーネントを表示しません。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、値trueを渡すか、値を何も渡さないようにします。

-- インストール済み

  • インストールされているコンポーネントとバージョンのみを表示します。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、値trueを渡すか、値を何も渡さないようにします。

--冗長

  • インストールされているコンポーネントのバージョンをコンポーネント リストに表示します。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、値trueを渡すか、値を何も渡さないようにします。

出力

  • [component]が設定されていない場合:
    • --verboseを指定した場合: Name (コンポーネント名)、 Installed (インストールバージョン)、 Owner (コンポーネント所有者)、 Description (コンポーネント説明)からなるコンポーネント情報リストを出力します。
    • --verboseを省略した場合Name (コンポーネント名)、 Owner (コンポーネント所有者)、 Description (コンポーネント説明)からなるコンポーネント情報リストを出力します。
  • [component]が設定されている場合:
    • 指定されたコンポーネントが存在する場合: TiUP は、指定されたコンポーネントのVersion (バージョン番号)、 Installed (インストール状況)、 Release (リリース日)、およびPlatforms (サポートされているプラットフォーム) で構成されるバージョン情報のリストを出力します。
    • 指定されたコンポーネントが存在しない場合: TiUP はエラーfailed to fetch component: unknown componentを報告します。

<< 前のページに戻る - TiUP リファレンス コマンド一覧

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.