tiup install

tiup installコマンドは、コンポーネントのインストールに使用されます。指定されたバージョンのコンポーネント パッケージをミラー リポジトリからダウンロードし、後で使用するためにローカルの TiUP データ ディレクトリに解凍します。さらに、TiUP がミラー リポジトリに存在しないコンポーネントを実行する必要がある場合、まずコンポーネントをダウンロードしてから、自動的に実行します。コンポーネントがリポジトリに存在しない場合、エラーが報告されます。

構文

tiup install <component1>[:version] [component2...N] [flags]

<component1><component2>はコンポーネント名を表し、 [version]はオプションのバージョン番号を表します。 versionが追加されていない場合、指定されたコンポーネントの最新の安定バージョンがインストールされます。 [component2...N]は、同時に複数のコンポーネントまたは同じコンポーネントの複数のバージョンを指定できることを意味します。

オプション

なし

出力

  • 通常はコンポーネントのダウンロード情報を出力します。
  • コンポーネントが存在しない場合、 The component "%s" not foundエラーが報告されます。
  • バージョンが存在しない場合、 version %s not supported by component %sエラーが報告されます。

<< 前のページに戻る - TiUP リファレンス コマンド一覧

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.