tiup環境

TiUP は柔軟でカスタマイズされたインターフェイスをユーザーに提供します。その一部は環境変数を使用して実装されます。 tiup envコマンドは、TiUP がサポートするユーザー定義の環境変数とその値を照会するために使用されます。

構文

tiup env [name1...N]

[name1...N]は、指定された環境変数を表示するために使用されます。指定しない場合、サポートされているすべての環境変数がデフォルトで表示されます。

オプション

なし

出力

  • [name1...N]が指定されていない場合、「{key}」="{value}"のリストが出力されます。
  • [name1...N]を指定すると、「{値}」のリストが順番に出力されます。

上記の出力で、 valueが空の場合、環境変数の値が設定されていないことを意味します。この場合、TiUP はデフォルト値を使用します。

<< 前のページに戻る - TiUP リファレンス コマンド一覧

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.