重要

TiDB v6.2 (DMR) のドキュメントを表示しています。PingCap は v6.2 のバグ修正を提供していません。バグは将来のリリースで修正される予定です。

一般的な目的では、TiDBデータベースの最新の安定バージョンを使用してください。
重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiSpark 導入トポロジ

警告

TiUP クラスターでの TiSpark のサポートは廃止されました。使用することはお勧めしません

このドキュメントでは、TiSpark の展開トポロジと、最小クラスター トポロジに基づいて TiSpark を展開する方法について説明します。

TiSpark は、TiDB/TiKV 上で Apache Spark を実行して複雑な OLAP クエリに応答するために構築されたコンポーネントです。これにより、Spark プラットフォームと分散型 TiKV クラスターの両方の利点が TiDB にもたらされ、TiDB はオンライン トランザクションと分析の両方のワンストップ ソリューションになります。

TiSparkアーキテクチャとその使用方法の詳細については、 TiSpark ユーザーガイドを参照してください。

トポロジ情報

実例カウント物理マシン構成知財Configuration / コンフィグレーション
TiDB316 仮想コア 32GB * 110.0.1.1
10.0.1.2
10.0.1.3
デフォルトのポート
グローバル ディレクトリの構成
PD34 Vコア 8GB * 110.0.1.4
10.0.1.5
10.0.1.6
デフォルトのポート
グローバル ディレクトリの構成
TiKV316 仮想コア 32GB 2TB (nvme ssd) * 110.0.1.7
10.0.1.8
10.0.1.9
デフォルトのポート
グローバル ディレクトリの構成
ティスパーク38 Vコア 16GB * 110.0.1.21 (マスター)
10.0.1.22 (ワーカー)
10.0.1.23 (ワーカー)
デフォルトのポート
グローバル ディレクトリの構成
監視とGrafana14 仮想コア 8GB * 1 500GB (ssd)10.0.1.11デフォルトのポート
グローバル ディレクトリの構成

トポロジ テンプレート

上記の TiDB クラスター トポロジ ファイルの構成項目の詳細な説明については、 TiUP を使用して TiDB をデプロイするためのトポロジConfiguration / コンフィグレーションファイルを参照してください。

ノート:

  • 構成ファイルでtidbユーザーを手動で作成する必要はありません。 TiUP クラスター コンポーネントは、ターゲット マシンにtidbユーザーを自動的に作成します。ユーザーをカスタマイズしたり、ユーザーと制御マシンとの一貫性を保つことができます。
  • 展開ディレクトリを相対パスとして構成すると、クラスターはユーザーのホーム ディレクトリに展開されます。

前提条件

TiSpark は Apache Spark クラスターに基づいているため、TiSpark を含む TiDB クラスターを開始する前に、TiSpark をデプロイするサーバーに Java ランタイム環境 (JRE) 8 がインストールされていることを確認する必要があります。そうしないと、TiSpark を開始できません。

TiUP は JRE の自動インストールをサポートしていません。自分でインストールする必要があります。詳細なインストール手順については、 ビルド済みの OpenJDK パッケージをダウンロードしてインストールする方法を参照してください。

JRE 8 がデプロイメント・サーバーに既にインストールされているが、システムのデフォルトのパッケージ管理ツールのパスにない場合、トポロジー構成でjava_homeパラメーターを設定することにより、使用する JRE 環境のパスを指定できます。このパラメーターは、 JAVA_HOMEシステム環境変数に対応します。