TiFlash コマンドライン フラグ

このドキュメントでは、TiFlash を起動するときに使用できるコマンドライン フラグを紹介します。

server --config-file

  • TiFlash 構成ファイルのパスを指定します
  • デフォルト: ""
  • 構成ファイルを指定する必要があります。詳細な設定項目については、 TiFlash 構成パラメータを参照してください。

dttool migrate

  • DTFile のファイル形式を移行します (テストまたはダウングレード用)。データは 1 つの DTFile 単位で移行されます。テーブル全体を移行する場合は、 <data dir>/t_<table id>/stable/dmf_<file id>に類似したすべてのパスを見つけて、1 つずつ移行する必要があります。スクリプトを使用して移行を自動化できます。

  • ユーザー シナリオ:

    • データ検証が有効になっているバージョン >= v5.4.0 からバージョン < v5.4.0 に TiFlash をダウングレードする必要がある場合は、このツールを使用して DTFile のデータ形式をダウングレードできます。
    • TiFlash をバージョン >= v5.4.0 にアップグレードし、既存のデータのデータ検証を有効にしたい場合は、このツールを使用して DTFile のデータ形式をアップグレードできます。
    • さまざまな構成で DTFile のスペース使用量と読み取り速度をテストします。
  • パラメーター:

    • --imitative : DTFile の暗号化機能を使用しない場合、このフラグを使用して構成ファイルの使用と PD への接続を回避できます。
    • --version : DTFile のバージョン。値のオプションは12 (デフォルト) です。 1が古いバージョンで、 2が新しいチェックサムに対応するバージョンです。
    • --algorithm : データ検証に使用されるハッシュ アルゴリズム。値のオプションはxxh3 (デフォルト)、 city128crc32crc64 、およびnoneです。このパラメーターは、 version2の場合にのみ有効です。
    • --frame : 検証フレームのサイズ。デフォルト値は1048576です。このパラメーターは、 version2の場合にのみ有効です。
    • --compression : ターゲット圧縮アルゴリズム。値のオプションはLZ4 (デフォルト)、 LZ4HCzstd 、およびnoneです。
    • --level : ターゲットの圧縮レベル。指定しない場合、圧縮アルゴリズムに従って、推奨される圧縮レベルがデフォルトで使用されます。 compressionLZ4またはzstdに設定されている場合、デフォルトのレベルは 1 ですcompressionLZ4HCに設定されている場合、デフォルトのレベルは 9 です。
    • --config-file : dttool migrateの構成ファイルはserverの設定ファイルと同じです。詳細については、 --imitativeを参照してください。
    • --file-id : DTFile の ID。たとえば、DTFile dmf_123の ID は123です。
    • --workdir : dmf_xxxの親ディレクトリ。
    • --dry : 予行演習モード。移行プロセスのみが出力されます。
    • --nokeep : 元のデータを保持しません。このオプションが有効でない場合、 dmf_xxx.oldのファイルが作成されます。

ノート:

セキュリティ上の理由から、DTTool は移行モードで作業ディレクトリにロックを追加しようとします。したがって、同じディレクトリでは、移行タスクを同時に実行できる DTTool は 1 つだけです。ロックが解除されていない状態で DTTool を強制停止すると、後で DTTool を再実行しようとすると、移行タスクの実行が拒否されることがあります。

このような状況が発生した場合、LOCK ファイルを削除してもデータが破損しないことがわかっている場合は、作業ディレクトリの LOCK ファイルを手動で削除してロックを解除できます。

dttool bench

  • DTFile の基本的な I/O 速度テストを提供します。

  • パラメーター:

    • --version : DTFile のバージョン。 --version dttool migrateのバージョンを参照してください。
    • --algorithm : データ検証に使用されるハッシュ アルゴリズム。 --algorithm dttool migrateのアルゴリズムを参照してください。
    • --frame : 検証フレームのサイズ。 --frame dttool migrateのフレームを参照してください。
    • --column : テストするテーブルの列。デフォルト値は100です。
    • --size : テストするテーブルの行。デフォルト値は1000です。
    • --field : テストするテーブルのフィールド長制限。デフォルト値は1024です。
    • --random : ランダム シード。このパラメーターを指定しない場合、ランダム シードはシステム エントロピー プールから取得されます。
    • --encryption : 暗号化機能を有効にします。
    • --repeat : テストを繰り返す回数。デフォルト値は5です。
    • --workdir : テスト対象のファイル システム内のパスを指す一時データ ディレクトリ。デフォルト値は/tmp/testです。

dttool inspect

  • DTFile の整合性をチェックします。データの検証は、1 つの DTFile 単位で実行されます。テーブル全体を検証する場合は、 <data dir>/t_<table id>/stable/dmf_<file id>に似たすべてのパスを見つけて、1 つずつ検証する必要があります。スクリプトを使用して検証を自動化できます。

  • ユーザー シナリオ:

    • フォーマットのアップグレードまたはダウングレードを実行した後、DTFile のデータの整合性を検証できます。
    • DTFile を新しい環境に移行した後、DTFile のデータ整合性を検証できます。
  • パラメーター:

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.