3 つのデータ センター展開でのローカル読み取り

3 つのデータ センターのモデルでは、リージョンには、各データ センターで分離された 3 つのレプリカがあります。ただし、強力な一貫性のある読み取りの要件により、TiDB はすべてのクエリで対応するデータのリーダー レプリカにアクセスする必要があります。リーダー レプリカとは異なるデータ センターでクエリが生成された場合、TiDB は別のデータ センターからデータを読み取る必要があるため、アクセスレイテンシーが増加します。

このドキュメントでは、 ステイル読み取りの機能を使用してクロスセンター アクセスを回避し、リアルタイム データの可用性を犠牲にしてアクセスのレイテンシーを短縮する方法について説明します。

3 つのデータ センターの TiDB クラスターをデプロイする

3 データセンターの配置方法については、 1 つの地域展開における複数のデータセンターを参照してください。

TiKV ノードと TiDB ノードの両方に構成項目labelsが構成されている場合、同じデータ センター内の TiKV ノードと TiDB ノードのzoneラベルの値は同じでなければならないことに注意してください。たとえば、TiKV ノードと TiDB ノードの両方がデータセンターにある場合dc-1 、次のラベルを使用して 2 つのノードを構成する必要があります。

[labels]
zone=dc-1

ステイル読み取りを使用してローカル読み取りを実行する

ステイル読み取りは、ユーザーが履歴データを読み取るために TiDB が提供するメカニズムです。このメカニズムを使用すると、特定の時点または指定された時間範囲内の対応する履歴データを読み取ることができるため、ストレージ ノード間のデータ レプリケーションによってレイテンシーを節約できます。地理的に分散した展開のいくつかのシナリオで古いステイル読み取りを使用する場合、 レイテンシーは現在のデータ センターのレプリカにアクセスして、リアルタイム パフォーマンスをいくらか犠牲にして対応するデータを読み取ります。クエリ プロセス全体のアクセスレイテンシー。

TiDB が古いステイル読み取りクエリを受信すると、その TiDB ノードのzoneラベルが構成されている場合、TiDB は、対応するデータ レプリカが存在する同じzoneラベルを持つ TiKV ノードに要求を送信します。

ステイル読み取りの実行方法については、 AS OF TIMESTAMP句を使用してステイル読み取りを実行するを参照してください。

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.