戻す

このステートメントは、以前にBACKUPステートメントによって作成されたバックアップ アーカイブから分散復元を実行します。

RESTOREステートメントはBRツールと同じエンジンを使用しますが、復元プロセスが別の BR ツールではなく TiDB 自体によって駆動される点が異なります。 BR のすべての利点と注意事項がここにも適用されます。特に、 RESTOREは現在ACIDに準拠していませんRESTOREを実行する前に、次の要件が満たされていることを確認してください。

  • クラスターは「オフライン」であり、現在の TiDB セッションは、復元中のすべてのテーブルにアクセスできる唯一のアクティブな SQL 接続です。
  • 既存のデータが上書きされ、データとインデックスの間で不整合が生じる可能性があるため、完全復元が実行されている場合、復元されるテーブルはまだ存在していてはなりません。
  • 増分復元が実行されている場合、テーブルは、バックアップが作成されたときのタイムスタンプLAST_BACKUPとまったく同じ状態である必要があります。

RESTOREを実行するには、 RESTORE_ADMINまたはSUPERの特権が必要です。さらに、復元を実行する TiDB ノードとクラスター内のすべての TiKV ノードの両方に、復元先からの読み取り権限が必要です。

RESTOREステートメントはブロックされており、復元タスク全体が終了、失敗、またはキャンセルされた後にのみ終了します。 RESTOREを実行するには、持続的な接続を準備する必要があります。タスクはKILL TIDB QUERYステートメントを使用してキャンセルできます。

一度に実行できるタスクはBACKUPRESTOREの 1 つだけです。 BACKUPまたはRESTOREのタスクが同じ TiDBサーバーで既に実行されている場合、新しいRESTOREの実行は、前のすべてのタスクが完了するまで待機します。

RESTOREは「tikv」ストレージ エンジンでのみ使用できます。 「unistore」エンジンでRESTOREを使用すると失敗します。

あらすじ

RestoreStmt
RESTOREBRIETablesFROMstringLitRestoreOption
BRIETables
DATABASE*DBName,TABLETableNameList
RestoreOption
RATE_LIMIT=LengthNumMB/SECONDCONCURRENCY=LengthNumCHECKSUM=BooleanSEND_CREDENTIALS_TO_TIKV=Boolean
Boolean
NUMTRUEFALSE

バックアップ アーカイブからの復元

RESTORE DATABASE * FROM 'local:///mnt/backup/2020/04/';
+------------------------------+-----------+----------+---------------------+---------------------+
| Destination                  | Size      | BackupTS | Queue Time          | Execution Time      |
+------------------------------+-----------+----------+---------------------+---------------------+
| local:///mnt/backup/2020/04/ | 248665063 | 0        | 2020-04-21 17:16:55 | 2020-04-21 17:16:55 |
+------------------------------+-----------+----------+---------------------+---------------------+
1 row in set (28.961 sec)

上記の例では、すべてのデータがローカル ファイル システムのバックアップ アーカイブから復元されます。データは、すべての TiDB および TiKV ノードに分散された/mnt/backup/2020/04/のディレクトリから SST ファイルとして読み取られます。

上記の結果の最初の行は、次のように記述されます。

カラム説明
Destination読み取り元の宛先 URL
Sizeバックアップ アーカイブの合計サイズ (バイト単位)
BackupTS(使用されていない)
Queue TimeRESTOREのタスクがキューに入れられたときの (現在のタイム ゾーンでの) タイムスタンプ。
Execution TimeRESTOREのタスクの実行が開始されたときの (現在のタイム ゾーンでの) タイムスタンプ。

部分復元

復元するデータベースまたはテーブルを指定できます。一部のデータベースまたはテーブルがバックアップ アーカイブにない場合、それらは無視されるため、 RESTOREは何もせずに完了します。

RESTORE DATABASE `test` FROM 'local:///mnt/backup/2020/04/';
RESTORE TABLE `test`.`sbtest01`, `test`.`sbtest02` FROM 'local:///mnt/backup/2020/04/';

外部ストレージ

BR は、S3 または GCS からのデータの復元をサポートしています。

RESTORE DATABASE * FROM 's3://example-bucket-2020/backup-05/';

URL 構文については、 外部ストレージで詳しく説明しています。

認証情報を配布してはならないクラウド環境で実行する場合は、 SEND_CREDENTIALS_TO_TIKVオプションをFALSEに設定します。

RESTORE DATABASE * FROM 's3://example-bucket-2020/backup-05/'
    SEND_CREDENTIALS_TO_TIKV = FALSE;

パフォーマンスの微調整

RATE_LIMITを使用して、TiKV ノードごとの平均ダウンロード速度を制限し、ネットワーク帯域幅を減らします。

デフォルトでは、TiDB ノードは 128 の復元スレッドを実行します。この値はCONCURRENCYオプションで調整できます。

復元が完了する前に、アーカイブからのデータに対してチェックサムを実行して、正確性を検証しRESTORE 。これが不要であることが確実な場合は、オプションCHECKSUMを使用してこのステップを無効にすることができます。

RESTORE DATABASE * FROM 's3://example-bucket-2020/backup-06/'
    RATE_LIMIT = 120 MB/SECOND
    CONCURRENCY = 64
    CHECKSUM = FALSE;

増分復元

増分復元を実行するための特別な構文はありません。 TiDB は、バックアップ アーカイブが完全か増分かを認識し、適切なアクションを実行します。それぞれの増分復元を正しい順序で適用するだけで済みます。

たとえば、次のようにバックアップ タスクを作成するとします。

BACKUP DATABASE `test` TO 's3://example-bucket/full-backup'  SNAPSHOT = 413612900352000;
BACKUP DATABASE `test` TO 's3://example-bucket/inc-backup-1' SNAPSHOT = 414971854848000 LAST_BACKUP = 413612900352000;
BACKUP DATABASE `test` TO 's3://example-bucket/inc-backup-2' SNAPSHOT = 416353458585600 LAST_BACKUP = 414971854848000;

次に、復元時に同じ順序を適用する必要があります。

RESTORE DATABASE * FROM 's3://example-bucket/full-backup';
RESTORE DATABASE * FROM 's3://example-bucket/inc-backup-1';
RESTORE DATABASE * FROM 's3://example-bucket/inc-backup-2';

MySQL の互換性

このステートメントは、MySQL 構文に対する TiDB 拡張です。

こちらもご覧ください

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.