スキーマ オブジェクト名

このドキュメントでは、 TiDB SQLステートメントでのスキーマ オブジェクト名を紹介します。

スキーマ オブジェクト名は、データベース、テーブル、インデックス、列、エイリアスなどを含む、TiDB 内のすべてのスキーマ オブジェクトに名前を付けるために使用されます。これらのオブジェクトは、SQL ステートメントで識別子を使用して引用できます。

バッククォートを使用して識別子を囲むことができます。たとえば、 SELECT * FROM tSELECT * FROM `t`と書くこともできます。ただし、識別子に 1 つ以上の特殊文字が含まれているか、予約済みのキーワードである場合は、それが表すスキーマ オブジェクトを引用するためにバックティックで囲む必要があります。

SELECT * FROM `table` WHERE `table`.id = 20;

SQL MODE にANSI_QUOTESを設定すると、TiDB は二重引用符"で囲まれた文字列を識別子として認識します。

CREATE TABLE "test" (a varchar(10));
ERROR 1064 (42000): You have an error in your SQL syntax; check the manual that corresponds to your TiDB version for the right syntax to use line 1 column 19 near ""test" (a varchar(10))" 
SET SESSION sql_mode='ANSI_QUOTES';
Query OK, 0 rows affected (0.000 sec)
CREATE TABLE "test" (a varchar(10));
Query OK, 0 rows affected (0.012 sec)

引用符で囲まれた識別子でバックティック文字を使用する場合は、バックティックを 2 回繰り返します。たとえば、テーブル a`b を作成するには:

CREATE TABLE `a``b` (a int);

SELECTステートメントでは、識別子または文字列を使用してエイリアスを指定できます。

SELECT 1 AS `identifier`, 2 AS 'string';
+------------+--------+
| identifier | string |
+------------+--------+
|          1 |      2 |
+------------+--------+
1 row in set (0.00 sec)

詳細については、 MySQL スキーマ オブジェクト名を参照してください。

識別子修飾子

オブジェクト名は、修飾されていない場合も修飾されている場合もあります。たとえば、次のステートメントは、修飾名なしでテーブルを作成します。

CREATE TABLE t (i int);

USEステートメントまたは接続パラメーターを使用してデータベースを構成していない場合、 ERROR 1046 (3D000): No database selectedエラーが表示されます。この時点で、データベース修飾名を指定できます。

CREATE TABLE test.t (i int);

.の周りに空白が存在する可能性があります。 table_name.col_nametable_name . col_nameは同等です。

この識別子を引用するには、次を使用します。

`table_name`.`col_name`

それ以外の:

`table_name.col_name`

詳細については、 MySQL 識別子修飾子を参照してください。

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.