TiDB 4.0.8 リリースノート

発売日:2020年10月30日

TiDB バージョン: 4.0.8

新機能

  • TiDB

    • 新しい集約関数のサポートAPPROX_PERCENTILE #20197
  • ティフラッシュ

    • CASTの関数を押し下げるサポート
  • ツール

    • TiCDC

      • スナップショット レベルの一貫性のあるレプリケーションのサポート#932

改良点

  • TiDB

    • Selectivity() #20154の貪欲な検索手順で選択性の低いインデックスを優先する
    • コプロセッサーのランタイム統計#19264に、より多くの RPC ランタイム情報を記録します。
    • 遅いログの解析を高速化して、クエリのパフォーマンスを向上させる#20556
    • SQL オプティマイザが潜在的な新しい計画を検証しているときに、より多くのデバッグ情報を記録するために、計画のバインド段階でタイムアウト実行計画を待ちます#20530
    • スロー ログの実行リトライ時間とスロー クエリの結果を加算します。 #20495 #20494
    • table_storage_statsシステム テーブル#20431を追加します。
    • INSERT / UPDATE / REPLACEステートメントの RPC ランタイム統計情報を追加します#20430
    • EXPLAIN FOR CONNECTION #20384の結果にオペレーター情報を追加します
    • TiDB エラー ログを、クライアントの接続/切断アクティビティのレベルDEBUGに調整します#20321
    • コプロセッサー・キャッシュ#20293のモニター・メトリックを追加します
    • ペシミスティックロックキーのランタイム情報を追加#20199
    • ランタイム情報に時間消費情報のセクションを 2 つ追加し、スパン#20187traceつ追加します。
    • トランザクション コミットのランタイム情報をスロー ログ#20185に追加します。
    • インデックス マージ結合を無効にする#20599
    • ISO 8601 および一時文字列リテラルのタイムゾーン サポートを追加します#20670
  • TiKV

    • Fast-Tuneパネル ページを追加して、パフォーマンス診断を支援します#8804
    • ログ#8746からユーザー データをリダクションするsecurity.redact-info-logの構成項目を追加します。
    • エラー コード#8877のメタファイルを再フォーマットします。
    • pessimistic-txn.pipelined構成の動的変更を有効にする#8853
    • デフォルトでメモリ プロファイリング機能を有効にする#8801
  • PD

    • エラーのメタファイルを生成します#3090
    • オペレーター#3009の追加情報を追加します。
  • ティフラッシュ

    • Raftログの監視メトリクスを追加
    • copのタスクのメモリ使用量の監視メトリクスを追加
    • データ削除時のmin maxをより正確にする
    • データ量が少ない場合のクエリ パフォーマンスの向上
    • 標準エラー コードをサポートするerrors.tomlのファイルを追加します。
  • ツール

    • バックアップと復元 (BR)

      • splitingest #427をパイプライン処理して復元プロセスを高速化する
      • PD スケジューラの手動復元をサポート#530
      • removeのスケジューラの代わりにpauseのスケジューラを使用する#551
    • TiCDC

      • MySQL シンクの統計を定期的に出力する#1023
    • Dumpling

      • データのダンプリングを S3 ストレージに直接サポート#155
      • ビューのダンプをサポート#158
      • 生成された列のみを含むテーブルのダンプをサポート#166
    • TiDB Lightning

      • マルチバイトの CSV 区切り文字と区切り文字をサポート#406
      • 一部の PD スケジューラを無効にして復元プロセスを高速化する#408
      • v4.0 クラスターでチェックサム GC セーフポイントに GC-TTL API を使用して、GC エラー#396を回避します。

バグの修正

  • TiDB

    • パーティション化されたテーブルを使用するときに発生する予期しないpanicを修正します#20565
    • インデックス マージ ジョイン#20427を使用してアウター サイドをフィルター処理すると、アウター ジョインの誤った結果が返される問題を修正
    • データが長すぎる場合、データをBIT型に変換するとNULLの値が返される問題を修正#20363
    • BIT型列#20340の破損した既定値を修正します。
    • BIT型をINT64型に変換する際に発生する可能性があったオーバーフローエラーを修正#20312
    • ハイブリッド型列#20297の列最適化の伝播で発生する可能性のある間違った結果を修正します。
    • プラン キャッシュ#20246から古いプランを保存するときに発生する可能性があるpanicを修正します。
    • FROM_UNIXTIMEUNION ALLを併用すると返ってくる結果が誤って切り捨てられる不具合を修正#20240
    • Enum型の値をFloat#20235に変換すると間違った結果が返される場合がある問題を修正
    • RegionStore.accessStore #20210のpanicの可能性を修正
    • 最大符号なし整数をBatchPointGet #20205でソートしたときに返される間違った結果を修正
    • EnumSetの保磁力が違うバグを修正#20364
    • あいまいなYEAR変換#20292の問題を修正します。
    • KV 持続時間パネルにstore0 #20260が含まれている場合に発生する間違ったレポート結果の問題を修正します。
    • out of rangeエラー#20252にもかかわらずFloat型データが誤って挿入される問題を修正
    • 生成された列が不正なNULL値を処理しないバグを修正#20216
    • 範囲外のYEAR型データの不正確なエラー情報を修正#20170
    • 悲観的なトランザクションの再試行中に発生する可能性がある予期しないinvalid auto-idエラーを修正します#20134
    • ALTER TABLEを使用してEnum / Setタイプ#20046を変更すると、制約がチェックされない問題を修正します。
    • 同時実行に複数のオペレーターが使用されている場合に記録されるcopタスクの間違ったランタイム情報を修正します#19947
    • 読み取り専用のシステム変数をセッション変数として明示的に選択できない問題を修正します#19944
    • 重複ORDER BY条件が最適でない実行計画を引き起こす可能性があるという問題を修正します#20333
    • フォント サイズが最大許容値#20637を超えると、生成されたメトリック プロファイルが失敗する可能性があるという問題を修正します。
  • TiKV

    • 暗号化におけるミューテックスの競合により、pd-worker のハートビートの処理が遅くなるというバグを修正します#8869
    • メモリプロファイルが誤って生成される問題を修正#8790
    • ストレージ クラスが#8763に指定されている場合に、GCS でデータベースをバックアップできない問題を修正しました。
    • リージョンが再起動または新しく分割されたときに、学習者がリーダーを見つけられないバグを修正します#8864
  • PD

    • TiDB ダッシュボードの Key Visualizer が PDpanicを引き起こす場合があるバグを修正#3096
    • PD ストアが 10 分以上ダウンした場合に PD がpanicになる可能性があるバグを修正します#3069
  • ティフラッシュ

    • ログ メッセージの間違ったタイムスタンプの問題を修正
    • マルチディスク TiFlash の展開中に、間違った容量が原因で TiFlash レプリカの作成が失敗する問題を修正します。
    • TiFlash が再起動後に破損したデータ ファイルに関するエラーをスローする可能性があるバグを修正します。
    • TiFlash がクラッシュした後、壊れたファイルがディスクに残る可能性がある問題を修正します。
    • プロキシが最新のRaftリース情報に追いつかない場合、学習者の読み取り中にインデックスの待機に時間がかかることがあるというバグを修正します
    • 古くなったRaftログを再生しているときに、プロキシが Key-Value エンジンに過剰なリージョン状態情報を書き込むバグを修正
  • ツール

    • バックアップと復元 (BR)

      • send on closed channel復元中のpanicを修正#559
    • TiCDC

      • GC セーフポイント#979の更新に失敗したために発生した予期しない終了を修正します。
      • mod リビジョン キャッシュが正しくないため、タスク ステータスが予期せずフラッシュされる問題を修正します#1017
      • 予期しない空の Maxwell メッセージを修正する#978
    • TiDB Lightning

      • 間違った列情報の問題を修正します#420
      • ローカルモード#418でリージョン情報の取得を再試行するときに発生する無限ループを修正します。
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.