TiDB 4.0.11 リリースノート

発売日:2021年2月26日

TiDB バージョン: 4.0.11

新機能

  • TiDB

    • utf8_unicode_ciおよびutf8mb4_unicode_ci照合をサポート#22558
  • TiKV

    • utf8mb4_unicode_ci照合順序#9577をサポート
    • cast_year_as_time照合順序#9299をサポート
  • ティフラッシュ

    • コプロセッサー・スレッド・プールを追加して、実行のためにコプロセッサー要求をキューに入れ、場合によってはメモリー不足 (OOM) を回避し、 cop_pool_sizebatch_cop_pool_sizeの構成項目をデフォルト値のNumOfPhysicalCores * 2で追加します。

改良点

  • TiDB

    • 外部結合から単純化された内部結合を並べ替える#22402
    • Grafana ダッシュボードで複数のクラスターをサポートする#22534
    • 複数のステートメントの問題に対する回避策を追加します#22468
    • スロークエリのメトリクスをinternalgeneral #22405に分ける
    • utf8_unicode_ciおよびutf8mb4_unicode_ciの照合用のインターフェイスを追加します#22099
  • TiKV

    • DBaaS #9591のサーバー情報のメトリクスを追加
    • Grafana ダッシュボードで複数のクラスターをサポートする#9572
    • RocksDB メトリクスを TiDB #9316に報告する
    • コプロセッサー・タスクの中断時間を記録します#9277
    • Load Base Split #9354のキー数とキー サイズのしきい値を追加します。
    • データのインポート前にファイルが存在するかどうかを確認する#9544
    • Fast Tune パネルの改善#9180
  • PD

    • Grafana ダッシュボードで複数のクラスターをサポートする#3398
  • ティフラッシュ

    • date_format関数のパフォーマンスを最適化する
    • 取り込み SST 処理のメモリ消費を最適化する
    • Batch Coprocessor の再試行ロジックを最適化して、リージョンエラーの可能性を減らします
  • ツール

    • TiCDC

      • captureメタデータにバージョン情報を追加し、 changefeedメタデータ#1342changefeedの CLI バージョンを追加します。
    • TiDB Lightning

      • インポートのパフォーマンスを向上させるためにテーブルを並行して作成する#502
      • エンジンの合計サイズがリージョンサイズ#524より小さい場合、リージョンの分割をスキップしてインポートのパフォーマンスを向上させます
      • インポート進行状況バーを追加し、復元進行状況の精度を最適化します#506

バグの修正

  • TiDB

    • 異常なunicode_ci定数伝播の問題を修正#22614
    • 間違った照合順序と強制性を引き起こす可能性がある問題を修正します#22602
    • 間違った照合順序結果を引き起こす可能性がある問題を修正します#22599
    • 異なる照合の定数置換の問題を修正します#22582
    • 照合順序#22531を使用するとlike関数が間違った結果を返すことがあるというバグを修正
    • leastgreatestの関数で間違ったduration型の推論の問題を修正します#22580
    • like関数が単一文字のワイルドカード ( _ ) の後に複数文字のワイルドカード ( % ) を処理するときに発生するバグを修正します#22575
    • TiDB の組み込み関数の型推論エラーを修正 ( leastおよびgreatest ) #22562
    • パターン文字列が Unicode 文字列の場合にlike関数が間違った結果を取得するバグを修正します#22529
    • ポイント取得クエリで、 @@tidb_snapshot変数を#22527に設定するとスナップショットデータが取得されない不具合を修正
    • 結合からヒントを生成するときに発生する可能性のあるpanicを修正します#22518
    • 文字列が誤ってBITタイプ#22420に変換される問題を修正
    • tidb_rowid#22359に値を挿入するときに発生するindex out of rangeエラーを修正します。
    • キャッシュされたプランが誤って使用されるバグを修正#22353
    • バイナリ/文字列の長さが長すぎる場合のWEIGHT_STRING関数の実行時panicを修正します#22332
    • 関数パラメータの数が無効な場合、生成された列の使用を禁止する#22174
    • 実行計画を立てる前にプロセス情報を正しく設定する#22148
    • IndexLookUp #22136の不正確なランタイム統計の問題を修正
    • クラスターがコンテナーにデプロイされている場合のメモリ使用量情報のキャッシュを追加します#22116
    • デコード プラン エラーの問題を修正します#22022
    • 無効なウィンドウ仕様の使用に関するエラーを報告する#21976
    • PREPAREステートメントがEXECUTEDEALLOCATEまたはPREPAREでネストされている場合にエラーを報告する#21972
    • 存在しないパーティションでINSERT IGNOREステートメントを使用するとエラーが報告されない問題を修正します#21971
    • EXPLAIN結果とスローログ#21964のエンコーディングを統一する
    • 集計演算子#21957を使用する場合の結合での不明な列の問題を修正します。
    • ceiling関数#21936の間違った型推論を修正
    • Double型の列が 10 進数の#21916を無視する問題を修正
    • サブクエリ#21877で相関集計が計算される問題を修正します。
    • キーの長さ >= 65536 #21870の JSON オブジェクトのエラーを報告する
    • dyname関数が MySQL #21850と互換性がない問題を修正
    • 入力データが長すぎる場合にto_base64関数がNULLを返す問題を修正#21813
    • サブクエリ#21808で複数のフィールドを比較できない問題を修正
    • JSON #21785で float 型を比較するときに発生する問題を修正します。
    • JSON オブジェクトのタイプを比較するときに発生する問題を修正します#21718
    • cast関数の強制力値が正しく設定されていない問題を修正#21714
    • IF機能使用時の予期せぬpanicを修正#21711
    • JSON 検索から返されたNULLの結果が MySQL #21700と互換性がない問題を修正
    • ORDER BYHAVING #21697を使用してonly_full_group_byモードを確認するときに発生する問題を修正します。
    • DayTimeの単位が MySQL #21676と互換性がない問題を修正
    • LEADLAGのデフォルト値がフィールド タイプ#21665に適応できない問題を修正します。
    • チェックを実行して、 LOAD DATAステートメントがデータをベース テーブルにのみロードできることを確認します#21638
    • addtimesubtimeの関数が無効な引数を処理するときに発生する問題を修正します#21635
    • 近似値の丸めルールを「最も近い偶数に丸める」に変更します#21628
    • 明示的に読み取られるまでWEEK()@@GLOBAL.default_week_formatを認識しないという問題を修正します#21623
  • TiKV

    • TiKV がPROST=1 #9604でビルドに失敗する問題を修正
    • 一致しないメモリ診断を修正します#9589
    • 部分的な RawKV 復元範囲の終了キーが#9583を含む問題を修正します
    • TiCDC のインクリメンタル スキャン中に、ロールバックされたトランザクションのキーの古い値をロードするときに発生する TiKVpanicの問題を修正します#9569
    • 異なる設定の変更フィードが 1 つのリージョン#9565に接続されている場合の古い値の構成の不具合を修正します。
    • MAC アドレスのないネットワーク インターフェイスを持つマシンで TiKV クラスターを実行すると発生するクラッシュの問題を修正します (v4.0.9 で導入) #9516
    • 巨大なリージョン#9448をバックアップする際の TiKV OOM の問題を修正
    • region-split-check-diffカスタマイズできない問題を修正#9530
    • システム時刻が戻ると TiKVpanicが発生する問題を修正#9542
  • PD

    • メンバーの健康指標が正しく表示されない問題を修正します#3368
    • ピア#3352がまだ存在するトゥームストーン ストアの削除を禁止する
    • ストア制限を保持できない問題を修正#3403
    • 散布範囲スケジューラ#3401の制限制限を修正
  • ティフラッシュ

    • 10進数maxminの結果が間違っている不具合を修正
    • データ読み込み時にTiFlashがクラッシュすることがある不具合を修正
    • DDL 操作後に書き込まれた一部のデータが、データの圧縮後に失われる可能性がある問題を修正します
    • Coprocessor で TiFlash が 10 進定数を正しく処理しない問題を修正します。
    • 学習者の読み取りプロセス中に発生する可能性のあるクラッシュを修正
    • TiDB と TiFlash の間の0またはNULLによる除算の一貫性のない動作を修正します。
  • ツール

    • TiCDC

      • ErrTaskStatusNotExistscaptureセッションのクローズが同時に発生した場合、TiCDC サービスが予期せず終了することがあるバグを修正#1240
      • changefeedが別のchangefeed #1347の影響を受ける可能性があるという古い値スイッチの問題を修正します。
      • 無効なsort-engineパラメータ#1309を使用して新しいchangefeedを処理すると、TiCDC サービスがハングする可能性があるバグを修正します
      • 所有者以外のノードでデバッグ情報を取得するときに発生するpanicの問題を修正します#1349
      • テーブルの追加または削除時にticdc_processor_num_of_tablesおよびticdc_processor_table_resolved_tsのメトリックが正しく更新されない問題を修正します#1351
      • テーブルを追加するときにプロセッサがクラッシュした場合にデータが失われる可能性がある問題を修正します#1363
      • テーブルの移行中に、所有者が TiCDCサーバーの異常終了につながる可能性があるバグを修正します#1352
      • サービス GC セーフポイントが失われた後、TiCDC が時間内に終了しないというバグを修正します#1367
      • KV クライアントがイベント フィードの作成をスキップする可能性があるバグを修正します#1336
      • トランザクションがダウンストリームにレプリケートされると、トランザクションのアトミック性が壊れるバグを修正#1375
    • バックアップと復元 (BR)

      • BR がバックアップを復元した後、TiKV が大きなリージョンを生成する可能性がある問題を修正します#702
      • テーブルに Auto ID がない場合でも BR がテーブルの Auto ID を復元する問題を修正します#720
    • TiDB Lightning

      • TiDB-backend の使用時にcolumn count mismatchがトリガーされる可能性があるバグを修正#535
      • ソースファイルの列数とターゲットテーブルの列数が一致しない場合、TiDB バックエンドがパニックするバグを修正#528
      • TiDB Lightning のデータインポート中に TiKV が予期せずpanicになることがあるバグを修正#554
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.