TiDB 4.0.0 Beta.1 リリースノート

発売日:2020年2月28日

TiDB バージョン: 4.0.0-beta.1

TiDB アンシブル バージョン: 4.0.0-beta.1

互換性の変更

  • TiDB

    • log.enable-slow-log構成アイテムのタイプを整数からブール値#14864に変更します
    • mysql.userシステム テーブルのpasswordフィールド名をauthentication_stringに変更して、 MySQL 5.7と一貫性を持たせます (この互換性の変更は、以前のバージョンにロールバックできないことを意味します。 ) #14598
    • txn-total-size-limit構成項目のデフォルト値を1GBから100MBに調整します#14522
    • PD #14750 #14303 #14830から読み取った構成アイテムの動的な変更または更新をサポート
  • TiKV

    • readpool.unify-read-poolの構成項目 (デフォルトではTrue ) を追加して、ポイント クエリがコプロセッサと同じスレッドを使用するかどうかを制御します#6375 #6401 #6534 #6582 #6585 #6593 #6597 #6677
  • PD

    • HTTP API を最適化して構成マネージャーと互換性を持たせる#2080
  • TiDB Lightning

    • 構成ファイルで構成されていない特定の項目については、ドキュメントで指定されている既定の構成を使用し#255
  • TiDB アンシブル

    • 名前をtheflashからtiflash #1130に変更
    • TiFlash の構成ファイル#1138のデフォルト値と関連構成を最適化する

新機能

  • TiDB

    • SLOW_QUERY / CLUSTER_SLOW_QUERYシステム テーブル内の任意の時点のスロー ログのクエリをサポート#14840 #14878
    • SQLパフォーマンス診断をサポート
    • Sequence機能をサポート#14731 #14589 #14674 #14442 #14303 #14830
    • PD #14750 #14303 #14830から読み取った構成アイテムの動的な変更または更新をサポート
    • 負荷分散ポリシーに従って異なるロールからデータを自動的に読み取る機能を追加し、この機能を有効にするleader-and-followerシステム変数を追加します#14761
    • Coercibility機能追加#14739
    • 分割テーブルでの TiFlash レプリカの設定をサポート#14735 #14713 #14644
    • SLOW_QUERYテーブル#14451の権限チェックを改善する
    • SQL 結合の使用時にメモリが不足している場合、中間結果をディスク ファイルに自動的に書き込むサポート#14708 #14279
    • information_schema.PARTITIONSシステム テーブルのクエリによるテーブル パーティションのチェックをサポート#14347
    • json_objectagg集計関数#11154を追加します。
    • 拒否された接続試行を監査ログに記録するサポート#14594
    • max-server-connectionsの構成項目 (デフォルトでは4096 ) を追加して、単一サーバーへの接続数を制御します#14409
    • サーバーレベル#14440で複数のストレージ エンジンを指定する分離読み取りをサポートします。
    • ApplyオペレーターとSortオペレーターのコスト モデルを最適化して安定性を向上させる#13550 #14708
  • TiKV

    • HTTP API #6480を介したステータス ポートからの構成アイテムの取得をサポート
    • コプロセッサー#6341Chunk Encoderのパフォーマンスを最適化する
  • PD

    • ダッシュボード UI #2086を介したクラスター内のホットスポットの分布へのアクセスのサポート
    • クラスタ コンポーネントのSTART_TIMEUPTIMEのキャプチャと表示をサポート#2116
    • member API の返されるメッセージにデプロイ パスとコンポーネント バージョンの情報を追加します#2130
    • pd-ctl にcomponentサブコマンドを追加して、他のコンポーネントの構成を変更および確認します (実験的) #2092
  • Binlog

    • コンポーネント間の TLS のサポート#904 #894
    • Drainerにkafka-client-idの構成項目を追加して、Kafka のクライアント ID #902を構成します。
    • Drainer #885での増分バックアップ データのパージのサポート
  • TiDB アンシブル

    • 1 つのクラスターに複数の Grafana/Prometheus/Alertmanager をデプロイするサポート#1142
    • TiFlash の構成ファイル#1145metric_portの構成項目 (デフォルトでは8234 ) を追加します。
    • TiFlash の構成ファイル#1141flash_proxy_status_portの構成項目 (デフォルトでは20292 ) を追加します。
    • TiFlash 監視ダッシュボードを追加する#1147 #1151

バグの修正

  • TiDB

    • 64文字を超える列名で作成するとエラーになる問題を修正view #14850
    • create or replace viewステートメントが正しく処理されないため、 information_schema.viewsに重複データが存在する問題を修正します#14832
    • plan cacheが有効な場合のBatchPointGetの誤った結果を修正します#14855
    • タイムゾーンが変更された後、データが間違った分割テーブルに挿入される問題を修正します#14370
    • 外部結合簡略化時にIsTrue関数の無効な名前を使用して式を再構築するとpanicが発生する問題を修正#14515
    • show bindingステートメント#14443の誤った特権チェックを修正します。
  • TiKV

  • TiDB Lightning

    • サーバーモード#259以外でWebインターフェースが動かない不具合を修正
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.